2018年02月10日(Sat)

スパイスを効かせる

最初に心理テストで遊んでみましょう。
次の水彩画の中にカヤッカーが見えますか?
20180210-1.PNG

こんな抽象画にカヤッカーが見える人は、たぶんカヤックをやりすぎて病気になっていますから、神経内科を受診した方がよいかもしれません。(笑)

では本題に入って
電子回路を検討するときに、ツールの助けを借りることがあります。
今回紹介するのは SPICE というツール。
電子回路のシミュレーターです。
最初に出てきた絵は、SPICE ツールの一つ LTSPICE の起動画面に出る絵です。
回路設計ツールにこのような絵は変かもしれませんが、作者に何か思いがあるのでしょうね。

SPICEは普通は使わないけど、アナログの少し複雑な回路では便利です。
カットアンドトライで実際に回路を組んで修正を繰り返すよりも、机上でシミュレーションしてから回路を組んだ方が早道な場合があります。

Spice_1.png

回路図に部品を配置してシミュレーションを開始すると、知りたい場所の信号がグラフ表示される仕組みです。
重宝します。
カヤックエルゴの回路設計にも使用しています。

あ、僕はあの絵を見てすぐカヤッカーを見つけました。
その後でスキーヤーも見つけました。

−−− 追記 2018年2月6日 −−−

研究者の尊敬したもの
冒頭の絵は「アンティキティラ島の機械」と呼ばれており、1901年にアンティキティラの沈没船から回収された機械の絵です。
紀元前150 - 100年に製作されたと考えられており、複雑な技術工芸による最古の計算機らしいです。
用途は、天体の位置を予測するためのアナログ天文計算機もしくは太陽系儀らしい。

20180216-1.jpg

LTSPICEの開発者(アメリカ人)が大昔の計算機を見て尊敬の念を抱いたことで、LTSPICEの画面に表示することにしたそうです。
他者の偉業に触れて、刺激を受けることは良いことですね。
やがて尊敬の念が自身のモチベーションにもつながるのだと思います。
posted by エイ at 15:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182381215

この記事へのトラックバック