2019年10月05日(Sat)

発電モータの配線

温帯低気圧が近くを通ったおかげで漕艇場は水浸し。

20191005_1.JPG

カヤックトレーナーは、発電モータを3相モータへ入れ替える作業。
このモータは理論上1000W以上の能力があります。
アスリートが使っても倍のマージンがあるので、十分なパワーです。
ここは大電流が流れるので太い配線で受電部回路へジョイントしたところ。

DSC_0113.jpg

運動エネルギーを電力へ変換する考え方は、風力発電や小規模な水力発電で使われている発電システムなども同じです。
ハイブリッド自動車も減速時の運動エネルギーをモータの回生電力で回収してバッテリー充電するので近いですね。
1号機はD.I.Yで誰でも手に入る材料で作ったので自作派には参考になりますが、それでも難しい工作が必要でした。
2号機の製作はプロの仕事の領域に入ってくるので、D.I.Yの参考にはなりません。

D.I.Yで作ってみようという方はT号機の製作記事を見て自分なりのブレーキの制御でトライされてみてはと思います。
海外の自作例を見ると、ミシンのはずみ車のような滑車を革のベルトでブレーキかけているような原始的な物が多いですね。
風車を自作する人もいてすごいなと思ったけど、板金加工技術があるんでしょうね、一般人にはムリだな。

キャッチフォース(CatchForce)という傾斜型のトレーニングマシンもD.I.Y向けでいいと思う。
スライドする台の上に座る単純な物だけど、自重トレーニングでいいですね。

posted by エイ at 11:33 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター