2018年02月24日(Sat)

もうすぐ春ですね

冬ごもりももう少しです。
多分、3月初旬にあと1回雪が降って、その雪が溶けたら春です。
エルゴ漕ぎは日に20分足らずなので、体はブヨブヨになまっています。

冬の間パソコンに向かう時間が長くなり、時代遅れのパソコンが気になってきた。
自宅のデスクトップパソコンはグレードアップしてご機嫌になったのですが、10年前のノートパソコンが3台ある。
仕事用、自分用、家の共同マシン、メモリは最大で1G〜2GBなのでWindows10の時代には少し古すぎる。
最近は起動にずいぶん待たされるようになった。
またしてもMicrosoft社の都合で色々と機能を付けて Windows10 が重たくなった。
新しい機能は要らないから、軽くサクサクと動いてくれよと言いたいが。

つぶやいても何も解決しないので、中古をオークションで購入しました。
zcwxha1541-img1200x900-1516522783bobuca11607.jpg

2013年あたりの Panasonic レッツノート シリーズの CF-NX2 という機種。
CPUがCore i5-3340Mというなかなか高性能なパソコンで、手ごろな中古が出回っている。
ハードディスクがSSD(半導体ディスク)になっているのを選んで購入。
売り手がWindows10にアップグレードして、SSD搭載で、待たされることなく起動してくれます。
今の新品ノートパソコンに見劣りしません。
3台使うので、2~3万円の程度の良さそうなのを3台落札しました。
内2台はLTE電話回線のSIMを搭載してモバイルネットワークに接続できる。

しかし、1台がネットワークケーブルを認識しないトラブルがあった。
分解して交換するバーツを見つけます。
同じ機種が3台あるので、パーツを交換しながらチェックすると、どこを交換すれば良いのかが分かる。
といっても分解はリスクがあるし、ネジをたくさん外すので、どれがどのネジかメモっておかないと後が大変です。
IMG_20180223_115739.jpg

小さい基板に故障があることが分かりました。
オークションで壊れたパソコンを安く売っているから、それからパーツを取り出して交換することにしました。

次の工作は、以前作ったモバイル・オシロスコープのDSO138で入力アッテネーターを試します。
DSO138はDIYで作った小型でバッテリー内蔵の機動性が優れるオシロスコープです。
しかし電圧レンジが最大5V/DIVなので、AC100Vの波形観測ができない。
そのため、10:1プローブを製作しましたが、なかなか大変な工作でした。
先日、小型で良さげな20:1アッテネーターを見つけたので、速攻で購入。
アッテネーター(減衰器) Aliexpressで $5.99 (約650円)
attn1.PNG
入力のBNCコネクタとプローブの間に簡単に挿入できます。
5V/DIVのレンジが100V/DIVになるので、AC100Vも楽々観測できます。
アッテネーターの耐圧が300Vなので、AC200Vまでは何とか使用可能です。

IMG_20180223_163044.jpg

この大きさなら何とかカバーの中に収納できます。
これは電子技術者の七つ道具、出張用として使えます。

IMG_20180223_163353.jpg

posted by エイ at 11:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182490811

この記事へのトラックバック