2019年01月12日(Sat)

運動後のドリンクはどうしてる? − 豆乳ドリンクの新しいレシピを求めて −

運動の後には少しタンパク質を採った方が良いとされています。
運動で消費されたタンパクを補うためなんでしょうね。
豆乳を1杯飲んでいますが飲んだ方が良いのか、飲まなくても食事だけで足りているのか?本当のところは分からない。
まあ、自然食品で栄養バランス的に良さそうだし続けています。

プロテインなどのアスリート用は使いません。
なぜかというと、それほど激しい運動ではないから。
まずいし、高いし、面倒くさいし。

豆乳は、そのままではおいしくないので味付けをします。
一番使っているのはミロ、冷水にも溶けるので豆乳に投入してシェイクするだけ。
ココア風味で、飲みやすいです。
たまに抹茶ミルクやかき氷用のシロップも使うけど、もう少しバリエーションが欲しくて、試しています。

IMG_20180127_140110.jpg

味付けのフレーバーを選ぶポイントは、冷水に溶けること。
いろいろ試してみました。
液体甘味料は混ぜやすくて速攻で飲めるので、液体が良いな。

最初は「しょうが&ゆず」のパウダー。
シェイクしての溶け具合も味も良いですが、少しぶつぶつができます。
大豆の成分を固まらせる性質があるようです。
使えないこともない。(可)レベル。
10010004902831507474_1.jpg
次はレモネード、これも冷水に溶けるということで試してみました。
酸性だからか?ドロドロのスムージーみたいになりました。
好み次第ですが、僕はちょっと飲みにくいかな?

img61661502.jpg
柑橘系は弱酸性なので、タンパク質が凝固するんですね。
ということで、柑橘系は豆乳ドリンクには向いていない。

次に試したのはシロップです。
かき氷のシロップではなく、これはカクテル用のシロップ。
ちょっと高級感があり、味も洗練されているはず。

キャプテン マンゴー 600ml  Amazonで 694円
20190112-1.PNG
マンゴー味、うん、なかなか豆乳がおいしくなりました。
このキャプテンのシロップは他に、抹茶、巨峰、梅、マスカット、白桃など種類が豊富で一気にバリエーションを増やすことができた。
しかも濃縮液なのでスピーディーにドリンクができあがる。
豆乳ドリンクのレシピを増やすことができました。
お酒の好きな人は、ジンや泡盛に入れて炭酸で割ればカクテルができあがるよ!

使えなかったレモネードが、かなり大量に残ったがどうしよう(汗)?
そうだ!寒い日はホットレモネードで温まるってのはどうだろう。
posted by エイ at 09:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー