2019年09月12日(Thu)

秋の台風大通りは太平洋側

台風15号による千葉県の甚大な被害が伝えられています。
こっちは台風接近で少し蒸し暑くなっただけだったので実感がないのだけど、想像を絶する風の強さだったようですね。
今回は大変でしたね、お見舞い申し上げます。

気象の状態が東海・関東付近を台風が通過しやすくなっています。
この後も毎週、台風が近くを通過しそうなので、備えていただきたいと思います。

気象予報士ほどの知識はないのですが調べ方は研究しているので、この先の台風予想を見てみましょう。
気象庁ではなく 米国海洋大気局予報  が発表している風向・風速・気圧配置予想では2週間以上先の予想を見ることが出来ます。
まず GPV気象予報 のページに移動して  @の [米国海洋大気局予報] をクリックし、表示された画面でAの[地表面風向風速・気圧]をクリックする。

20190912-1.png

画面の上のバーを動かして日時を移動してみます。
今度接近するかもしれないのが9/17ごろ
20190912-2.png

次週9/23とその次の9/28も台風か低気圧の接近あり
20190912-3.png

20190912-4.png

まだ発生の芽すらない台風の予想なので、先の予想ほど確率は低くなると思いますが、近くに台風の通り道ができていることは間違いないようです。
毎週のように、東海・関東に台風が接近する可能性があるので、みなさん気をつけてね。

台風の通り道とは、
台風は高気圧の縁とか気圧の谷間に沿って進むので気象条件によって進む道ができます。
日本海側、大陸側の高気圧の勢力が強いため通り道がいま太平洋沿岸付近にあるようです。
気圧配置が予想と変わってくれば台風のコースも変わるけど、連続してくる台風にみなさんご用心!

posted by エイ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186548000

この記事へのトラックバック