2018年01月06日(Sat)

作業テーブル

作業台を作っています。
木工の練習も兼ねて、木組みをしてみました。

20180106-1.JPG

2400 X 1200 という大きな作業台です。
単純な溝掘りではめ合わせする木組みです。

溝彫り用のルーターも買ったのだ、ジャーン!
1343_1_thumb.jpg
マキタや日立の電動工具も検討したが、集塵アダプターが付くものが欲しかったのでリョービ製になりました。
木工をやると木くずがたくさん出るので、集塵機を連結できる工具はありがたいのです。

ちゃんと作れるんだろうな。
はめ合い加工は寸法通りに作って良いのか?
少しきつめに加工して、ハンマーでたたいて入れ、木の収縮性を利用すれば良いのか。
そもそも木工に公差とかの概念があるのだろうか?
勘と経験の世界?
posted by エイ at 21:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182059705

この記事へのトラックバック