2019年04月07日(Sun)

ぶり大根

桜も咲き始めたけど、まだ水上に出ないでエルゴを漕ぐ日々です。
なかなか仕事が忙しいので、水上に出る余裕がない。
なので弁当の話でも書いてみます。

会社の昼飯は自前の弁当です。
以前は外に食べに出ていたけど、自分で作った弁当を食べるようになって何年経つか?

なんでこうなったかというと、根底にあるのは高血圧な体質による食事制限です。
弁当を自分で作るようになるまでいろいろありました。
医者から血圧高めなのに塩分を取り過ぎだと言われ、外食でもラーメンは避けていたが、やはり外食では塩分を取り過ぎてしまう。
しばらく配達弁当も試したが、減塩弁当でもまだ塩分が多いのでとうとう自前の弁当になった。

弁当のおかずは家族と同じ味では減塩にならない。
自分の分だけ別に作ってもらうのは大変な手間なので(と言われたので)、自分でおかずを作ることになったのです。
日曜の夜は3,4日分の弁当のおかずをまとめて作る。
と言ってもパパッとできちゃう物で済ませます。

最近、ぶり大根が定番料理になっている。
この料理は段取りがとても楽でありながら、栄養価も高い。
さして減塩ではないのですが醤油少なめ、ショウガを多めに入れて作ります。
ぶりの油にはEPAが多く含まれ、老化防止になる食品であることも定番になった理由です。

材料はぶりのあら、大根、ショウガ、醤油、みりん、酒、今回はカジキマグロの切り身も追加。
僕のぶり大根はショウガをたくさん使うのが特徴。

DSC_0085.jpg

コップいっぱいの水に醤油、みりん、酒を加えて加熱したら、ぶり、ショウガ、大根の順に入れて弱火で3時間ほど煮込む。
ショウガは大根おろしに付いているスライサーで薄切りにしてどんどん入れる。

ぶりあらはスーパーでカット済みなので、ほとんど下準備なしでどんどん煮込むだけの料理。
煮込みが弱いと大根に青臭さが残るので、味がしみるまでトロ火で煮込みます。
大根の汁に浸かっていないところがあれば回して全体に味がしみるようにする。
大根の色が変わってトロトロになったらぶり大根は大成功です。
忘れてた、後半ごろにネギを入れるといい香りになり味もグッと良くなります。

冷蔵庫に入れておき、一食分ずつパックして会社へ持っていきます。
お米は玄米か15穀米のレトルトパック、カットキャベツのサラダも。
贅沢ではないけどかなり栄養価の高い昼飯になっていると思います。

posted by エイ at 23:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/185828003

この記事へのトラックバック