2018年11月10日(Sat)

環境配慮のウェットスーツ

ウェットスーツを買いました。
冬の海に出ようっていうんじゃなくて、春・秋の寒い日のツーリングや沈するトレーニングに備えてです。

千葉でガイドをされているシックスドーサルスの藤田さんに教えてもらったパタゴニアのウェットスーツです。
藤田さんは海岸の漂着物調査など自然環境への造詣が深く、KAYAK~海を旅する本」に記事を寄せています。
普通はウェットスーツの生地にネオプレンが使用されているが、パタゴニアはユーレックスという天然ラバーの素材を使用し、ネオプレンは使用しない。
ここまでやるかと言うほどの環境配慮と品質を追求する会社は、他に知りません。

DSC_0074.jpg

なるほど、厳しい社内基準というものがあるんですね。
だから信頼され愛される会社であり続ける、見習うところです。
そのかわりちょっと高いけど、買ってみました。(パタゴニアショップまたはAmazonで販売中)
R1という一番薄いタイプで生地3mm厚の春・秋用で、これなら動きやすいと思って選びました。
フロントジッパーでかっこも良いです。
膝の部分はファブリックの生地で補強されています。
88479_BLK.jpg
体に密着するタイプなので、最初は着るのが大変でした。
もう一つ上のサイズだったかな?と思いがら、強引に延ばして着る。
伸縮性が高いのですごいフィット感、窮屈さは余り感じなくて良かった。
サイズは合っていたようでホッとしました。
着ただけで汗が出てくるのですぐ脱いだ。


もう一つの買い物は以前から欲しいと思っていたオーシャンレース用のPFDです。
南アフリカの Mockeというメーカーで "Mocke Racer PFD"という商品。
大きな浮力を確保しつつ、通気性と動きやすさを備えている。
大きな胸ポケットが中央にあり、背中にもキャメルバックが収納可能。
他のPFDに比べてちょっと割高です。
国内で販売してくれるショップを探してセントラルサーフクラブさんに聞いてみたところ、この商品の取り扱いを開始して頂きました。


20171128-1.PNG
先日の三陸シーカヤックマラソンin宮古で初めて使用してみて、動きやすかったと思います。
興味ある方はセントラルサーフクラブに問い合わせて下さい。

posted by エイ at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー
この記事へのコメント
PFD頼んじゃいました。今年は暑さで参りました!
この年になるとホント体温調整が出来ません。
いいタイミングで欲しいものを紹介して頂き感謝です。
Posted by サトジュン at 2018年11月14日 20:28
PFDお買い上げ、ありがとうございます。
きっちり装着するPFDとは発想が違うみたいで、オーシャンレース用はゆるい感じ。
セントラルさんも仕入れたものの売れたのが1着だけだと赤字ですからね!
せめてここでPRしておかないと。

ホント、暑いと短時間でへばっちゃいますよね。
来年はせめて平年並みにして欲しいです。
Posted by エイ at 2018年11月14日 21:13
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/184904180

この記事へのトラックバック