2018年10月03日(Wed)

余裕の、余裕の、調整

三陸シーカヤックマラソンの延期!
熊野シーカヤックマラソンは見送ることになりそうでしたが、三陸シーカヤックマラソンが台風の影響で延期されて、熊野と同じ開催日になったため自動的に行けないことになりました。
秋のレースは三陸シーカヤックマラソンの一本勝負です。

今年は気象の変動で生活のリズムが悪いのか、何事も進みが遅くてカヤックエルゴの改良も進んでいません。
チコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」って叱られそうです。
みなさんはいかがお過ごしでしたか?

そんなこんなで、しばらくぼーっと生きてきたけど、早朝カヌーだけは順調にこなしていました。
9月のサラリーマンの朝活スタンプ
20181003-1.JPG

いろいろなソースから見聞きしたストロークの技術を自分なりに整理して取り組んだ。
競技経験者が一般カヤッカーに教えるクリニックで(外国の動画)は、教える方の教え方が下手だということも分かってきた。
フォワードストロークにはいろんな要素があって一度に教えられないし、表現方法も人それぞれのような?
人によって表現が違うだけではなくて、指導者は長年の選手生活を送ったのでもはや初心者のころに戻れない。
つまり学ぶ人にとって大事なところや強調すべきところを当たり前としてスルーしてしまうこともあるのではないか?
そして何より難しいのは、上手い人の動きを真似てもダメみたいなんです。
どこを意識して漕いでいるかまで分からないといけない。
そのように伝え方が難しいみたいですが、今年後半は少し分かってきた感じで成長したかもしれない。
そこまで来てやっと指導者がいろいろと言っていることが人によって違っても、それはジグソーパズルのようなストローク理論のパーツであって、その一つ一つが収まって正しい方向に理解していることが分かる。

でも理解できたからといって、すぐに出来るわけではない。
体幹をひねるパワーを上体が逃さないようにパドルへ伝える、そのように筋肉が連携する所まで練習が必要のようです。
たぶん、そこまでできて初めて真に理解できる。(それじゃあどうやって理解できるようになるの?)
そこが体感しながらレベルアップする難しい所ではないかなと思います。

正しいストロークは、多分、体への負担が少ない → つまり練習で故障することもない漕ぎ方。
だから練習を続けられるし、真に理解できれば速くもなる。
3年後に「ワールドマスターズゲームズ2021関西」があることを知ったので、今後はそれに向けて練習します。
また未知の自分に出会うことが出来れば良いですね。

特に速くなったわけでもないけど、こんな風に練習の方向性が定まったので余裕を持って練習しています。
週末の三陸シーカヤックマラソンへの調整は休養とりながらの余裕の調整です。
と、余裕こいていたら台風25号で月末に延期になりました。
風が強そうだなあ、湾内の周回コースになるかと思っていたけど延期とは!
延期ができる運営の柔軟さは素晴らしいです。
予定が立たなくなった人は災難ですけど。

延期でさらに余裕ができて、余裕過ぎて足踏み外すかもしれませんね。
posted by エイ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184573457

この記事へのトラックバック