2018年04月07日(Sat)

ありゃ、穴が!、腰が、やっつまった。

先日の木場潟NTC見学の時に仲間から指摘されて初めて知ったのですが、S18Rに穴が開いていました。
3cmほどの穴が喫水線よりやや上に。

こんな穴に気付かないなんて、ひどいオーナーだ。
IMG_20180329_084304.jpg

たぶん昨年の終わりごろに陸上でぶつけたときですね。
その時は「だいじょーぶかな〜」って見たつもりだったけど、死角だったかこんな穴を気づかずにいたんですね。

場所的に水の侵入だけ止めればよいので、FRPのパテで埋めてゲルコートを塗ることにしました。
修理には慣れていませんが、FRPのパテは細かいシリカの粉を入れて作ります。

IMG_20180329_084321.jpg
この塗装用パレットは3Dプリンターで作成した自作です。
小さなカップのサイズに合わせて作ってあります。

パテを押し込んで固まるのを待つ。
IMG_20180329_084952.jpg

盛り上がったパテをサンダーで削る。
マスキングテープで養生してゲルコート(白)を塗ります。
ゲルコートもFRPと同じように硬化剤と混合させて作ります。
IMG_20180401_141709.jpg

紙やすりで表面を磨いて、目立たなくなりました。
跡も分からないくらい綺麗に直す人もいらっしゃいますが、そこまでは出来ません。
IMG_20180407_092052.jpg

2つ目の「やっつまった」

土手の桜もだいぶ咲いてきました。
IMGP1457.JPG

桜の写真を撮りながら漕いでいると...、上流から「どんぶらこ、どんぶらこ」と流れてくる物が、
IMGP1458.JPG

いや、波がないので静かに漂っていたのですが、それはゴミでした。
IMGP1460.JPG

肥料袋にゴミを入れて川に流したのか、風で飛ばされたのか。
今年のゴミ回収第1号です。
デッキに載せる前に水を抜かないと重くて上がらない。
少しずつ水を抜いて、軽くなってから揚げました。

この時は気付かなかったけど、桟橋に上がるときに腰が痛いことに気付く。
やっつまった!
水を抜くときに無理な姿勢で袋を持ち上げたからだ。
腰痛をこらえて、何とかカヤックを車まで運ぶ。
これで3日間、腰の養生です。

気をつけないといけませんね。
カヤックに座ったままの作業というのは、慣れていないですから。
「支点と力点、作用点」、腰に変な力がかからないように、掴んだ手を引き寄せて腰に近い位置で持ち上げるように気をつけます。

posted by エイ at 10:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/182820747

この記事へのトラックバック