2020年01月03日(Fri)

2020−始動−

明けましておめでとうございます

今年もシーカヤックの未知の世界へ。
一つのことをクリアするとその先の視界が開けて見える。
そんな年になればいいなと思います。

元旦は恒例の「倶利伽羅不動尊」への初詣。
今年もよろしくお願いします。
P_20200101_120453.jpg

2日は初漕ぎです。
今年はメンバーの都合がつかずソロ漕ぎになりました。
石川県の西岸は日本海に面した長い海岸線で砂浜が続いています。
中でも千里浜は渚のドライブウェイとして有名なところ。
千里浜で出ることにしました。
冬の期間は大陸の高気圧から吹き出す北西の風の日が多く日本海は波が立ちやすい。
波の静かな日が少ないのです。

幸いにも風がなく穏やかな1日でしたが、なかなかの波がありました。
丘から見るとブレークラインの外に出ればうねりの中を楽しみながらパドリングできるでしょう。
問題はブレークラインを突破してアウトに出られるかどうか。
波に巻かれた場合、荒れた海面でのエスキモーロールができないとひどい目に遭うことは容易に予想できました。

今日の友はBZ510とパドルのPower master、他の装備も念入りにチェックします。
PFDにはトーイングラインと、PLB、フラッシュライト。
ソロ漕ぎなのにトーイングラインも入れたのには訳があります。

IMGP1837.JPG

波の間隔が短いしブレークラインの波はパワーがありそうだ。
乱れうち状態で波が入ってくる。
タイミングなど関係なくゾーンの中間に出て、アウトに出るチャンスを待つしかない。

出がけにトーイングラインで自分とカヤックを繋ぐ。
パワーのある波に巻かれて脱艇したらすぐ次の波が襲ってくる、カヤックを流されてしまうことが嫌なので。
逆にラインが絡まって災いする場合もあるけど、今回は出てみないとわからないので繋いだ。

なかなかチャンスが来なくてゾーンの中間に長くいたが、待った甲斐あって波が切れた。
ブレークゾーンからアウトに出ると、優しく大きなうねりの天国でした。
大陸の冬の高気圧が起こしたうねりが今ここに到達して僕に届いたのを体で感じる。
自然の中に身を置いて自然の息づかいを感じ、その中の自分を再確認する時間。

さて、いつまでも天国にいることは出来ない、あのブレークゾーンへ再突入して岸に戻らねば。
この辺の海は浅くなっているので波は立ち上がってから短い時間で崩れてしまう。
シーカヤックでの波乗りは難しそうだ。
岸に戻るまで後ろからの波に数回襲われました。
1回目はでかい波、波に飲まれた思ったがブローチングできていた。
2回目は岸側へ倒れたのでそのまま沈。
膝が抜けそうになっていたが、水中でコーミングつかんで立て直してロールで上がった。



1時間近くのビデオを4分にまとめたので、かなりカットしています。
そのままでは見るに堪えないので音楽も付けました。

アウトに出るまで8分かかっています。
ブレークゾーンで耐える時間が長かった。

サーフィンが下手なので、波を上手にやり過ごすことができない。
まだまだ修行がたらんとです。あせあせ(飛び散る汗)

IMGP1838.JPG

経験上、少しは分かっているんだけどね。
波のパワーは人の力ではどうしようもなく恐ろしいので怪我をしないことが重要。
波側へのブレースは大抵問題ないが、上から襲うでかい波だったらパドルは出さずに波に体を預けるだけにしよう。
もし岸側へ倒れそうになったときは小さい波でもブレースしません。
なぜなら横になった大きな容量のカヤックを押す波のパワーはすごいので、人間の腕一本で耐えるのは無理です。
素直に波に巻かれてから起き上がった方が何十倍も安全。

今回はリフレッシュというよりも、自然の中での自分の弱さと強さの発見の試みであったと思う。
荒れたサーフでの経験が少ないので、また優しい海況の時に試させてもらって経験を積もう。

終わって温泉へ
浜に出る前に近くの風呂をチェックしておいた。
温泉の近くから出艇したので、すぐに温泉で温まる。
「里湯ちりはま」はかけ流しの温泉で、いい湯でした。
IMGP1842.JPG

荒れた日本海と温泉、またソロで行ってみたいコースができました。
posted by エイ at 00:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2020年01月11日(Sat)

バリーのオーバルハッチ互換カバー

昨日は近畿方面の出張でしたが、帰りの車窓から富士山のような山が見えました。
えぇー!三重からこんなにはっきりと見えるの?

もしかして富士山に似た山か?
いや雪があれだけ積もっているから3000m級の山だろうから、やっぱり富士山だろう。
こんなに大きく見えるものだろうか?

−−− 追記 −−−
びんさんから、あれは御嶽山ではないですかというコメントをいただきました。
どうもそのようです。

20201011-3.JPG

バリーの純正ハッチカバーは紫外線劣化が早い。
最初のシーカヤックだったノードカップも最後は劣化して使えなくなったので、互換性のあるハッチカバーに交換しました。
交換したハッチカバーは耐候性があって良いのですが、ゴム製で前より少し重たいんじゃね?

青いシーカヤック BZ510 は前後ともバリーのオーバルハッチ装備ですが、もうハッチカバーが限界なのでカバーを新調します。
互換のゴムハッチは対候性抜群だがBZ510の軽量の良いところが損なわれるし、軽い布タイプは荒れた海には適さない。
そこで海外メーカーでバリーの互換性ハッチを探しました。
SEA-LECT Designsのパフォーマンスハッチカバーというのが、どうも互換性があって軽いようだ。
20201011-1.JPG
アメリカのDuckworksというショップでお手頃な価格で売っていた。
セールボード、パドルボート関係の品を扱っているお店です。
「先進の素材で成形されており、市場の他のハッチに比べて防水性、耐久性、取り付けのしやすさを独自に組み合わせている。浮力のある軽量ポリマーを使用している」と書いてある。
表面の仕上げも良さそうです。
バリーのオーバルにフィットと書いてあるK745270を注文すれば良いのだな。
ハッチカバー2枚に送料65ドル加算して200ドルで購入しました。

たぶん航空便だから来週には着いているだろう。

posted by エイ at 18:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2020年01月18日(Sat)

バリーのオーバルハッチ互換カバー(続き)

アメリカからSEA-LECT Designsのパフォーマンスハッチカバーが届きました。
注文から6日目に届いた。
ハッチカバーの他に材料のカタログが同梱されていました。
Duckworksはボートビルダー(船を自作する人)の店だったんですね。

ハッチカバーはバリーのオリジナルに比べて少し軽く、硬めの素材でできている。
凸状に膨らみがあって表面はツルツルしている。
さっそくBZ510に装着してみました。

おお〜、ピッタリサイズで少しきつめにしっかりと嵌まります。
カバーは黒光りしてBZ510のラメ入り塗装と相まって宇宙船のような不思議な感じになったぞ。
いいんじゃない?

DSC_0137.jpg

スタジオイワナガで販売中
日本では手に入らないのかと検索してみたところ、VOGUE シリーズのカヤックを作っているスタジオイワナガで販売していた。
小さい丸の方のハッチカバーも扱っている。
な〜んだ、ここで買えば良かったんだ。

スタジオイワナガのシーカヤックはSEA-LECTのハッチカバーを使っているようだ。
新艇「vogue ridge」は僕の好みのタイプです、良さそうだね。
posted by エイ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2020年01月23日(Thu)

お菓子メーカー「ネスレ」のフットワーク

チョコレート好きなので、
たくさんは食べないけど、仕事場の机の中にもチョコを忍ばせている。
行き詰まった時の逃げ場としてのチョコの存在は偉大かもしれない。
カヌーの高カロリー栄養補給もチョコ味なら歓迎。

前置きを引っぱりましたが、お菓子メーカーの「ネスレ」のチョコにチョコっと感心した。
「KitKat」というヒット商品でかなり有名だと思いますが、最近紙のパッケージを使い出したようです。
まだ一部の商品ですが、
DSC_0139.jpg

地球温暖化もそうだけど、プラスチックゴミの海洋汚染が問題になっている。
口から唱えることも必要だけど、できる人からできることを始めなきゃダメだと思うんですよね。
僕たちに何ができるのだろう?
社員の誰かが思いついた。
会社として実行に移すフットワークの軽さが心地よいです。

自分もフットワークの軽いジージイになりたい。
さあ今日も汗かいてフットワーク維持だ。
準備体操から、いっちにっと...(笑)
posted by エイ at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ想

2020年01月25日(Sat)

YoutubeビデオのBGM(著作権の表示)

Youtubeに趣味で作った動画をアップロードする際、BGMを入れるとかなり快適なものになります。
でもBGM付きの動画をアップロードするときは、音楽の著作権を解決しないといけません。
(著作権侵害がないか youtube 側の調査が入って警告される)

最近少しやり方が分かってきました。
動画のBGMは音楽の使用料を払う場合もあるけど、趣味の投稿なら無料で自由に使えるものを使いたいよね。
BGMはyoutubeにも用意されているけど、あまりお好みの曲がない。
いくつかフリーのBGMを提供しているサイトがあるので、そこからダウンロードして使っています。

これまでに利用した3つのサイトを紹介しますね。
BGMを付けた動画には著作権を表示することが望ましいので、その書き方も紹介します。

1.Jason Shaw氏が主催するAudioNautix.com(C.C)
 Webサイト:http://audionautix.com/
 自分の曲を提供しているようです。
 ここで提供する音楽はyoutubeのBGMなどに使ってもいいよ。
 ただし著作権の表示をこのようにしてね。
 という説明があります。

BGMの著作権表示は、このようになります(一例)
Audio track credit
Song : ”A View From Earth” (使用した曲目)
Music by audionautix.com
The music produced by Jason Shaw on AudionautiX is released under Creative Commons Attribution 4.0 International License

2.Kevin MacLeodの incompetech.filmmusic.io
 メールアドレスとパスワードでユーザー登録して利用する
 無料のものと有料のものがあるので、曲の License の表示が
CC BY になっている曲が無料で使用できる。

20200116-1.PNG

BGMの著作権表示は、このようになります(一例)
Audio track credit
Song : "Werq" Kevin MacLeod  (使用した曲目)
Music by Kevin MacLeod
The music provided by incompetech.filmmusic.io is released under Creative Commons Attribution 4.0 International License.

3.Vlog No Copyright Music というサイト
たくさんの音楽がダウンロードできるようになっている。
著作権表示についてはこのように書かれています。
Licence: You’re free to use this song in any of your videos, but you must include the following in your video description (Copy & Paste): Song: Markvard - Forever (Vlog No Copyright Music) Music provided by Vlog No Copyright Music. Video Link: https://youtu.be/GUPb5DcMMVQ

BGMの著作権表示は、このようになります(一例)

Audio track credit
Song: Thomas Gresen - Let Me Fall (Vlog No Copyright Music) (ダウンロードした曲目)
Music provided by Vlog No Copyright Music.
Video Link: https://youtu.be/FZytqehKXZg  (ダウンロードした音楽の場所のリンク)

これらの音楽の多くはクリエティブ・コモンズ(Creative Commons)というプロジェクトによって自由に利用できるようになっている。
ただし完全に無料ではない。
クリエティブ・コモンズを利用したら、音楽を提供する側にも何らかのお礼をしてシステムを維持する仕組みになっている。
"Donate ..." とお金を入金する枠が出るので、うまく利用できたら気持ちの分を寄付しよう。 
支払う際は、まず金額を選択する。
国名:Japan 氏名・住所等をアルファベッドで記入 ZIPは郵便番号をハイフン無しで記入。
クレジットカード番号を空白無しで入力し、カード裏面の3桁の番号を入力する。

支払ったら金額と日付をしっかりメモしておこう。
少し前に支払ったことを忘れて2回連続で寄付(Donate)してしまったことがあるし、クレジット請求の明細を見て不安にならないためにも。
2回連続は払いすぎだった(T-T)
続きを読む
posted by エイ at 21:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽

2020年01月30日(Thu)

冬場のトレーニング、エルゴ1.5号機の使用感−2020年1月−

まだカヤックトレーナーのソフトができていないので、エルゴ1.5号機で運動していますが日に30分運動できているので、まあまあ自分の調教はできているかなと思います。
健康維持+漕力維持なので、この程度で充分かなと。

1月の運動スタンプ(運動量の管理はendomondoアプリ、種目はエアロビクスとしている)
疲れが貯まったと感じたら1,2日休んでいるし、仕事で煮詰まった時に漕げないのは仕方ない。
20200130-3.PNG

インターバルの設定(2分漕ぎ-1分レスト x 3回を3セット)
20200130-1.PNG

心拍数グラフ
自分の感覚で心拍数150でイエローゾーン(適切な運動強度の限界)としているが、エルゴだとそこまで上げるのは少しきつい感じです。
実際の漕ぎの爽快感がないためか、強度を上げて短時間トレーニングにしているからか?
フィットネスが目的であれば、もっと緩い運動で時間を長くした方が良さそうだ。
20200130-2.PNG

漕ぎながらエルゴの負荷のかけ方を考えています。
エルゴ1.5号機は強度の調節はできるものの、調節後は一定の負荷で動く。
しかしストロークにはオンとオフが有り、さらに艇速とパドルスピードも関係してくる。

既存エルゴの風車方式は水と同じ粘性流体の空気が抵抗なので、回転数だけでかなり近い負荷シミュレーションができているようである意味単純かつ明快な答えですが、パドルが水面の下か上かはエルゴは知らないので多少の違和感は残る。
カヤックトレーナーの場合はストローク中の引きの重たさはどのように推移すべきか?
ある程度は計算はできるけど、利用者からのフィードバックで完成度が上がるものだと考えています。
調整しやすい仕組みにする予定です。

カヤックトレーナーの開発が成功したら運動管理のソフトウェアも作りたいですね。
運動生理学とトレーニング理論の専門家の助けが必要です。

posted by エイ at 12:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター