2018年11月25日(Sun)

マカオのゴンドラ

社員研修旅行で香港・マカオへ行ってきました。

ジャッキー・チェンの手形に手を合わせてみました。
筋肉がしっかりしたメリハリのある形でした。
他にも有名人の手形を置いてありますが、ブルース・リーの手形はありません。
IMGP1600.JPG

MTR(地下鉄)の座席は、パールのような表面で滑る。
この材質、カヤックのシートに欲しいと思った。
IMGP1615.JPG

お寺門には玉を持った龍がいます。
日本では狛犬ですね。
IMGP1597.JPG

昔はエビ漁に使っていたという帆掛け舟の漁船「ダックリング号」
修復してエンジンを積み、観光船として働いています。
この船で1時間ほどの夜景ツアーに出かけます。
IMGP1636.JPG

豪華ディナー付き大型クルーズより、小型船の方が面白い。
適度に揺れるし水面も近いし窓ガラスもない。
ダックリング号からの夜景、8時から10分間は高層ビル街を使ったレーザーショウが始まります。
DSC_0031.jpg

DSC_0027.jpg

香港からマカオに高速船で1時間で渡り、IR(統合型リゾート施設)を体験しました。
マカオにはIR(統合型リゾート施設)が立ち並んでいます。
カジノ、ホテル、ショッピング街に併設して、アトラクションで客を楽しませます。

IRの一つ「ベネチアン」の3階に作られた水路はベネチアのような雰囲気を作っていました。
ゴンドラのターミナル。
近くの店でチケットを買って乗ります。
ゴンドラ体験は料金が135香港ドル(約2,000円)。
全長200mくらいの水路を往復します。
DSC_0051.jpg

DSC_0050.jpg

DSC_0049.jpg

波がないので、船頭は自分で揺れ具合も調節しながら漕ぎます。
ブランコのように揺すられても怖さはありませんでした。
DSC_0048.jpg

天井に空を描いて、外にいるような雰囲気を作っています。
DSC_0047.jpg

ゴンドラはいい船でした。
船頭は陽気なイタリア人のアドリアーノ。
僕らが揺れに平気だったので、大サービスなのか揺する、揺する!
客を乗せるのが上手です。

すっかり乗せられて3人で合唱になりました。
曲は「サンタルチア」「ジンギスカン」。

とても良いやつでした。
2日後にイタリアへ帰る様なことを言っていた。
DSC_0053.jpg

たぶん、本場イタリアの船頭なんでしょう。
呼ばれてしばらくこちらで仕事をして戻るのでしょうね。
posted by エイ at 21:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185070371

この記事へのトラックバック