2019年02月02日(Sat)

エルゴの講習会

エルゴ選手権大会の翌日はエルゴの講習会でした。
場所はボート競技のメッカ、戸田漕艇場のある公園の事務棟です。
端から歩いて行くと大学の艇庫が立ち並び、その先に建物がありました。
ボートコースは思っていたより長い直線コースでした。

DSC_0101.jpg

今回の講演者はフィン・ラーセンというデンマークのクラブコーチで多くのトップ選手を育てた国際的にも有名な方です。
エルゴの使い方やトレーニング方法を教わるのかなと思っていたけど、お話の内容は.....
デンマークでの子どものスポーツ教育がどういう仕組みになっているかという話から始まり、
長いシーズンオフのトレーニング内容に関することが多かったと思います。
集まったスプリントカヌーの関係者にはとても参考になる話だったと思いますが、
一流のアスリートを目指すためにどうしたらよいかという話なので私にはほとんど「馬の耳に念仏」でした。

約半年のシーズンオフは漕がずにウェイトトレーニングとエルゴでのトレーニングになります。
ウェイトトレーニングはプッシュとプル何Kgを何回何セットとか、エルゴは高負荷/低負荷/休みをそれぞれ時間設定して何セット行うとか。
時期や年齢によってメニューも変わります。
特にエルゴはウェイトトレーニングとしても利用できるし選手の能力向上を把握しやすいのでトレーニングの中心的な存在のようです。

日本のスプリントカヌーを何ヶ所か見て回られて、選手の技術は充分教え込まれて問題ないそうです。
もっとウェイトトレーニングに力を入れた方が良いとアドバイスされていました。

ダン・スプリントさんからエルゴのトレーニング方法でちょっと変わった漕ぎ方を教わりました。
パドルを持って腰の位置で固定して脇を締め、腰の回転だけを行うトレーニング。
脇を締めて腕は体側に固定して全く動かしません。
これを30分やれと言われていました。(会場から笑いが)
自作エルゴを使って実際にやってみると、支える腕も疲れるし結構きつい運動でした。

普通に健康スポーツとして行う場合とは、全く別の世界の話でした。
なんとなく内容は分かったので、後で自分にも取り入れるところがあるかどうかビデオを見てみよう。
すべてビデオに撮ったので、県のカヌー協会にでも見てもらおうか?

感想としては、講習会の対象では無かった者がたまたま場違いな世界の講習会場に入ってしまった、みたいな感じ。
いつものトレーニングで、気がついたら講習の話と合点のいくことがあれば良いなと思います。

posted by エイ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185476300

この記事へのトラックバック