2020年04月04日(Sat)

草むしりはフィットネス、と、今年は新型コロナウィルスの年だね

近くの公園は満開の桜。
春が来ましたね。

DSC_0188.jpg

庭の草も出てきて、天気が良いので雑草取りです。
楽な姿勢をとらず中背で膝と腰周り筋肉を意識しながら。
暖冬で雪かきフィットネスが出来なかった分、雑草取りでフィットネス!

DSC_0187.jpg

新型コロナウィルスは感染拡大が止まらない。
初動として感染の広がりを封じ込めたかったけど、それは出来ないようなので、やがて身近にも蔓延すると覚悟した方が良さそうです。
これはやっかいなウィルスなので、とにかく1年、ワクチンが出てくるまでなんとか乗り切りましょう。

石川県内でも少人数ですが感染者が連日出ています。
国内では1日に感染者数が1.1倍くらいに増加している。
このまま日に1割ずつ増えていくと一ヶ月後にどれくらい増えるか試算してみると。
1.1を30回掛け合わせ、つまり1.1の30乗の計算で約17倍なので、現在の感染者を2,000人としても今月末には2万〜3万人くらいはいきそうです。

少し前に書いた楽観的見方(春が来て気候が変われば下火になる)は期待できそうもないけど、せめて少し鈍化してくれればという淡い期待があるんですけどね。
科学者の意見も温暖気候になると下火になるという人と、その根拠はないという人に分かれている。
ピークはどこまで上がるのだろうか?
感染者が増えて人口に対して一定の割合に達すると、免疫の人口割合が増えてウィルスは沈静化する。
という考えは分かりやすいですが、そこまで広がると犠牲者は相当な数になる。
ワクチンができるだろうと言われている1年後まで、みなさん、なるべくかからないように乗り越えようね。

僕たちが気をつけることは何だろう?考えてみた。
抵抗力が落ちるような夜更かしや、過度の運動は避けた方が良いかな。
適度な運動と規則正しい食事・睡眠によって健康と抵抗力を養って、1年乗り切ろう。
人中に出るときはシーカヤックと同じように状況判断が大事、気がつかないうちに自分が感染している可能性もあるので状況によってはマスク着用。
使い捨てのマスクをネットに入れて洗濯し、ローテーションで回しています。
毎朝、体温を測っています。
組織で働く人は朝の検温が当たり前になってきたようですが、早めの治療と家族間の感染防止につながるからお勧めです。
とにかく手でいろんな物に触るので、家に帰ったら、仕事初めに、手洗いの励行で防御しましょう。
会社勤めがなければ、1年間田舎でのんびり暮らすのもいいなあ。

カヤックトレーナー開発への影響は?
内向きになる分、カヤックトレーナーの開発には力を注げるかもしれないですね。
完成したら「お家でシーカヤックマラソン大会」、やろう。

posted by エイ at 10:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2020年04月11日(Sat)

復活の日

今日のフィットネスはタイヤ交換でした。
自分の車はもう済んでいるので今日は女房の車のタイヤ交換です。
1時間弱かかったが小型車1台のタイヤじゃフィットネスとしては物足りない。
草むしりも少しやって午前中のフィットネスは終了でした。あせあせ(飛び散る汗)

つまらないこと調べるのにネットサーフィンしていたら、たまたま「復活の日」という題名が目にとまった。
小松左京 原作の小説で、細菌兵器のウィルスで世界のほとんどが死滅するという近未来SFを映画化した1980年の作品。
映画を無料放映しているGYAO!のサイトでつい見てしまった。
今見ると悪夢なのでお薦めしませんが、引き込まれるように全編見てしまった。
当時の好きな俳優がたくさん出ていて、それは悪夢の中の救い。
小松左京が原作を書いたのは1964年(昭和39年)らしいが、戦後の成長期にこの小説が書ける想像力はすごいと思う。

20200411-1.PNG

時代はさらにさかのぼって100年前の1918年、第一次世界大戦中の時代だが当時「スペイン風邪」が世界中を席巻し、日本でも当時の人口5500万人に対し約2380万人が感染したとされる。
死者は38万8,727人で致死率は1.63%だった。(Wikipediaより)
当時も今と同じようにマスクが不足して高騰するなど、状況が似ている。
ただ、今に比べて情報のスピードと正確さが異なり医療レベルも低いため、非常事態宣言下でも徹底した対策を取れなかったようだ。
今また同じことの繰り返しにならないよう、人々の行動が問われている。

しばらくは人と接触する機会が少なくなるけど、外の空気はきれいなので外に出よう。
自分自身に力をつけるチャンスだと捉えることができれば、有意義な時を過ごせると思います。
ウイルスの危機的状況が去り、また以前のように活動できる日が復活するその日まで。

アウトフィッターのお仕事の人も活動できずたいへんだと思いますが、政府の補償を利用して乗りきって欲しいですね。
なんか手続き面倒そうだけど、頑張ってね。
posted by エイ at 17:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2020年04月15日(Wed)

すてきなプレゼント

新型コロナウィルスのためにオールジャパンで考えて行動する。
好まざる人もその流れの中で行動しなくてはならない状況になってきましたね。
これから続く危機的な状態を乗りきるために制限されることがいろいろ出てくる。
そんな中で自分にできることを見つけたら、是非やってみると良いと思います。

毎年行っていた河北潟クリーン作戦も中止になった。
屋外活動なのでウィルス感染のリスクは限りなく小さいのに、なんでできないの?
周りの自粛ムードに押されて、というよう単純な話ではなく、
数々のイベントが中止されている中で数百人が参加するイベントは規模が大きすぎる、コロナとの闘いの気運をそぐ行動と判断したのだと思います。

屋外活動であるカヌーもやりにくくなった。
僕たち単独のシーカヤッカーでさえ、社会的配慮を求められている。
クラブ活動で集まることができないし、部活の設備も使えない。
ジムも使えなくなりつつある。
そんな状況でも運動不足解消は大事です。
部活やっているのだったら、こんな時こそ基礎体力を向上させる精神力が問われているかもしれない。
でもカヌーらしい運動もしたいですよね。
、とエルゴの方に誘ったりしますが、エルゴマシンは簡単に作れない。
エルゴマシンじゃないけど近々(ゴールデンウィーク前後あたり)に、何かすてきなプレゼントの企画が進行中です。
楽しみにしてください。
プレゼント

それとは別に、カヤックトレーナーも開発を加速していきたいと思います。
こちらはそんな早く出てこないので忘れた頃に出てきます。あせあせ(飛び散る汗)
posted by エイ at 07:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2020年04月23日(Thu)

外出制限下の運動不足解消に

がまんウィーク中のD.I.Y工作に、
良さそうなワークベンチを見つけた。
クイックバイスが組み込まれているので木材の固定が簡単そう。

20200423-1.PNG
面白い形の電動工具。
エイリアンの口のようだ。
誰が使うんだ?
20200423-2.PNG



長く続くだろう非常事態宣言
健康な人でも活動的な日常ではなくなっています。
ケアしないと知らず知らずのうちに体力が衰えてしまいそうなので、
苦痛にならない程度の運動で運動不足を解消しよう。

谷本先生の「超ラジオ体操」、「筋肉元気体操」
youtubeで見てください。



下半身を鍛え体を引き締める「ブルガリアンスクワット

おおっ、効く〜!
でも続くかな〜?
posted by エイ at 12:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2020年04月28日(Tue)

トレーナー製作の予定、ウミウシ型?

玄関先の花たちが満開。
そんなに手入れしていないのに、これだけ楽しませてくれる。
自然の多様性と生命力に感謝です。
IMGP1859.JPG

コロナも影響して早朝カヌーは開始せず「おうちで毎日」漕いでます。
エルゴ1号機を使ってエンジンだけ2号機仕様に変えた1.5号機で、汗出るまで20〜30分程度。
完成度を上げるテストを兼ねて漕いでいますが、弱めの負荷でも心拍140〜160bpmくらいのエアロビクス域まですぐ上り、いい状態になっています。
ベルトなど伝達系部品や発電モータも最終決定したので、エンジン部分の検討は終了しました。

カヤックトレーナーの全体デザインも、すっごくいい形になってきました。
2本の角が出ているみたいで「ウミウシ」を連想してしまいます。
新しい構想はフレームの上に付いたプーリーとエンジンの配置です。
エンジン部は縦置きになりフレームと一体化して、全体がさらにコンパクトになった。
C1バージョンは長いフレームを使います。
20200427-1.PNG
ハンガリーのエルゴマシンがこの形で、
キャッチの力のベクトルが斜め下へ降ろす方向になるとぶーみんさんに教えて頂いて、なるほどと思ったので取り入れました。
20200427-2.PNG
アルミフレーム材や板金の使用も考えたのだけど、少量生産においては木の加工性の良さ+ツーバイ材のコストメリットや表面仕上げを省けることなどから木で作る結論に至りました。
環境負荷が少なく室内使用時の家具との調和も良いですね。
廃棄する際は比較的簡単に金属部品と木に分解できて、95%は再利用できる環境配慮の製品です。

実はこれからが大変
組めば、それなりにトレーナーとして使えるのですがまだ半分です。
制御がまだアナログ式なことと、製品として出すためにやることが山積み。

これからの作業
・評価用の制御基板(マイコンタイプ)試作【技術系】
・評価用ソフトウェア【技術系】
・NCマシンのテスト【製造系】
   ↓
・評価用マシンを2台製作する【製造系】
・評価と不具合修正【技術系】
・設計の仕上げ【技術系】
・製品用制御基板の製作【技術系】
・製品用ソフトウェア【技術系】
   ↓
・倉庫・作業場の準備【製造系】
・加工治具の作成【製造系】
・第1ロットの製造(5台ほど)

そのほか
・ウェブサイト【どっちかと言えばどうでもよいけど、カッコイイの】
その後
・ソフトのバージョンアップとかトレーニング管理ソフトとか、
・ウェブサイトでレースの開催もしたいですね、これがホントのeSportだ。

技術的にはほぼ全て守備範囲ですが、NCマシンは初めてなので使えるまで時間がかかりそうです。
ワンマンなこととまだ本業のサラリーマンが続くので進みは遅いけど、体調に気をつけつつ頑張ります。
良いトレーナーになることはもう見えているので。
今年中に出します!

NCマシン(数値制御の加工機)
これまで3Dプリンターが活躍していましたが、これから先はNCフライス盤が主役になります。
CADでデザインした形状データから削り出しや穴あけ加工をコンピューター制御で行う物で、正確な加工が出来ます。
 (下の画像は「自作工房」さんからいただきました。)
cnc01-300x238.png
まだ組んでいないけど、わりと大型のNCフライス盤がずっと分解された状態で倉庫に眠っています。
そろそろNCフライス盤を組んで、GW中に試験運転まで行ければいいなと思っているんですが。あせあせ(飛び散る汗)

posted by エイ at 20:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | エルゴメーター