2017年10月29日(Sun)

前カメラからの漕ぎ動画

前カメラから自撮りしてみました。
今はこんなフォーム、まだ直したいところがいくつか見えます。

スタート時 VS 30分後の比較

posted by エイ at 08:44 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー
この記事へのコメント
良いフォームだと思うけど まだ直すところ
あるんけぇ? おいら坐骨神経痛との闘いに
なってきました・・・お年頃なり(笑
Posted by 00bora at 2017年10月31日 10:07
自分の理想に近づいてはいるけど、押し手がブロックする形になるのが間に合っていなかったり、
漕ぎ急ぎの傾向があって貯めがない。
漕ぐときにパワーを貯めてグンと押し下げる感覚をつかめれば完成に近いと思います。

この表現が何を言っているのか分からない場合もありますが、
イギリスのオリンピックコーチが一般カヤッカー向けに解説したビデオに基づいて自分のストローク理論としています。
1〜2時間ほど器具を使いながら説明すると何となく分かってきます。

フォワードストロークの理論は先生によって自分なりの表現で説明するので、生徒は混乱しやすいみたい。
例えば、「押し手は押さない」とか「引き手は引かない」とか、いきなり言われてもわけわかりませんけど、イギリスの先生はその意味を上手に説明してくれました。
いい先生に出会えたと思っています。
Posted by エイ at 2017年10月31日 12:02
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181422265

この記事へのトラックバック