2017年09月26日(Tue)

写真とAI

今日の日の出

IMGP1340.JPG

朝夕の写真って難しいですね。
同じ時刻にとった2枚目の写真は、白けてしまいました。

IMGP1341.JPG

1枚目は明るいところでシャッター半押しして露光をきめた。
カメラ音痴の僕でも、それくらいはなんとかできます。

2枚目はカヤックのところでピントを合わせたから露光も暗いところで決まったんですね。
それで明るい空が白けて飛んでしまった。
デジカメにはマニュアル露光モードみたいな機能もあって、それを使えば良いのだろうけど、そこまで使いきれないのでした。

AI(人工知能)で何とかならない?
シャッター握っている持ち主がどんな絵を欲しいか、推測して露光もピントもバッチリの写真が撮れるAI。
でも悲しいかな、AIは人の心は読めないです。

ところで、AIが導き出した結果は、なぜその結果になったのか、コンピューターの開発者でさえ分かりにくいそうです。
なぜなら論理思考によって導き出しているのではなく、様々なパターンを大量に学習することによって熟成された知恵のようなものだから。
AI, 何考えているの?
分からないまま判断が下るのは、ちょっと怖い話ですよね。
この"AIの判断過程の不透明性についての問題"は、まさに問題であるので、
AIというブラックボックスの中で起きている判断を、明確に分かるようにする研究も進められているようです。
posted by エイ at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181105090

この記事へのトラックバック