2017年09月29日(Fri)

暁の色が出ないデジカメ

冷えました。
けど13℃なので、衣類は夏と変わらず。
10℃切るとさすがに寒いですが、まだまだです。

今朝の日の出前の写真です
IMGP1345.JPG

雲が暁の色に染まってきれいだ、と思って何枚も撮ったけど。
写真を見ると、普通に朝焼けの様子が分かるだけ。

もっと濃いピンクで輝いていた美しい雲。
隠れた太陽の位置から発する放射状に延びているあかね色の濃淡。
その暁色、あかね色が、全く表現できていません。
カメラの使い方を知らない。
もっとナチュラルでそのままの色を残したい。

帰ってカメラの撮影モードをチェックすると、撮影モードがAUTOになっている。
ホワイトバランスが触れないので、調整しようがないってことで、プログラムモードに変更しました。
この防水デジカメでどこまで表現できるのか?
今年あと何回撮影できるか分からないけど、カメラ音痴なりにいろいろやってみます。

ところで、カメラの設定を触っていたら"超解像"というモードがありました。
これってハッブル望遠鏡の解像力を上げた技術ですね。
つまり、レンズの能力ではボケてしまったり、ノイズがたくさん入っちゃった写真も、同じ写真を複数枚撮影して重ね合わせることにより、ノイズを抑え込みエッジを鮮明化する。
ノイズだらけのボケた写真をシャープにくっきり見せる技です。
安いデジカメにも付いていたので、ちょっと驚きました。
カメラはPENTAXのWG-3ですけどね。(今はリコーブランドで、シリーズ最新型はWG-50になっています)
このカメラは防水タフネスでありながら1cmの超マクロ撮影が可能という、面白いカメラです。
posted by エイ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181132519

この記事へのトラックバック