2018年11月03日(Sat)

漕ぎ急ぎすぎだった

2018 三陸シーカヤックマラソンin宮古のレース振り返りです。

カメラはSonyの HDR-AS50R で、2時間の宮古のレースを収録できましたが、レース動画はYoutube等にアップしていません。
この動画は自分だけの楽しみにします。

出艇時に録画を開始すると最後まで収録できない可能性もあるので、海上でスマホからのリモコン操作で録画をスタートします。
スタート後に落ち着いてから、序盤はいい漕ぎをしていたようです。
しかし、まだ自分の漕ぎになっていない。
全体を通して次第に漕ぎが小さくピッチが早くなって、これでよく最後までもったと思います。

今回は、なんと自分がシーカヤッククラスの先頭になったため、先導艇がつきました。
コースは円柱形のターンブイを左に見てターンすることと、三角錐のフロート間をゲートとして抜けることが基本。
ただ、行きも帰りも同じゲートを通過するルールになり、行きだけ通過するとか漕ぎ手が勝手にバリエーションを作ってしまいそうでした。
そのため先導してくれたのはたいへん助けになりました。

もう少し寄ってくれれば引き波に乗れた...それは当然、運営側も考慮済みですよね(´。`)
でも内緒の話、僅かな時間乗れたときもあったのです。
逆に、先導艇のスクリュー渦が余計な負荷になることがあったかもしれない。
どちらにしろ50m以上離れて先導しており、些細なことなので気にしない。


感想
そよ風の穏やかな日で、こんな波のない宮古は初めてでした。
シーカヤック10kmの上位は5分後スタートにも関わらず17kmの上位にまで迫る力があり、この人たちが17kmに出れば面白いレースになったでしょう。
日出島の波ってそんなにきついかな?過大評価していない?
波が大きければ今回のようにコース変更もあるので、17kmのクラスに出ればいいのでは?
来年はどのクラスにエントリーしてくるのか楽しみです。

自分の漕ぎは、恥ずかしいほどせっかちに漕いでいて、もっと大きく体を動かして力強いストロークが続けられるようしたいです。
続きを読む
posted by エイ at 10:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年11月04日(Sun)

ドライブ楽し

車のドライブというのは、どうして心地よいのだろうか。
歩いたり走ったりでは得られない人の能力を超えた体験と、それを操る快感でしょうか?
私は安全運転だというのに。
滅多に走らない新鮮なルートであればなおさらです。
三陸シーカヤックマラソンへのドライブも楽しむことが出来ました。

休憩も短く3,4回で済みました。
長時間のドライブなので、体がこわばらないよう、姿勢に注意しています。
まず、背中が丸くならないように背当てを入れているのと、腹筋を使って腰を立てるようにしています。
力を抜いてリラックスするより少し疲れるけど、腰への負担は軽減できるみたいです。

ルート案内には GoogleのMAPを使います。
MAPをルート案内に使用すると、運転専用の"車"というショートカットがホーム画面に出来ます。
Screenshot_20181104-155636.png

新潟で下道のルートを選択中の写真。
写真の上に写っているスマホのMAP画面では目的地まで7時間7分、
下の方に写っているカーナビ画面は目的地まで12時間37分、違いありすぎ。

IMGP1592.JPG

MAPのルート案内は、車の通行速度を把握するビッグデータを使って最速ルートを見つける。
カーナビの方は、道路の格(国道>県道>市道)を優先するので、早い道ということにはならない。
MAPのルートは、ローカルの人間しか分からないような抜け道も利用するので、とんでもない細い道に入ることもある。
今回もGoogle MAPの案内で、ほぼ予定通り到着できました。

片道800kmなので、給油が必要になります。
価格の安いスタンドで給油することもポイント。
遠野のENEOSのセルフスタンドは安かったが、今回のルートは遠野を経由しません。
今回は盛岡の手前、雫石のJAセルフスタンドが安くて助かった。

さて、レースが終わって帰路につきました。
スイーツを買って帰ると言って出てきたので買って帰らねば、レースでの好成績など家族には無意味。
気に入ったスイーツじゃないと荒れる家庭に、嫁への強迫観念が甦る。

リサーチしておいた北上市にあるロシア料理の店「トロイカ」でケーキを買えました。
これで安心して家に帰れる。
IMGP1594.JPG

レースで疲れているので、夕食はさっぱり系、辛い物系にしたかった。
盛岡レーメンの店が途中にあったけど、すごい待ち時間だったのでラーメン店へ。
DSC_0032.jpg

辛味噌ネギラーメン(大辛、中辛、ほどよい辛さ)で、こんな場合は経験上一番辛くないのを選ぶべき。
結果は正解、レースより汗かいたかも。
DSC_0033.jpg

北上市から日本海側の自動車道へ出るまで、短い自動車専用道を利用しながら快適にドライブしました。
MAPの使い方も、高速道路を使用すると東北自動車道へ導かれるので、時には高速道路不使用で検索したりして高度に使い分けています。
日本海側の日本海東北自動車道に出て南下。
家に着いたのは朝5時でした。
カヌーの道具を片付けしたらレース結果をブログに書いて、出勤の準備です。
今年も、東北遠征の旅が終わりました。
続きを読む
posted by エイ at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月10日(Sat)

環境配慮のウェットスーツ

ウェットスーツを買いました。
冬の海に出ようっていうんじゃなくて、春・秋の寒い日のツーリングや沈するトレーニングに備えてです。

千葉でガイドをされているシックスドーサルスの藤田さんに教えてもらったパタゴニアのウェットスーツです。
藤田さんは海岸の漂着物調査など自然環境への造詣が深く、KAYAK~海を旅する本」に記事を寄せています。
普通はウェットスーツの生地にネオプレンが使用されているが、パタゴニアはユーレックスという天然ラバーの素材を使用し、ネオプレンは使用しない。
ここまでやるかと言うほどの環境配慮と品質を追求する会社は、他に知りません。

DSC_0074.jpg

なるほど、厳しい社内基準というものがあるんですね。
だから信頼され愛される会社であり続ける、見習うところです。
そのかわりちょっと高いけど、買ってみました。(パタゴニアショップまたはAmazonで販売中)
R1という一番薄いタイプで生地3mm厚の春・秋用で、これなら動きやすいと思って選びました。
フロントジッパーでかっこも良いです。
膝の部分はファブリックの生地で補強されています。
88479_BLK.jpg
体に密着するタイプなので、最初は着るのが大変でした。
もう一つ上のサイズだったかな?と思いがら、強引に延ばして着る。
伸縮性が高いのですごいフィット感、窮屈さは余り感じなくて良かった。
サイズは合っていたようでホッとしました。
着ただけで汗が出てくるのですぐ脱いだ。


もう一つの買い物は以前から欲しいと思っていたオーシャンレース用のPFDです。
南アフリカの Mockeというメーカーで "Mocke Racer PFD"という商品。
大きな浮力を確保しつつ、通気性と動きやすさを備えている。
大きな胸ポケットが中央にあり、背中にもキャメルバックが収納可能。
他のPFDに比べてちょっと割高です。
国内で販売してくれるショップを探してセントラルサーフクラブさんに聞いてみたところ、この商品の取り扱いを開始して頂きました。


20171128-1.PNG
先日の三陸シーカヤックマラソンin宮古で初めて使用してみて、動きやすかったと思います。
興味ある方はセントラルサーフクラブに問い合わせて下さい。

posted by エイ at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月15日(Thu)

ステラーS18Rの新型に思う

ステラーS18Rの新タイプ(S18R G2)、さらにマラソンレース向きになりましたね。
形状ではバウが細くなったのと、船首・船尾とも立ち上がり形状を変えて水線長を長くとってある。
少しレーサー寄りに変更された感じです。
他にはスターンハッチが大きくなったのと、サイブレースも追加された。
ここまで変わったのならいっそ名前を変えたらと思うんですが。

上がS18R G2、下がS18R G1
S18R_G1_G2.PNG

「どっちを選ぶ?」と聞かれたら迷わず新型G2の方ですけど、今のS18Rの方もツーリング艇らしさがあって良いと思いますけどね。
サイブレースは最初から付けて欲しかったな。
posted by エイ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年11月17日(Sat)

コンピューター制御に着手

11月は家族が風邪を長引かせたり、病人が出てしまって早朝漕げていません。
家族みんなが健康でいないと、いい暮らしはできないもんですね。
家族の健康も見守りつつ、せめて自分だけは風邪などひかぬよう注意していこう。

進みが遅いエルゴメーター2号機の開発。
なかなか開発に使う時間がなくて進まないが、来年中には2号機を完成させよう。
遅い代わりに良いアイデアも見つけたりしていたので、盛り込む機能が明確になってきました。
頭の中では2号機がどんどんバージョンアップしています。
だから今まで作らなくて正解だったのですが、考えてばっかりもだめなので、もう作ります。

今までにヒントをもらった独自の機能を備える予定で、来春までにどこまで現実になるか?
水上に出ない冬の時期にたくさん進めたいと思います。
完成すれば今までにないエルゴメーターになるでしょうね。

パソコンにはソフトウェアを開発するための開発環境が整いました。
まずは使用する機能を一つずつ確認していきます。

マイコン基板の機能テスト中
DSC_0020.jpg


posted by エイ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2018年11月18日(Sun)

老齢期の運動を考える〜ボートの鉄人編〜

シーカヤックマラソンの漕ぎ仲間にはすごい鉄人がいるけど、日本のボート界にもすごい鉄人がいます。
しかし生まれつきの鉄人であるはずがない。
それは日々の運動を続けてきたことの蓄積に過ぎないのだと思います。
このブログの目的は健康を保つことなので、鉄人を目指さなくても良いのですが、参考になると思います。

よく1日10分の○○運動で○○がずっと改善できますとか、1日30分の有酸素運動を続けましょうとか言われていますけど、
人によってはそんなに運動できないし、種目によっても違いがあると思います。
ランニングだと自重全ての上下運動なので、大きな運動量です。
カヤックの場合は座っているので有酸素運動になるまでは少しきつめに漕いでちょうど良かったりします。

北九州市の松野範衛さん、昭和15年生まれ(推定)。
74歳でワールドマスターズ大会で優勝という輝かしい成績です。
学生時代にやっていたボートを社会人になってやらなくなり体力も衰えていたが、60過ぎて再びボートを漕ぐよう二なり、日々のトレーニングを行っていらっしゃるようです。
そこまでは目指さないにしても、健康(=体力)を維持するために必要な運動量というのは、どの程度が適当なのでしょうか?
ボートの松野さんの場合はどのように考えているのか紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ボート界の格言を体現した世界一(北九州市  市政だより 平成26年5月1日号より)himawari_ph2.jpg

北九州ローイングクラブ 松野範衛さん(小倉北区・74歳)

 「元気なじいさん、ばあさんは世界中にいますよ」と笑う松野範衛さん。彼は昨年9月、イタリアで開催されたシニアの世界大会であるワールド・ローイング・マスターズ・レガッタのダブルスカルで日本人初優勝を成し遂げた。今年の北九州市民スポーツ賞の最年長受賞者だ。ペアを組んだ堀内浩太郎さんは、ローマ五輪で日本代表コーチを務めるなど、言わばボート界の大御所。一方、松野さんは国体の出場経験はあるものの、大舞台での優勝経験はない選手だった。

 松野さんがボートと出会ったのは18歳の時。大学に入ったばかりの頃、ボート部の先輩に声を掛けられた。「体が大きかったので『こいでみろ』と強引に連れて行かれた」という。大学時代は来る日も来る日も早朝から夕方までこいだ。嫌になることもあったが、「大学で始める人がほとんどなので、練習すれば勝てる」と、ボート競技の魅力にはまっていった。卒業後、北九州の企業に就職してからも仕事の合間にボートに乗っていたが、年々仕事が忙しくなり乗る機会がなくなった。

 その後30年以上たち、再びボートとの縁が訪れる。退職した翌年、64歳でまた大学時代の先輩から誘われた。「久し振りに乗ってみたら、レースで5人中4位でした」と思わぬ悔しさが残った。それからというもの、学生時代に教わった「練習したやつが勝つ(Mileage makes champions)」、このボート界の格言を胸に練習に打ち込んだ。週4日はこぎ、2日は自宅で筋トレをする。「長く続けたいので無理はしません。練習量は若い人の半分程度ですが、続けることが大事です」と自己管理は抜かりがない。そして、6度目の挑戦で世界一になれた。

 海外遠征は旅行を兼ねて、必ず夫人が同行するという松野さん。「今は苦労なく、本当にボートを楽しんでいます。高血圧も改善し、働いていたころより元気になりましたね」と、いきいきした声で話す。次の目標は昨年2位だった1人乗りのシングルスカルでの優勝。それを可能にするのは日々の練習だけだということを松野さんは知っている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この記事に先立って松野さんが66歳の時に桑野造船のコラムに寄稿した記事があります。
『健康の維持=体力の維持』といった観点から、年齢に応じた目標とトレーニング計画を立てています。
興味があれば読んでみて下さい。
http://www.k-boat.co.jp/column/matsuno2.htm

トレーニング計画を立てる際のデータ集めと緻密な計算がすごいですが、何となくぼんやりと分かりませんか?
[原始体力](その人の最大能力)、[文明体力](運動しない生活レベル)、[寝たきりライン]という体力レベルの想定が独創的です。
年齢ごとの体力レベルをグラフにして推定寿命まで想定しているのがおもしろいし、運動量を数値で計算しているのもレベル高いなあと思いました。
しかし何かのグラフに似ているなあ。
松野さんはモーター関係の会社にお勤めだったことが分かりました。
あの体力のグラフもモーターの負荷曲線に似ているのでプッと吹き出してしまいました。

モーター負荷曲線の例(トルク−回転速度−パワーのカーブ)
20181116-1.PNG
なるほど、グラフを描いて考えるのは得意だったのですね。

緻密な一方で、「適度な運動の[適度]の限界は非常にわかりにくい」としています。
高齢者が若いアスリートのように、体力の限界までボロボロになってトレーニングにはげむ、というようなことはありえないことで、「楽しく長続きする」レベル以上には決してならない。
運動量が適度かどうか、老齢機の場合は自分で試して判断しましょうというスタンスです。

独自の分析、なおかつ「がんばらない」をモットーにトライしていることが持続につながっている。
松野さんの力の原泉は、人生で培った経験を生かして自分にあったトレーニング方法を考え、「無理せず楽しむ」ことを大事にする姿勢だと思います。

ここまで緻密に、且つ高いレベルの運動は真似できませんが、その姿勢は見習っていきたいと思います。
「がんばらない」ことと「楽しみがある」ことが持続につながっている点も納得です。
かといって緩すぎてもダメなんですけどね。
posted by エイ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月25日(Sun)

マカオのゴンドラ

社員研修旅行で香港・マカオへ行ってきました。

ジャッキー・チェンの手形に手を合わせてみました。
筋肉がしっかりしたメリハリのある形でした。
他にも有名人の手形を置いてありますが、ブルース・リーの手形はありません。
IMGP1600.JPG

MTR(地下鉄)の座席は、パールのような表面で滑る。
この材質、カヤックのシートに欲しいと思った。
IMGP1615.JPG

お寺門には玉を持った龍がいます。
日本では狛犬ですね。
IMGP1597.JPG

昔はエビ漁に使っていたという帆掛け舟の漁船「ダックリング号」
修復してエンジンを積み、観光船として働いています。
この船で1時間ほどの夜景ツアーに出かけます。
IMGP1636.JPG

豪華ディナー付き大型クルーズより、小型船の方が面白い。
適度に揺れるし水面も近いし窓ガラスもない。
ダックリング号からの夜景、8時から10分間は高層ビル街を使ったレーザーショウが始まります。
DSC_0031.jpg

DSC_0027.jpg

香港からマカオに高速船で1時間で渡り、IR(統合型リゾート施設)を体験しました。
マカオにはIR(統合型リゾート施設)が立ち並んでいます。
カジノ、ホテル、ショッピング街に併設して、アトラクションで客を楽しませます。

IRの一つ「ベネチアン」の3階に作られた水路はベネチアのような雰囲気を作っていました。
ゴンドラのターミナル。
近くの店でチケットを買って乗ります。
ゴンドラ体験は料金が135香港ドル(約2,000円)。
全長200mくらいの水路を往復します。
DSC_0051.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0049.jpg

波がないので、船頭は自分で揺れ具合も調節しながら漕ぎます。
ブランコのように揺すられても怖さはありませんでした。
DSC_0048.jpg

天井に空を描いて、外にいるような雰囲気を作っています。
DSC_0047.jpg

ゴンドラはいい船でした。
船頭は陽気なイタリア人のアドリアーノ。
僕らが揺れに平気だったので、大サービスなのか揺する、揺する!
客を乗せるのが上手です。

すっかり乗せられて3人で合唱になりました。
曲は「サンタルチア」「ジンギスカン」。

とても良いやつでした。
2日後にイタリアへ帰る様なことを言っていた。
DSC_0053.jpg

たぶん、本場イタリアの船頭なんでしょう。
呼ばれてしばらくこちらで仕事をして戻るのでしょうね。
posted by エイ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2018年11月29日(Thu)

ハズかないルーペ<粗悪品も実用レベルか?>

「世の中の文字は小さすぎて 読めなぁい
さんがやるとCMがエンターテイメントになりますね。

僕も老眼きているけど、コンタクトレンズ使用で普段はメガネを使いません。
でも細かい作業ではメガネを使うので、無関係でもないルーペ。

このようなルーペは前からあったのでしょうね。
ハズキルーペに似たようなルーペが Amazonで1,000円 でした。
41llrDPKVzL.jpg
44904073_1857443334332856_5341723887723872256_o.jpg

いわゆるニセモノ商品ではありません。
女性のお尻に敷かれるとヒンジが壊れそうだから安物商品かな?
ルーペとしては使えそうですね(笑)
100均ショップなんかでも出てきそう。

ちなみにルーペはものを拡大してみるもので、老眼鏡はピントをあわせるだけのレンズ(拡大しない)。
そこが違いだそうです。

仕事ではこんなルーペを使っています。
SL08088.jpg
ライト付きルーペなんかもある。
ルーペは老眼鏡ではないけど、老眼でも近くにピントが合いますね。
posted by エイ at 08:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し