2019年01月28日(Mon)

エルゴ大会の報告

「第1回 エルゴ選手権大会」に参加してきました。
カヌースプリントの若い指導者たちが中心になって立ち上げた「一般社団法人カヌーホーム」が主催した大会です。
書くことがいっぱいあって書き切れませんが取りあえず結果報告から。

大会の会場は埼玉県の「ララガーデン川口」というショッピングセンター内のイベントスペース。
観衆はショッピングセンターにお買い物に来ている人たち。
たまたま通りかかった人たちは、初めて見るスポーツに驚かれたことでしょう。

8台のマシンと大型モニターが並び、オープンな会場でレースが繰り広げられました。
種目は中学生からマスターズまでK-1, C-1 のスプリント。
傍らに体験用のマシンも置かれています。
ergostart20180126-2.JPG

モニターには各レーンの位置と艇速が表示されます。
ergostart20180126-3.JPG

私はK-1 1000mマスターズクラスに参加しました。
早めに来て自分のレース順を待っていたら8分間隔なのであっという間に順番が来て慌てて靴と上着を脱いでセッティング。
フットはそのまま、前の人と互換性ある足の長さでした。
パドルを引いてみると意外に重く、ロープを戻すバンジーも強い張りのようでした。

カーボンのパドルにはセンターに印がなく持ち手が偏ってしまった。
デンマーク人のスタッフから偏っているとジェスチャーで教えられる。
予選は2レースで各6名ずつ12名が参加した。
隣のレーンには2年前のマスターズ世界チャンピオンが居ました。
こんな人たちとレースができるのは光栄ですね、いよいよスタートです。

練習している負荷より重たくて1/3でパワー切れで苦労しましたが何とか1000m漕ぎきりました。
後で分かったけど負荷の重さは自分のパワーを発揮しやすいように調節しても良かったんです。
例え決勝に残ってもリタイヤしたいくらい疲れましたが、そんなおバカな心配する必要なく決勝の8人には残りませんでした。
しかし12人中9位で危ないところでした。

50618159_627646014366952_7992638523846950912_n.jpg

選手紹介でこの方が登場すると会場からどっと歓声が上がって、手を上げて答えていらっしゃいました。
スプリント界の有名人なんでしょうね。
ergostart20180126-1.JPG

恐るべきパワーの持ち主でした。
20190128-1.JPG

負荷の力と引く速度によって出力つまりエンジンの馬力が出ます、これをワット単位で表した物。
私の1000mの時は88WATTなのでどれだけすごいのか想像できます。
マシンに入力した体重とワット数に水の抵抗パラメーターを考慮して艇速が計算される仕組みのようです。

以前、エルゴのワット数表示については自作エルゴで検討した記事があります。
その時に予想した数値とほぼ同じような値が出ています。

予選落ちでしたが年齢別の表彰を受けました、ありがとうございます。
Ergo2019_Masters_1jpg.jpg

最後にジャンケン大会でスプリント艇のスプレースカートをいただきました。
ちょうど欲しかったので嬉しい。
posted by エイ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185419714

この記事へのトラックバック