2018年11月03日(Sat)

漕ぎ急ぎすぎだった

2018 三陸シーカヤックマラソンin宮古の動画(ダイジェスト版)です。

自分の漕ぎフォームをチェックするのが目的で撮った動画なので、カメラはスターンに設置しました。
近くにカヤックが見えるのは序盤だけです。
予想よりずっと早い段階でシーカヤックの先頭に出てしまい、後はほとんど自分の漕ぎしか写っていません。
できるだけ短く編集したけど20分近くになってしまいました。
(主演・監督:エイ、助演男優賞:SK-X, RAZOR、友情出演:UNOMAX, Waterman, ESCAPE, SK-1, ウインドソロ, Nelo520, PAX18  他)

カメラはSonyの HDR-AS50R で、2時間の宮古のレースを収録できるという理由で選定したカメラです。
出艇時に録画を開始すると最後まで収録できない可能性もあるので、海上でスマホからのリモコン操作で録画をスタートします。



スタート後に落ち着いてから、序盤はいい漕ぎをしていたようです。
しかし、まだ自分の漕ぎになっていない。
全体を通して次第に漕ぎが小さくピッチが早くなって、これでよく最後までもったと思います。

今回は、なんと自分がシーカヤッククラスの先頭になったため、先導艇がつきました。
コースは円柱形のターンブイを左に見てターンすることと、三角錐のフロート間をゲートとして抜けることが基本。
ただ、行きも帰りも同じゲートを通過するルールになり、行きだけ通過するとか漕ぎ手が勝手にバリエーションを作ってしまいそうでした。
そのため先導してくれたのはたいへん助けになりました。

もう少し寄ってくれれば引き波に乗れた...それは当然、運営側も考慮済みですよね(´。`)
でも内緒の話、僅かな時間乗れたときもあったのです。
逆に、先導艇のスクリュー渦が余計な負荷になることがあったかもしれない。
どちらにしろ50m以上離れて先導しており、些細なことなので気にしない。


感想
そよ風の穏やかな日で、こんな波のない宮古は初めてでした。
シーカヤック10kmの上位は5分後スタートにも関わらず17kmの上位にまで迫る力があり、この人たちが17kmに出れば面白いレースになったでしょう。
日出島の波ってそんなにきついかな?過大評価していない?
波が大きければ今回のようにコース変更もあるので、17kmのクラスに出ればいいのでは?
来年はどのクラスにエントリーしてくるのか楽しみです。

自分の漕ぎは、恥ずかしいほどせっかちに漕いでいて、もっと大きく体を動かして力強いストロークが続けられるようしたいです。
続きを読む
posted by エイ at 10:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年11月04日(Sun)

ドライブ楽し

車のドライブというのは、どうして心地よいのだろうか。
歩いたり走ったりでは得られない人の能力を超えた体験と、それを操る快感でしょうか?
私は安全運転だというのに。
滅多に走らない新鮮なルートであればなおさらです。
三陸シーカヤックマラソンへのドライブも楽しむことが出来ました。

休憩も短く3,4回で済みました。
長時間のドライブなので、体がこわばらないよう、姿勢に注意しています。
まず、背中が丸くならないように背当てを入れているのと、腹筋を使って腰を立てるようにしています。
力を抜いてリラックスするより少し疲れるけど、腰への負担は軽減できるみたいです。

ルート案内には GoogleのMAPを使います。
MAPをルート案内に使用すると、運転専用の"車"というショートカットがホーム画面に出来ます。
Screenshot_20181104-155636.png

新潟で下道のルートを選択中の写真。
写真の上に写っているスマホのMAP画面では目的地まで7時間7分、
下の方に写っているカーナビ画面は目的地まで12時間37分、違いありすぎ。

IMGP1592.JPG

MAPのルート案内は、車の通行速度を把握するビッグデータを使って最速ルートを見つける。
カーナビの方は、道路の格(国道>県道>市道)を優先するので、早い道ということにはならない。
MAPのルートは、ローカルの人間しか分からないような抜け道も利用するので、とんでもない細い道に入ることもある。
今回もGoogle MAPの案内で、ほぼ予定通り到着できました。

片道800kmなので、給油が必要になります。
価格の安いスタンドで給油することもポイント。
遠野のENEOSのセルフスタンドは安かったが、今回のルートは遠野を経由しません。
今回は盛岡の手前、雫石のJAセルフスタンドが安くて助かった。

さて、レースが終わって帰路につきました。
スイーツを買って帰ると言って出てきたので買って帰らねば、レースでの好成績など家族には無意味。
気に入ったスイーツじゃないと荒れる家庭に、嫁への強迫観念が甦る。

リサーチしておいた北上市にあるロシア料理の店「トロイカ」でケーキを買えました。
これで安心して家に帰れる。
IMGP1594.JPG

レースで疲れているので、夕食はさっぱり系、辛い物系にしたかった。
盛岡レーメンの店が途中にあったけど、すごい待ち時間だったのでラーメン店へ。
DSC_0032.jpg

辛味噌ネギラーメン(大辛、中辛、ほどよい辛さ)で、こんな場合は経験上一番辛くないのを選ぶべき。
結果は正解、レースより汗かいたかも。
DSC_0033.jpg

北上市から日本海側の自動車道へ出るまで、短い自動車専用道を利用しながら快適にドライブしました。
MAPの使い方も、高速道路を使用すると東北自動車道へ導かれるので、時には高速道路不使用で検索したりして高度に使い分けています。
日本海側の日本海東北自動車道に出て南下。
家に着いたのは朝5時でした。
カヌーの道具を片付けしたらレース結果をブログに書いて、出勤の準備です。
今年も、東北遠征の旅が終わりました。
続きを読む
posted by エイ at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月10日(Sat)

環境配慮のウェットスーツ

ウェットスーツを買いました。
冬の海に出ようっていうんじゃなくて、春・秋の寒い日のツーリングや沈するトレーニングに備えてです。

千葉でガイドをされているシックスドーサルスの藤田さんに教えてもらったパタゴニアのウェットスーツです。
藤田さんは海岸の漂着物調査など自然環境への造詣が深く、KAYAK~海を旅する本」に記事を寄せています。
普通はウェットスーツの生地にネオプレンが使用されているが、パタゴニアはユーレックスという天然ラバーの素材を使用し、ネオプレンは使用しない。
ここまでやるかと言うほどの環境配慮と品質を追求する会社は、他に知りません。

DSC_0074.jpg

なるほど、厳しい社内基準というものがあるんですね。
だから信頼され愛される会社であり続ける、見習うところです。
そのかわりちょっと高いけど、買ってみました。(パタゴニアショップまたはAmazonで販売中)
R1という一番薄いタイプで生地3mm厚の春・秋用で、これなら動きやすいと思って選びました。
フロントジッパーでかっこも良いです。
膝の部分はファブリックの生地で補強されています。
88479_BLK.jpg
体に密着するタイプなので、最初は着るのが大変でした。
もう一つ上のサイズだったかな?と思いがら、強引に延ばして着る。
伸縮性が高いのですごいフィット感、窮屈さは余り感じなくて良かった。
サイズは合っていたようでホッとしました。
着ただけで汗が出てくるのですぐ脱いだ。


もう一つの買い物は以前から欲しいと思っていたオーシャンレース用のPFDです。
南アフリカの Mockeというメーカーで "Mocke Racer PFD"という商品。
大きな浮力を確保しつつ、通気性と動きやすさを備えている。
大きな胸ポケットが中央にあり、背中にもキャメルバックが収納可能。
他のPFDに比べてちょっと割高です。
国内で販売してくれるショップを探してセントラルサーフクラブさんに聞いてみたところ、この商品の取り扱いを開始して頂きました。


20171128-1.PNG
先日の三陸シーカヤックマラソンin宮古で初めて使用してみて、動きやすかったと思います。
興味ある方はセントラルサーフクラブに問い合わせて下さい。

posted by エイ at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月15日(Thu)

ステラーS18Rの新型に思う

ステラーS18Rの新タイプ(S18R G2)、さらにマラソンレース向きになりましたね。
形状ではバウが細くなったのと、船首・船尾とも立ち上がり形状を変えて水線長を長くとってある。
少しレーサー寄りに変更された感じです。
他にはスターンハッチが大きくなったのと、サイブレースも追加された。
ここまで変わったのならいっそ名前を変えたらと思うんですが。

上がS18R G2、下がS18R G1
S18R_G1_G2.PNG

「どっちを選ぶ?」と聞かれたら迷わず新型G2の方ですけど、今のS18Rの方もツーリング艇らしさがあって良いと思いますけどね。
サイブレースは最初から付けて欲しかったな。
posted by エイ at 23:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年11月17日(Sat)

コンピューター制御に着手

11月は家族が風邪を長引かせたり、病人が出てしまって早朝漕げていません。
家族みんなが健康でいないと、いい暮らしはできないもんですね。
家族の健康も見守りつつ、せめて自分だけは風邪などひかぬよう注意していこう。

進みが遅いエルゴメーター2号機の開発。
なかなか開発に使う時間がなくて進まないが、来年中には2号機を完成させよう。
遅い代わりに良いアイデアも見つけたりしていたので、盛り込む機能が明確になってきました。
頭の中では2号機がどんどんバージョンアップしています。
だから今まで作らなくて正解だったのですが、考えてばっかりもだめなので、もう作ります。

今までにヒントをもらった独自の機能を備える予定で、来春までにどこまで現実になるか?
水上に出ない冬の時期にたくさん進めたいと思います。
完成すれば今までにないエルゴメーターになるでしょうね。

パソコンにはソフトウェアを開発するための開発環境が整いました。
まずは使用する機能を一つずつ確認していきます。

マイコン基板の機能テスト中
DSC_0020.jpg


posted by エイ at 07:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター