2018年01月16日(Tue)

エルゴメーターにおけるワット数表示について

カヤックエルゴでの負荷表示をワット数で表示することは適当か?
という命題についての検討です。

2号機はエンジンの負荷を電力に変換することができます。
僕が漕いだ場合の電力計測値は、中負荷で40W、最大負荷で60W程度になります。

エンジンの効率(力の仕事率から電力へ変換される際のロスを考慮した効率)を70%として計算すると、
中負荷では 40 ÷ 0.7 = 57(W) になります。
アスリートなら100ワットくらいになりそうです。

では、いったい人間の能力は何ワットくらいが適当なの?
を調べてみましょう。
車のエンジン出力は何馬力という表現をします。
人が継続的に発揮できる仕事率は0.1 - 0.2馬力程度とされています。

馬力という表現は、蒸気機関の開発で有名なジェームズ・ワットが蒸気機関の能力を示すのに、標準的な荷役馬1頭のする仕事を基準としたことに始まるそうです。
ややこしいのが、車の出力を ps で表す馬力は、なぜかワットの考案した英馬力ではなく仏馬力で表示するようになりました。
1 仏馬力 (PS) = 約 0.986 英馬力 (HP)

これは、車のエンジンの仕様表です。

shuyoushogen-thumbnail2.JPG

エンジンパワーは何馬力と言った方がピンとくるのですが、正式にはKWで表すことになっています。
このように馬力とワット表示を併記してややこしいですが、
1PS(仏馬力)=0.7355kwの関係です。
そのうちPS表示は無くなるのでしょうね。
人の能力は0.1 - 0.2馬力程度ですが、自転車は脚力を使えるので0.2馬力として、カヤックは主に上半身の力なので0.1馬力としましょう。
1仏馬力 =735ワットですから、カヤックでは 70ワット程度が継続できるワット数としましょう。

2号機のエンジンで僕が継続的に運動する場合のワット数は、57Wでした。
推定される人の仕事率(70W)に近い結果が得られています。
計算と実験の比較は、仕事の間違いを見つけるうえで大事なことで、整合性がないと困ります。

以上で2号機の負荷をワット数で表示することは可能、という結論になりました。
これはエルゴメーターとして重要なポイントです。
運動量を数値化できると次のようなことが可能になります。
・どれだけ運動したかを統計的に見ることが可能
・パフォーマンス(運動能力)の推移が分かる
・エルゴを漕ぐ仲間との比較が可能になる

以上は、力学的な仕事率で表示することに焦点を置きました。
次に人体としての運動量について考えてみます。
さらに人体のエネルギー量に変換して表示する方法があるようです。
その場合は、生体の効率を考慮します。
人体は力学的な仕事率に対する効率が20~25%と低いそうです。
従って、人体の運動量で表示する場合は4倍するのが通例になっているようです。

市販のエルゴメーターを調べてみると、KayakProのSpeedstroke Gym Ergometerは力学的な仕事率で表示するようです。
speedstroke-grm-ergometer.png
※豆知識:仕事率の単位[ワット]は、仕事率を馬の能力を基準として表すことを考案したジェームズ・ワットにちなんで名づけられた。
posted by エイ at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2018年01月13日(Sat)

大雪で町はアトラクション会場

大雪で、いつものお買い物がちょっとした冒険となりました。

人は車道を歩いているし
IMG_20180113_164735.jpg

農道に入ると道がどこか分からない
IMG_20180113_164736.jpg

雪が凍って輪達が育ち、マジでカーロデオのアトラクションゲームしている感じです。
下手すると接触事故です。

河北潟は薄い氷の上に雪が積もってこの状態
IMG_20180113_164734.jpg

カヤックはたちまち身動きが取れなくなりますね。
posted by エイ at 21:07 | Comment(3) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2018年01月10日(Wed)

エナジーゼリー

ロングツーリングやシーカヤックマラソンで、エネルギーと水分補給に愛用しているゼリーのパックがあります。

最近はこれを使っています。

IMG_6209.png

近くのスーパーで1パック100円くらいで売られているものです。
1パックでおにぎり1個分のカロリーを摂取できる。

もっと効きそうなのがいろいろ出ていますね。
アミノバイタル、ウイダーイン、リアルゴールド、ザバス何とか
ユンケル? 何とか3000、何とか5000?
値段が高いものは効き方が早かったりするのかもしれません。
レースのスタート前に「ドーピングしておくか、ワハハ」などと言いながら飲んでいる人たちもいます。
僕も種類を変えてみたりしたけど、「効果が分からない」が正直な感想です。

レースの場合は時間が短いので水で充分だと思うけど、ゼリーに飲み口がついているので便利です。
レースの前に1パック食べて、PFDのポケットに1パック入れて出艇します。
ポケットから飲み口を出して漕ぎながらチュッチュッと吸っています。

以前はペットボトルやホース付きの給水バッグを使っていたけど、
1~2時間のレースでは、水分補給も含めてこれ1パックで足りるようになりました。
レース慣れなのかトレーニングの成果か?
(暑い時期だと別の水分補給も必要ですね)

競技選手とは無縁の、微笑ましいドーピングの話題でした。
続きを読む
posted by エイ at 21:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年01月07日(Sun)

キーレスエントリーの電池交換

車のキーレスエントリーが最近、調子悪くなって、今朝も鍵でドアを開けました。
「開けまして、おめでとうございます。」などとシャレを言っている内はいいのですが、だんだん悪化してきています。

そこで電池を交換することにしました。
ディーラーに連絡するとか、説明書を読んでも良いのだけど、まずケースを開けて見るのが手っ取り早い。

キーを開けてみました。
ケースにマイナスドライバーを差し込む隙間が設けてあるので、ドライバーを差し込んでパカっと開けます。
IMG_20180107_183109.jpg

防水とは知っていたけど、パッキン付きのまじめな防水でした。
さすが!

パッキンに守られていた本体を取り出すと、CR1632という電池が入っていました。
電池を買いに行こう。
IMG_20180107_183153.jpg

近くの店で電池を買います。
あったあった、同じヤツが。
でもちょっと待てよ、電池は自己放電するから古いのを買うと容量が減っていることになる。
以前、買ったばかりの電池がほとんど使えなかった苦い経験もしているので、製造年月を見てみよう。

IMG_20180107_173226.jpg

最初に取った方(最前面に出ていたもの)は使用推奨期間が2022年の9月と書いてある。
その奥にあった方は2022年の11月。
つまり古いほうが手前になっていた。
これは商法として正しい。(古い在庫から先に裁く)

でも、電池は少しでも長持ちしてほしいですよね。
今回は見ちゃったので、新しい方を買わせていただきました。
posted by エイ at 20:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス

2018年01月06日(Sat)

作業テーブル

作業台を作っています。
木工の練習も兼ねて、木組みをしてみました。

20180106-1.JPG

2400 X 1200 という大きな作業台です。
単純な溝掘りではめ合わせする木組みです。

溝彫り用のルーターも買ったのだ、ジャーン!
1343_1_thumb.jpg
マキタや日立の電動工具も検討したが、集塵アダプターが付くものが欲しかったのでリョービ製になりました。
木工をやると木くずがたくさん出るので、集塵機を連結できる工具はありがたいのです。

ちゃんと作れるんだろうな。
はめ合い加工は寸法通りに作って良いのか?
少しきつめに加工して、ハンマーでたたいて入れ、木の収縮性を利用すれば良いのか。
そもそも木工に公差とかの概念があるのだろうか?
勘と経験の世界?
posted by エイ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2018年01月02日(Tue)

初漕ぎの風景

明けましておめでとうございます。

カヌーあいらんどの初漕ぎの風景です。
能登島大橋へ向かっているところ。
IMG_20180102_102252.jpg

寒いけど、漕ぐと温まります。

IMG_20180102_104834.jpg

少し風は出ていたけど、穏やかでした。
今年もよろしくお願いします。
posted by エイ at 15:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年12月30日(Sat)

デジタルメーター

まだ仮ですが負荷を表示するデジタルメーターが付きました。

20171230-1.jpg

フットレストの上に仮止め状態です。
電圧と電流表示で負荷エンジンの仕事率が分かります。
このメーター表示はテスト機だけの物ですが、BASIC機に付けても良いかなと思ったりもしています。
予定通りの負荷がかかっているかどうか、眺めながら漕いでいます。

黄色いリボンは、気にしないでください。
1号機製作時にバレンタインデーに貰ったチョコのリボンを捨てるのがもったいなくて、丁度貼る場所があったから付けただけのことです。
不思議なことに、3年間落ちることなく付いたままになっています。

話を戻して、電圧と電流のかけ算がワット数(=仕事率)です。
それに効率のパーセンテージをかけると、漕ぐパワーの仕事率になります。

posted by エイ at 23:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター