2018年09月02日(Sun)

秋雨前線の後

水が引いた後はゴミが大量に残っていました。
プラ系、空き缶等だけ回収。
自然ゴミはそのままにしました。
IMGP1537.JPG

台風21号で、もう一度荒れるかな?
水路に生えていた水草のヒシが流されて、河北潟の中央に浮いています。
所々で浮島のようになっています。

実が着いていない。
20180802_1.JPG

20180802_2.JPG

posted by エイ at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月03日(Mon)

秋のレースとスイーツ

台風21号接近中、今回は風の被害を予想しています。

秋のシーカヤックマラソンのシーズンに入りました。
しかし日頃の行いが悪いためいろいろ片付かず、9月のレースはパスすることになりました。
「志摩里海マリンフェスタ」今年は見送ります。

10月はカヌーマラソンレースの遠征に出る予定です。
カヌーに興味のない家族が快く送り出してくれるには、強力なお土産が必要だ。
留守家族にも特典がないと家庭は険悪に...
うちはそういう家族です。

仕事で北海道出張に行ったお土産が生チョコでしたが、これがなかなかの評判でした。
DSC_00261.jpg

三陸ならなんと言っても海の幸ですが、女子にはスイーツの方が効果有り。
東北のキレッキレのスイーツを探してみます。
ここを間違うと棘の道が待っているのだ。

ずんだ餅もいいが、今時の女子がトローンとするような切れ味が欲しい。

蜜りんごのアップルパイ(青森・弘前)

 宮古から弘前までは、ちょっと距離が
item_1000780_1.JPG
ロシア料理「トロイカ」
オリジナルベークド・チーズケーキ

予約を入れて購入した方が良いようです
11:00〜20:00(水曜日が定休日)
北上市町分18−120−1 TEL:0197−64−4263
IMG_20180903_1.jpg
小岩井農場
 ベイクドチーズケーキ

item_3236_1.jpg
小岩井農場
 レアチーズケーキ
 アイスなど乳製品いろいろ
52304.jpg

スイーツ、あるある。
小岩井農場が品揃え豊富。
通信販売もしているけど、農場でしか売っていない物も多い。
北上のケーキもいいですね。

クーラーバッグ用意して買い出しか?


紀伊方面は?
「赤福」もいいが、我がふるさとにも「あんころ餅」があり、あんこ系は女子の心を掴めないだろう。
熊野のおばちゃんの「かき氷」は持って帰れない。
どこでもあるような物じゃ意味がない。
あとは菓子職人が頼りです、お店を探してみよう。

三重県朝日町白梅の丘西にある洋菓子店「パティスリー シェ ニノ」の「クレームキャラメル」
TEL:059-377-2220

プリンのような?
形がおもしろい

83257172.jpg
三重郡菰野町の洋菓子店
「コンフィチュール アッシュ」
TEL:059-394-7727
89216684.jpg
桑名市多度町の『多度グリーンファーム』
くだものスイーツなど

桑名だから行き帰りの休憩地点にもなります
TEL:0594-48-7447

150x150_square_30925680.jpg
桑名市
フランス焼菓子の「フェーヴドカカオ」
「ケーク ショコラ オランジェ」、「タルトタタン」というのが美味しいらしい。
TEL:0594-73-0886
150x150_square_65232987.jpg

作戦を練って行かないと棘の道が待っている...(T-T)
続きを読む
posted by エイ at 08:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月05日(Wed)

台風21号の後

各地で強風をもたらした台風21号、カヌーを飛ばされた情報も入っています。
最初に上陸した四国はもとより、大阪・滋賀あたりが被害を受けたようです。
県境の山越えで弱くなるのか、石川の付近では勢力が弱まることが多いです。
年寄りは、あの白山が守ってくれていると言いますね。
自宅付近は恐怖を感じるほど風は強くなりませんでした。

雨も強かったこともあり、漕艇場はまた水浸しになりました。
IMGP1542.JPG

IMGP1543.JPG

芝生の上から出艇です。
20180805_1.JPG

この後、天気は回復して好天が続きそうです。
posted by エイ at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月08日(Sat)

10月のマラソンレース申し込み

早朝カヌーは雨で中止。
伊勢志摩では明日マラソンレースがありますね、天気が良いことを祈っております。

10月に開催される2つのカヌーマラソンレースは、特に出たいと思ってるレースです。
「三陸シーカヤックマラソンレースin宮古」、17Kmのレースは平水面あり、荒場あり、自分の漕力を測る目安であるけど、なによりその水面の変化が楽しいのです。
すでに募集案内が郵送されていますが、こちらのイベント情報から申込用紙をダウンロードすることが可能です。
ぐずぐずしていたら9月15日締め切りが近づいてきたので出しました。

もう一つ毎年チャレンジしているのが「熊野シーカヤックマラソン」、9月中旬頃から募集を開始するようです。
その日の天候次第ですが、外海のウネリと返し波の中を長い距離漕ぐ確率が高いのが魅力。
上級者コースは波風がある状況で、スピードを保ち且つ安全に移動することが求められる。
(過去にリタイヤ、レスキューを味わった参加者あり)
サポートを受けつつ荒場を漕げるチャンスは、普通のシーカヤックツーリングでは滅多にないことです。
あまりに荒れるとコース変更や中止もあるようですが、今年はどうなるでしょうか。

それとレース後の、このお店の「かき氷」も楽しみの一つです。
151018-5.JPG

「熊野シーカヤックマラソン」と同じ10月最終日曜日に徳島でもシーカヤックマラソンを開催しています。
日が重なってしまいましたが、「とくしま宍喰シーカヤックマラソン2018(第二回)
こちらは海の美しさが魅力ですね、15kmのロングコースも新設されて、機会があれば参加してみたいです。
案内はここに出ています。 http://www.challenge-kaiyo.com/
posted by エイ at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月13日(Thu)

ボラの研究

河北潟で漕いでいると、ボラのジャンプがよく見られます。
ジャンプしてカヤックにアタックしてくることもあり、今年は5回ほどボラとの接触がありました。
秋になると30〜40cmはある大きなボラも見かけます。
しかし小さなボラもジャンプしているので、河北潟に住んでいるボラは年齢がすべて同じではないことが分かります。
少なくとも1年以上住んでいることになる。

アタックしてくる相手のことを知るため、ボラについて調べてみました。
ボラは成魚になると外海に出て大きく回遊するため、あまり生態が分かっていない魚らしいです。

産卵は冬の時期に海で行われるが、海のどの辺かもよく分かっていません。
幼魚は河川で過ごし、大きくなったら外海に出て産卵し戻ってこない。
ぼらの寿命は5年ほどらしい。

おそらく河北潟に住んでいるボラは、今年生まれた0歳と1歳ではないでしょうか。
2歳も居るかもしれませんが、大人になると川を下って海に出ます。
河北潟は金沢港につながっているので、金沢港から外海へ出ます。
外海に出て大きくなると80cmもの大鯔になるそうです。
だから河北潟に居るボラは大きいのもみな幼魚なんですね。

ボラの様々なジャンプ ー 総集編 ー

鯔の3段飛び

高飛び

空中でも泳いでいるロングジャンプ

飛び上がったらパドルにゴンしちゃった!

ボラのほおずり

ほっぺに口づけ


ボラが当たってきても恐怖はないけど、ビックリしますよね!
近くから、しかも視野外からジャンプしてくるので避けようにも反応できません。

そこで、ボラがジャンプする理由について調べました。
ボラのジャンプの理由は諸説あって、つまりよく分かっていない。
ボラは水底の藻などを食べているので、少なくとも空中の虫を狙ったり噛みついたりするためではない。

確かなのは、カヤックが接近することで動きが活発になり、カヤックの近くでジャンプすることがよくあるってこと。
好奇心で水上を見たいのか、敵への威嚇か?
結局よく分かりませんが、魚から見れば怪物のように大きなカヤックが近づくと、深みへ逃げるよりもジャンプしたり当たってくる方を選択するのは不思議です。
僕の感じとしては、好奇心、冒険心というものが魚にもあるように思えてきます。

posted by エイ at 08:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2018年09月22日(Sat)

サイブレースの製作

この間手に入れたツーリングシーカヤックのBZ510は、いいカヤックですがオーナーがサイブレースを削り取っていました。
乗り降りの邪魔になるサイブレースが無くなって有りがたい、でも艇のコントロールが難しくなって涙チョチョ切れます。

そこでサイブレースを取り付けることにしました。
と言ってもそんなパーツが手に入るわけでもありません。
作ることにしました。
またつまらぬ物を作ってしまうか?瀬戸際の仕事ですね。
Thay.JPG
コーミングの立ち上がりにボルト3本で固定する考えでデザインしました。
角度の違いで2種類作ってみた。
3Dプリンターで出力したものをグラスファイバーとエポキシで強化します。

でも本当にパーツ売っていないかなと調べたら、Point65°から出ていました。
ポリ製カヤック用のサイブレースキットです。
1.produkt_thing_braces_1.jpg

produkt_thigh_braces_2.jpg

僕の考えと同じだけど、値段が高い。
やっぱりこうするんだなって再確認しました。

BZ510のコーミングは立ち上がりが垂直ではないので、カーブに合わせて作るしかありません。
上手くいけば良いけど、どうなりますか?
つづく。
posted by エイ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年09月26日(Wed)

860EVO

某、サーフスキーメーカーの製品ではありません。(汗)
自宅のメインパソコン(DELLのデスクトップ)は、時々フリーズするようになって久しい。
ただ、1分ほど待てば動き出す。
原因を探りながらも、その調子でずっと使っていたけど、消去法でいけばハードディスク(SSD)じゃないかということになりました。
中古のパソコンをSSDに換装して快適に使っていたけど、安もののSSDだったのが敗因か?
ということで、ユーザレビューの良好なSAMSUNGの860EVOに換装することになりました。
DSC_0043.jpg

パソコンの位置が奥まっていて、引き出してカバー開けるのが面倒です。
あ、もう時間が無いので、つづく

ちなみに、サイブレースの工作は3Dプリンターを分解チェック中で、進んでいません。
こちらもつづく。

実は3Dプリンターの操作パネル(タッチパネル)が不具合で、タッチ操作ができない。
画面の左半分がタッチに反応しなくなりました。
そこでパネルをバラして原因調査をしているところ。
DSC_0041.jpg

DSC_0034.jpg

おっ、タッチパネル裏のフレキシブルケーブル、コネクタのロックが中途半端な位置になっている。
これが原因ならビンゴ賞ですが。
コネクタを入れ直して電源入れるも症状は改善しない。
全部のコネクタを入れ直しても改善しないので、もうタッチパネル自体の故障ですね。
タッチパネルはパーツで入手できるのか?

この3DプリンターはWiFi経由でパソコンから操作もできるので、タッチが効かなくても使用可能なのですが、タッチ操作できた方が使いやすい。
何とか直したいですね。

メーカー(日本代理店)にパネル交換部品を依頼したけど、サポートのQ&Aコーナーでタッチパネル故障の対応があったので見てみました。

なんと!
「有線のマウスを機械のUSBポートに接続し、有線マウスで操作できるかを確認してください。」
マウスが使えるんだってことが、初めて分かりました。
そんなのマニュアルに書いてなかったぞ!
もうマウス操作でいい、タッチ機能は要らない。

posted by エイ at 08:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな工作

2018年09月29日(Sat)

SSD交換終了

台風24号の次のが準備段階です。
宮古SKMに影響しなければよいが...
DSC_0042114.jpg

自宅パソコンのハードディスク(SSD)は、某サーフスキーのような名前の860EVO(240GB)に交換されました。
パソコンの蓋の開け方を忘れていたので「どうやって開けるんだっけ?」から始まる。
C:ドライブのSSDをそのままで、860EVOに別のハードディスク用配線をつなげる(空いていなかったらどれかを外して)

DSC_0044.jpg

データのお引っ越し作業は簡単。
サムソンのサイトからお引越しツール「Data Migration」をダウンロードしてインストール。
ソフトを起動すると最新バージョンへバージョンアップできるようになっている。

ソフトを起動したら「開始」を押すだけでコピーが開始されます。
10分ほどでコピー終了。
DSC_0045.jpg

シャットダウンして古いSSDを外して860EVOに差し替え、ハードディスクの配線を元に戻す。
起動すると、元通り何もなかったかのように動きました。
SSDは小さくて薄いので、両面テープで張り付けて固定しています。

作業は30分ほどで終わりました。

posted by エイ at 07:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 小さな工作