2015年09月24日(Thu)

能登半島先端部ツーリング

シーカヤッククラブの「秋のツーリング」として、能登半島先端部を廻るツーリングを行いました。

能登半島の先端にある禄剛崎(ろっこうさき)、木ノ浦を巡るこのルートは、以前から一度やってみたいルートでした。
東北から帰ったばかりだけど、昨日が気象条件が良く、このルートを漕ぐチャンスだったので決行しました。

木ノ浦付近の風景
IMGP0462.JPG
珠洲市の三崎から出て禄剛崎を廻り、木ノ浦まで能登先端部をぐるりと廻る12km。
150923-1.JPG

途中、金剛崎のランプの宿の入江に寄って休憩。
IMGP0469.JPG

禄剛崎灯台が見えてきました。(南側から北上中)
アンティークな灯台で、丸い屋根。
IMGP0470.JPG

禄剛崎灯台の下にテーブル状の岩場があり、そこで昼飯。
能登半島先端は、思ったより険しい場所じゃなかった。
IMGP0472.JPG

海が静かなときだけ、使用を許されるテーブルです。
IMGP0482.JPG

岩場には無数の穴が空いており、サザエを見つけた。
きれいですね。
IMGP0479.JPG

元の場所に返す。
IMGP0478.JPG

イグアナの背中のような岩の向こうがゴールの木ノ浦です。
IMGP0488.JPG

赤っぽい岩の断崖、
洞門があり、島根で漕いだ赤岩とそっくり。
IMGP0494.JPG

この海域は風波が立ちやすく、なかなか漕ぐチャンスがないのです。
穏やかな日に漕ぐことが出来てラッキーでした
posted by エイ at 22:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/164311445

この記事へのトラックバック