2018年11月03日(Sat)

漕ぎ急ぎすぎだった

2018 三陸シーカヤックマラソンin宮古の動画(ダイジェスト版)です。

自分の漕ぎフォームをチェックするのが目的で撮った動画なので、カメラはスターンに設置しました。
近くにカヤックが見えるのは序盤だけです。
予想よりずっと早い段階でシーカヤックの先頭に出てしまい、後はほとんど自分の漕ぎしか写っていません。
できるだけ短く編集したけど20分近くになってしまいました。
(主演・監督:エイ、助演男優賞:SK-X, RAZOR、友情出演:UNOMAX, Waterman, ESCAPE, SK-1, ウインドソロ, Nelo520, PAX18  他)

カメラはSonyの HDR-AS50R で、2時間の宮古のレースを収録できるという理由で選定したカメラです。
出艇時に録画を開始すると最後まで収録できない可能性もあるので、海上でスマホからのリモコン操作で録画をスタートします。



スタート後に落ち着いてから、序盤はいい漕ぎをしていたようです。
しかし、まだ自分の漕ぎになっていない。
全体を通して次第に漕ぎが小さくピッチが早くなって、これでよく最後までもったと思います。

今回は、なんと自分がシーカヤッククラスの先頭になったため、先導艇がつきました。
コースは円柱形のターンブイを左に見てターンすることと、三角錐のフロート間をゲートとして抜けることが基本。
ただ、行きも帰りも同じゲートを通過するルールになり、行きだけ通過するとか漕ぎ手が勝手にバリエーションを作ってしまいそうでした。
そのため先導してくれたのはたいへん助けになりました。

もう少し寄ってくれれば引き波に乗れた...それは当然、運営側も考慮済みですよね(´。`)
でも内緒の話、僅かな時間乗れたときもあったのです。
逆に、先導艇のスクリュー渦が余計な負荷になることがあったかもしれない。
どちらにしろ50m以上離れて先導しており、些細なことなので気にしない。


感想
そよ風の穏やかな日で、こんな波のない宮古は初めてでした。
シーカヤック10kmの上位は5分後スタートにも関わらず17kmの上位にまで迫る力があり、この人たちが17kmに出れば面白いレースになったでしょう。
日出島の波ってそんなにきついかな?過大評価していない?
波が大きければ今回のようにコース変更もあるので、17kmのクラスに出ればいいのでは?
来年はどのクラスにエントリーしてくるのか楽しみです。

自分の漕ぎは、恥ずかしいほどせっかちに漕いでいて、もっと大きく体を動かして力強いストロークが続けられるようしたいです。


posted by エイ at 10:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
おめめ にゃんと おつでしたぁ!
Posted by おおぼら at 2018年11月03日 17:10
なんとなく分かるような?
あんやとね。
Posted by エイ at 2018年11月03日 18:46
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184845760

この記事へのトラックバック