2017年06月01日(Thu)

フットバーの製作

また3Dプリンターで作り始めました。

S18R_foot_stopper.jpg

今度はステラーのフィットネス用のフット追加バー。
シーカヤックのフットのポジションはずっと奥ですが、フィットネスではもっと手前で足を踏ん張るので、
手前にバーを追加するのです。

バーの本体の円柱部分はパドルのシャフトを切ったもの。
あとのパーツはレールに合わせてデザインしました。
メカニカルなパーツで強度がいるので、樹脂を高密度に使って作ります。

posted by エイ at 08:07 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月02日(Fri)

松崎へ

曇り空で、できるかと思っていたらゴロゴロと鳴り始め、その時点で中止決定。
雷雨で早朝シーカヤックが中止になるのは久しぶりのことです。
しばらくして雨も激しく降りだしました。

フットバーのパーツができあがったので、取り付けてみた。

IMGP1306.JPG

ピッタリ取り付いた。
固定もしっかりできる。
しかし重大な問題が....
フィットネスのポジションはできたが、シーカヤックのポジションへと足を奥のフットレストへ移そうとすると、狭い。
バーの下から足をくぐらせて奥に移動する予定だったが、奥のフットレストとの間隔が狭すぎて足を入れるのが苦しい。
計算して作ったつもりが、とんでもない抜け作でした。
フットレストとの隙間を広めにセッティングできるか?

まあ、荒れなければこれでコントロールできるけどね。
次回は、足の隙間を確保できるように作れないかな?いや難しいな。
試運転は明日、伊豆松崎町の海岸でのこころだ〜。

夜中に走って明日の午前中に着いて、午後2時からサーフスキーの試乗会で初体験します。
まあ、サーフスキーは太平洋側の乗り物だと思っているので、乗り換えるつもりは全くないですけどね。
でも面白そう、遊園地でゴーカートに乗るようなワクワク。
posted by エイ at 06:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月03日(Sat)

岩地到着

ほぼ予定撮り、10時過ぎに到着しました。
隣の富山県から41号線を南下して安房トンネル、諏訪から富士山の西側の道路を利用して本栖湖をかすめ、御殿場へ回り込み、伊豆縦断道路で伊豆半島に入る。
高速使わず9.5時間。
8時まで富士エリアを通り抜ければ渋滞に遭わないだろうということで、早めの到着。
今朝は富士山が良く見えました、ラッキー。

浜で一漕ぎしてフットの調整。

IMG_20170603_125836.jpg

今は追加したバーを使わない方が良さそうです。

そのあとサーフスキーの体験会へ。
Neloの520と510を体験できました。

520は軽くて安定がよい。
シーカヤックより乗り込みし易く、めっちゃ楽しい乗り物だ。

510はポリ艇なのでちょっと重く、少し不安定だが、その分傾けると面白い。
サーフスキーの練習艇にピッタリかなと思いました。

普段乗っているシーカヤックの安定が良くないので、520,510はなんなく乗ることができました。
これは波乗りが楽しい、まさに太平洋のうねりとマッチする乗り物。
パドリングもし易くて、乗りやすくて楽しいね、いいなあサーフスキー。

北陸ではほとんど風波で、うねりに合うことは少ない。
やはり太平洋側の乗り物だ、と、買わない理由を自分に言い聞かすオレでした。

前夜祭も初参加。
地元の子らのダンス、カヤッカーの清水さんの演奏、ワハハ本舗のチェリー吉武の奇芸、スズキーノの軽快な踊りで楽しませてくれました。

IMG_20170603_195900.jpg

IMG_20170603_204233.jpg
posted by エイ at 13:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年06月05日(Mon)

カルガモの出没に注意!(西伊豆・松崎町)

西伊豆にもカルガモが出没!

最近、シーカヤックのレースにカルガモが出没する事件が相次いでいる。
ここ2,3年は主に関西、近畿地方を中心に出没していたが、昨年は奄美大島でも出没が確認されている。
今回は、西伊豆の松崎町シーカヤックマラソン大会に出没し、テリトリーの拡大が観察された。
自称カルガモハンターの私・エイは、何の縁だろうか?よくでっくわすんですわ。

西伊豆・松崎町シーカヤックマラソン大会 19回大会2017年6月−岩地温泉にてカルガモ隊発見の巻き
カルガモハンターのカメラはシーカヤックに紛れてレースを行っているカルガモの観察に成功!
動画はこちら。

岩地温泉の海水浴場にてカルガモ隊を発見した。
旗を掲げ、テントを設営するなど、営巣行為も確認。

2017年6月4日 伊豆・松崎町シーカヤックマラソンのカルガモ隊(1/3)

2017年6月4日 伊豆・松崎町シーカヤックマラソンのカルガモ隊(2/3)
スタート4分前とスタート直後の様子。
200艇近くのカヤックが一斉にスタートする大混乱の中で、整然とカルガモ漕法で進む姿をカメラに収めることに成功しました。

2017年6月4日 伊豆・松崎町シーカヤックマラソンのカルガモ隊(3/3)

カルガモたちのゴールは、シーカヤックが周りを護衛するように囲まれてのゴールでした。
さて、今度はどこで会うのやら。

posted by エイ at 20:55 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年06月06日(Tue)

西伊豆・松崎町シーカヤックマラソン大会 19回大会2017年6月−岩地温泉にて

第19回 西伊豆・松崎町シーカヤックマラソンの動画です。
ヘルメットカメラで、人力の首振りによる広角撮影。
序盤は最後尾から、なるべく周囲も撮ったつもりですが、レース中盤以降はレースモードに切りかえて漕いでいるのでカメラは気にしていません。

カメラはこれ。
IMGP1302.JPG

前日の海の荒れが収まらず、短縮コースになりました。
ロングコースは僕のGPSで7.1kmほどの距離でした。

ほぼ最後尾からスタートしたので、200艇近くのカヤックが一斉スタートで湾の出口に向かう混乱に次ぐ混乱のパドル競り合い?
私は譲り合いの精神?

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(1/6)  スタート5分前〜

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(2/6) スタート5分後〜15分

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(3/6) スタート15分後〜25分

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(4/6) スタート25分後〜35分

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(5/6) スタート35分後〜45分

2017年6月4日 第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(6/6) スタート45分後〜50分

結果は予想していた位置より少し上の順位だった。
自分より上はレース艇ばかり。
波が残っていたので、実力を発揮できない人も多かったのか?

短縮されてのは残念ですが、安全にレースすることが優先ですから、こういうときもあるよね。
また来年もチャレンジして、今度はフルコース漕ぎたいです。

大会結果が発表されました ⇒ 長距離部門短距離部門
posted by エイ at 06:53 | Comment(3) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年06月08日(Thu)

2017−4/5月のスタンプシート

朝のラジオ体操と同じ、今年序盤の出席回数をチェックします。
まあまあ順調に朝の運動ができているように思います。

4,5月のスタンプシート。
4月は18回、5月は21回。
2017-4-wkout.JPG

2017-5-wkout.JPG

月の漕行距離の推移は、4,5月ともに150kmあるのでまあまあ順調です。
年間1200kmペースです。
2017-4_5-wkout.JPG

始めたころは、ある程度の運動量(有酸素運動30分が目安)だけを求めていた。
それで良かったのですが、しだいに同じパターンの繰り返しでは運動効果が薄れるらしいことが分かってきた。
体が慣れてくると、1日に必要な運動量をこなせなくなってくる。
心拍数を目安にして運動量を決めたり(最近は心拍数をちら見しながら漕いでいるけど)。
要は自分にあった内容に工夫することと、最近はパターンの変化って大事かもしれないと思い始めました。

もう一つ、endomondoにはトレーニングプランを作成する機能があって、せっかくなので使っています。
ランニング用のトレーニングプランしかないけど、そのまま流用しています。
インターバルトレーニングのメニューを自動的に作ってくれる。

6月は伊豆のシーカヤックマラソンの後、朝の時間が無くて4日も休んでしまった。(´。`)
明日から再開です。
posted by エイ at 08:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月09日(Fri)

レース後の復帰

マラソンレースの参加は、大きなトピックスなのでなかなか余韻がおさまらず。
レースの動画鑑賞に時間を費やしていましたが、そろそろ普通に戻ります。
ようやく、いつもの早朝シーカヤックから一日のシーケンスが始まる。

早朝、ここ石川県漕艇場から出るボートは金大医学部の同好会です。
彼らとは別に金大のボート部は、この先に自前の艇庫と桟橋を持っています。
いつも早朝は彼らと一緒、カヤックは僕だけ。
ボートコースを出て本湖まで行くと、一人独占状態になります。
IMGP1315.JPG

白山が良く見えます。
雪の形の変化も、面白いです。
IMGP1316.JPG

posted by エイ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月10日(Sat)

店長が

「旅サラダ」で、カヌーあいらんどの店長が神田うのとツーショットで無人島ツーリングしていた。

19030254_1461283353935411_4738928855453689477_n.jpg

商売替えしてインストラクターになろうかな。
というのは冗談ですからね。

先週のシーカヤックマラソンは14.4km漕ぐはずだったけどコース短縮で半分の7.1kmだったので、今朝その分漕いできました。
20170610-1.JPG



posted by エイ at 09:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月11日(Sun)

YouTubeのBGM追加機能を使ってみる

マラソンレースの動画はほとんど音が入っていなかったので、音楽を追加することにしました。
YouTubeに公開する場合は、著作権の問題が生じないようにしないとダメのようです。
うむむ、ちょっと難しそうだ。
「使用フリーの音楽です」として売っているCDも、よく見ると注意書きにYoutubeなどへの公開は禁止になっている。

YouTubeの動画管理画面から編集機能を使ってBGMを追加できることが分かったので、使ってみました。
つまりYouTube公認のBGMですね。

20170611-1.png

なるほど、自由に使える音楽がたくさん選べるようになっている。
しかし、ほとんど2,3分程度の曲で、10分の動画に使用できる音楽は限られている。
しかも一つの動画に追加できるBGMは1曲だけ。

曲探しにたくさんの音楽を聴く羽目になったが、そこそこいい作品ができました。
これなんか、たくさんのシーカヤックが集まった華やかスタートシーンに向いていると思って、敢えてクラッシックで。

第19回 伊豆・松崎町シーカヤックマラソン(1/6)  スタート5分前〜

まあ人の好みもあるから、万人が満足できるようにはならないけど。
音楽はいい物だ、と再認識しました。

posted by エイ at 05:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年06月13日(Tue)

筋肉痛

今朝はちょっと寒いです。
終わったら体が冷えてきて、終了後のストレッチも早々に引き上げ。
IMG_20170613_053628.jpg


筋肉痛という物は、ほぼ毎日漕いでいるのであまりなかったけど、
最近、筋肉痛が出てきた。

松崎町シーカヤックマラソンの少し前から漕ぎ方を少し変えたせいで、使っていなかった筋肉を使い始めたからでしょう。
今年は漕ぎのフォームの基本を再学習する年になりそうです。
ますます深くて、面白くなってきた。
スマホに夢中になっている若者より始末に悪いね。
posted by エイ at 08:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月14日(Wed)

うちのカヤック達(改訂)

持ち船が6艇になった。
なんでこんなにあるの?
これは絶対に言い訳を用意しておくことが必要です。

まず最初に、自分の使うのが4艇ですからね、後の2艇はボランティア活動で使う体験用カヤックです。
それぞれ用途があって必要です。(ここ大事ですね)

ずっとメインに使用していた"スティングレー"はお嫁に行き、代わりにステラーS18Rが入りました。
スティングレーについては思い出も多く、スピードに乗りやすく形が美しいお気に入りでしたが、持ち運びの軽さを求めてステラーに乗り換えた次第です。
ドイツのノイマン社製造、長距離遠征用の大型カヤック(全長570cm)、巡航速度が優れる好きな船でしたが、次の持ち主にかわいがってもらえばと思います。

一番目の紹介はステラーS18R、艇速重視のツーリング用シーカヤック。
今年から早朝シーカヤッキングとレースの中心的なカヤックとして使い始めました。
先日(2017年6月4日)、松崎町シーカヤックマラソンに参加し、この船では初の海レースでしたが、小波の中でのコントロールは問題なく、良い感触を得ました。
ハルの形状はサーフスキーに似ています。
スモールサイズのラダーですが、海での旋回性能は優れています。

サイズは全長540cm, 幅53.5cm , 重さ16Kg

IMG_20170615_064537.jpg

最初の印象では初期安定が悪いけど、二次安定が早めに効く感じ。
これが乗り慣れてくると全然問題ないってことが判ります。

シートは取っ払って、レース用シートに換えました。
バックレストも邪魔なので取っ払いました。
これで何時間漕ぎ続けても尻が痛くなったりしません。(尻は鍛えましたから)
IMG_20170429_063107.jpg

マラソンレースとツーリングでは、シートとフットのポジションを変えます。
マラソンレースでは、足のキックを使える位置に調節します。
シートを後ろへ下げ膝はコーミングに出る状態で、艇のホールドはフットだけで押さえる程度になります。
このポジションで転んだ場合はロールは難しいので、脱艇して再乗艇になります。

ツーリングで使うときは艇のホールド重視のポジションで、シートを前へ移動して膝で艇をホールドできる状態に。
当然フットの位置も奥です。
転んだらロールで上がります。
ただ、仲間とのツーリングでは次のヒラマサ号を使います。


もう1艇のシーカヤックが、ウッド艇の"ヒラマサ号"
141024-6.jpg141024-7.jpg

カヤックの師匠であるカヌーあいらんど渡邊さんの手により、能登島のカヌー工房で製作された。
全長5m、オールラウンドでコントロール性に優れたカヤックだと思います。
コックピットに座ると、バウのカーブが生き物のように有機的なカーブになっていて気に入っている。
スケグを装備しているが、よほどの荒れでない限り必要ない。
ツーリングでは一番頼りになる艇です。

次はトレーニング専用に購入したスイフト。
持ち運びがすこぶる楽な教師カヤック的な位置づけ。
小さな軸ブレにも反応するので、フォームの修正にいい船だと思います。
IMGP1005.JPG
スイフトはバウを絞ってあるのでパドリングしやすいし、センターのブレも分かりやすい。
トレーニングに適していますね。

4艇目はダウンリバーのレース艇"Sharp6"、ニュージーランドからやってきた。
隔壁を追加してシーカヤック仕様にしてある。
シートもバケットシートからレース用に交換済み。
141008-1.jpg

これは前の持ち主が撮った写真(ニュージーランドにいたころ)
s-1406228-2.jpg

ニュージーランドでは、マルチスポーツと呼ばれているこの種類のカヤックがたくさんいる。
それはCtoC (Coast to Coast) という、山岳のRUNと川下りレースを組み合わせたレース(トライアスロンみたいなもの)が盛んで、川下りに適したレース艇として使われているから。
141024-8.jpg

Sharp6は中級者以上向けのマルチスポーツで、港内や沿岸の海のレースでも良い成績を上げている。
全長595cmで幅が43cm、とても軽いです13〜14kgらしい。
これを個人輸入までして欲しかったのは、いくつか理由がある。
1.早朝カヌーの漕艇場では、速いシングルスカルにオカマ掘られそうで速い船が欲しかった。
2.マラソンレースで上位を占めるサーフスキーと互角に走ってみたい。
3.マルチスポーツという日本にないタイプの船で、とてもミステリアスだった。
スモールサイズのコーミングなので再乗艇は難しく、ロールできなければ沈脱してレスキューされる運命にある。
この船でのエスキモーロールが問題なくできれば、ダウンリバーでも海レースでも速い船と対等にレースできます。
サイブレース等のロール補助パーツを強化する予定。

ここからはボランティア活動用で、カヌー体験で乗ってもらう淡水(川・湖)用のカヤック
まず、フジタカヌーの"A-1"
141024-2.JPG

スラローム練習艇です。
重量が14kgくらいで持ち運びが楽!
141024-1.JPG
写真を見るとスケグが付いているのが分かります。
着脱可能なスケグで、これを着けると初心者でもぐるぐる回らず、楽にコントロールできます。
頑張ればスピードも出るし、スケグを外すとスラ艇のように良く回る。
親子カヌー体験で使ってます。
このカヤックは素直な良い子で、子どもを沈させたことは一度もありません。
(ちょっといい気になって遊んだ大人(男)は、2人ほど犠牲になっていますが...)

最後は2人艇のキーウィ3
141024-3.JPG

家族用に買ったが、うちの家族はアウトドアが好きじゃないので利用が少ない。
親子カヌー体験では、カヤックが無理なお子さんでも、親子で乗艇可能。
安定性が良く、初めての親子でも安心して乗ってもらえます。

カヤックは、納屋の横の狭いスペースにパイプでラックを組んで収納しています。
ラックには最大7艇まで収納可能だけど、これ以上は家人の許しが出ない。
リミット状態です。
posted by エイ at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月17日(Sat)

早朝ナビ漕行

GPSで漕行ログを採っているスマホの endomondo というアプリで、ナビ機能を試してみました。
以前漕いだコースをマップとして登録しておき、それをトレースするように漕いでみようというもの。

endomondo の設定から MyRoot を選び、コースを選択します。

Screenshot_2017-06-17-21-33-12.png

"ルートをたどる" をタッチすると、示された予定コースと自艇の位置が表示されます。
カーナビのような感覚でいつものコースをたどることができました。

Screenshot_2017-06-17-21-34-00.png

ただ、日中にスマホの画面を視認することが難しい場合もあるので、シーカヤックマラソン(特に志摩の大会)で使えるかどうかが問題です。
サンシェイドでも作ったら見易くなるだろうか?
ボール紙で試してみようかと思います。
posted by エイ at 21:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月18日(Sun)

風上レグ、風下レグ

少し風が出ていました。

IMGP1317.JPG

東の風4〜8m/s、練習コースは90゚に曲がるドッグレッグなので、最初は真横から、本湖に入って下りレグと上りレグの練習になります。

20170618-1.JPG
Windows10がCreatorsなんちゃらというバージョンアップして、ペイントソフトも3Dバージョンを使ってみました。
(文字と矢印が変わっただけですが)

下りレグではスピードを上げたいところだが、遅い波が邪魔してなかなか上がりません。
(上手な人は上手い方法があるのか?)
上りレグでは風圧によるスピードの低下を最少にしながら、消耗しきらない程度の頑張りができること。
(向かい風は頑張るしかないよね)
取り組んでいる漕ぎのフォームを乱さないように、と気にしながらやってるけど、簡単にはいかないものですね。

posted by エイ at 10:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月20日(Tue)

監視カメラの設置

防犯用の監視カメラではありません。

IMG_20170619_054441.jpg

フォームの監視用に吸盤式のGoPro用カメラベースを取り付けました。
カメラはGoProじゃない安物ですけどね。
これからちょくちょく使ってみます。

右の肘が下がっていると薄々気付いていたけど、思ったよりひどく下がっていた。
そのために左のキャッチがきれいに入っていない。
他にも直したいところがいくつか見える。
取りあえず右肘が下がらないように気をつけてみようということになりました。

昨日の右肘
20170619-1.JPG

今日の右肘
少し良くなったが、まだ下がり気味
20170620-1.JPG

左肘は意識しなくても下がらないんだけど。
20170620-0.JPG

細かいことが気になってきた。
もちろん形よりも、理にかなっていることを常に求めていきたいと思いますが。
一つの理屈が判れば、悪いところがボロボロ見えてくる、一つ一つ直していきたいです。
posted by エイ at 08:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月21日(Wed)

早朝サバイバル漕ぎ

今日の上りレグはサバイバルに近い向かい風で、内臓脂肪の消化に役立ちました。

カッパ着てーの帽子も飛ばされ−の激漕中
20170621-1.JPG

出る前に雨雲レーダーをチェック、厚い雲の接近はなかったが、風は最初から出ていました。
コンスタントな風で突風がなかったので、危げなく帰ることができました。

これで来月の健康診断、中性脂肪の低下に王手じゃ。
これだけやって結果が出なければ...どうしようか...その時はまた考えよう。
posted by エイ at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月22日(Thu)

サバイバル激漕の成果

おべんちゃらのタニタ体組成計に乗ったら、体脂肪が15.1%まで下がっていた。
内臓脂肪レベルは9.5、まずまずのところまできました。
昨日のサバイバル激漕が効いたか?

肘は意識すれば良くなるけど、疲れると下がってくる。
身につけるのは結構大変なことです。

20170622-1.JPG

posted by エイ at 08:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月24日(Sat)

Anders Gustafssonの近況

Anders Gustafsson 、2010年の世界チャンピオンです。(オリンピックでは勝っていませんでした)
現役のころのビデオは最高にかっこいいです。


オリンピック選手の中ではスリムな方で、きれいなフォームだなと思います。黒ハート

今は何をしているかというと、ヨットのアメリカズカップのスウェーデン艇のクルーになっているようです。
グラインダーという、腕力勝負の持ち場ですね(^_^)
今年はチャレンジャーシリーズで、チームジャパン艇(Softbank)と戦い、勝ちました。
チャレンジャーシリーズ決勝でニュージーランド艇に敗れています。
20170620-3.JPG

そして、
14976385_1293589140662234_593709629934229946_o.jpg

アメリカズカップの前にサーフスキーで体の準備をしているそうです。
Nelo 520ですね(タムテツさんの指摘で560でした)、この人も買ったのか。(^_^)

横道にそれるけど、
20170620-4.JPG
アメリカズカップの出場艇は、ワンデザインで統一されています。
ホーネットスキーRXR のドレッドノート型のバウに似ていますね。
海面にバウが突っ込んでも、水を切ってすぐ上がってきます。
posted by エイ at 08:38 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年06月26日(Mon)

今年も志摩里海、開催決定

今日は早朝シーカヤックの休養日で朝寝ができる。

Moon_12.jpg

ところで、今年も志摩里海マリンフェスタの案内が出ました。

申し込みの締め切りが9月5日なので、ぜんぜん急ぐ必要ないですが、
今年はクラブ員も2名ほど徒党を組んで参加しそうな感じなので、前日どこかの浜の民宿に泊まって海から会場入りしてもいいなと思っている。
マラソンの朝に8km漕いだら、アップがアップアップになって終戦状態になっちゃうかな?
海の幸がいっぱい出てくるところなので、前日食べ過ぎないように気をつけないと、いろいろ誘惑の多い海域だ。

posted by エイ at 08:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年06月28日(Wed)

Many small goals adds up to big results.

2010年のK-1 500m 世界チャンピオン Anders Gustafsson 、
今でも体調を整えるためにサーフスキーを漕いでます。

"Many small goals adds up to big results."
Moon_love.png
年間1000kmの早朝シーカヤックで健康作りを目指すのと目標こそ違うけど、思いは一緒。
もうステキすぎて、壁紙にしました。

Anders Gustafsson_ManySmallGoals.jpg

でも毎日見ていると疲れるから、期間限定にしましょ。

で、Anders Gustafsson に写真のお礼をしたら、
「安心してください、はいてますから」と言ってました。
posted by エイ at 07:48 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー