2019年10月17日(Thu)

嵐のち晴れ

台風19号は日本各地に大きな被害をもたらしました。

数年前から雨の瞬間降雨量が激しくなっています。
地球温暖化にともなう地球規模の気候変動によって日本の気候も温帯性気候から亜熱帯性気候に変わってきたようです。
従来の気候に合わせた治水ではハードウェアが間に合わなくなって川が氾濫します。
災害の被害を最小限にするため、危険を早くから察知して非難する仕組み、あるいは住民の意識が必要だと思います。

土地が居住に適しているどうかの判断基準も変えなければ。
地球温暖化は一部の科学者のでっち上げだなどと言っている政治家・評論家は、いつまでそう言い続けるのか?
この事実を見て、せめて今は声を潜めなければならないでしょう。

今朝はきれいに晴れました。
このアングル、ちょっと面白いですね。
IMGP1737.JPG

やはり雲は少し出ている方が空がきれいだ。
IMGP1738.JPG

それほど冷え込んでいないけど、まだ水温が少し高いので気嵐が出ていました。
越冬のカモがたくさん飛来しています。
カモ類の生活を脅かさないよう、この時期はカヤックは本湖まで出ずボートコースの1500m区間の往復になります。
IMGP1741.JPG

日の出がきれい。
カモの群れが、カヤックの接近で飛び立ったのだろうか?
だとしたらごめんなさい。
IMGP1752.JPG
posted by エイ at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/186691152

この記事へのトラックバック