2017年12月23日(Sat)

2号機のポテンシャルとデモの予定

新しいクラッチを1号機で毎晩テストしています。
自分の方じゃなく機械の耐久試験なので頑張って漕いでます。(*^。^*)
ロープの滑り止めに様々なゴム材料を試した結果、いいクラッチができました。

今週は2号機のエンジンのテストを始めました。
カヤックエルゴとしての性質はエンジンで決定される。
この最重要部分で1号機との大きな違いは”コントロール”です。
負荷の強弱を電子制御できること。
まだ2号機の試作は作っていないけど、1号機のエンジンを改造してテストをしました。
新エンジンを試した感触は?
20171223-1.jpg

高いポテンシャルを感じました。
いい!(何が良いのかは、別の日にゆっくりと説明するね)
すごい!(何がすごいのか、デモ機ができたら体験してほしい)

これならだれにでも使ってもらえるマシンが作れそうだ。
2号機の大事なところをクリアしたので、今後のスケジュールを決めてしまおう。

ベーシックなカヤックエルゴは2018年の6月までにデモ機を完成する。
6月の岩地のレースに持っていってデモの反応を確かめる。
そこでさらに改良かそのままでよいか判断する。
おそらく9月ごろには受注開始できるのではないか。
そしたらすでに手を挙げている人から順に確認していきます。
最初のモデルはコンピューターは載せず、カヤックエルゴとしての基本機能のマシンです。
(後から出る上位機のコントローラーに組み換えも可能とします)

コンピューターを載せた上位機は翌年2019年の秋くらいか?
(タッチパネルで負荷調整を行い、高度な負荷プログラムを実行可能)

2号機を待ち望んでいる方々、もう少しです。
posted by エイ at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/181900171

この記事へのトラックバック