2020年01月11日(Sat)

バリーのオーバルハッチ互換カバー

昨日は近畿方面の出張でしたが、帰りの車窓から富士山のような山が見えました。
えぇー!三重からこんなにはっきりと見えるの?

もしかして富士山に似た山か?
いや雪があれだけ積もっているから3000m級の山だろうから、やっぱり富士山だろう。
こんなに大きく見えるものだろうか?

−−− 追記 −−−
びんさんから、あれは御嶽山ではないですかというコメントをいただきました。
どうもそのようです。

20201011-3.JPG

バリーの純正ハッチカバーは紫外線劣化が早い。
最初のシーカヤックだったノードカップも最後は劣化して使えなくなったので、互換性のあるハッチカバーに交換しました。
交換したハッチカバーは耐候性があって良いのですが、ゴム製で前より少し重たいんじゃね?

青いシーカヤック BZ510 は前後ともバリーのオーバルハッチ装備ですが、もうハッチカバーが限界なのでカバーを新調します。
互換のゴムハッチは対候性抜群だがBZ510の軽量の良いところが損なわれるし、軽い布タイプは荒れた海には適さない。
そこで海外メーカーでバリーの互換性ハッチを探しました。
SEA-LECT Designsのパフォーマンスハッチカバーというのが、どうも互換性があって軽いようだ。
20201011-1.JPG
アメリカのDuckworksというショップでお手頃な価格で売っていた。
セールボード、パドルボート関係の品を扱っているお店です。
「先進の素材で成形されており、市場の他のハッチに比べて防水性、耐久性、取り付けのしやすさを独自に組み合わせている。浮力のある軽量ポリマーを使用している」と書いてある。
表面の仕上げも良さそうです。
バリーのオーバルにフィットと書いてあるK745270を注文すれば良いのだな。
ハッチカバー2枚に送料65ドル加算して200ドルで購入しました。

たぶん航空便だから来週には着いているだろう。

posted by エイ at 18:14 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
三重からだと御嶽山ではないでしょうか。
Posted by びん at 2020年01月13日 11:41
びんさん、こんにちは。
ブログ拝見しています。
御嶽山ね!
海津市の見晴らしの良い場所からなんだけど。
富士山はもう少しスマートじゃないかな?と思いながらも、よく似ていたので。
御嶽山ですね。

志摩里海マリンフェスタには行く予定なので、またよろしくお願いします。
Posted by エイ at 2020年01月13日 13:15
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187022406

この記事へのトラックバック