2020年01月18日(Sat)

バリーのオーバルハッチ互換カバー(続き)

アメリカからSEA-LECT Designsのパフォーマンスハッチカバーが届きました。
注文から6日目に届いた。
ハッチカバーの他に材料のカタログが同梱されていました。
Duckworksはボートビルダー(船を自作する人)の店だったんですね。

ハッチカバーはバリーのオリジナルに比べて少し軽く、硬めの素材でできている。
凸状に膨らみがあって表面はツルツルしている。
さっそくBZ510に装着してみました。

おお〜、ピッタリサイズで少しきつめにしっかりと嵌まります。
カバーは黒光りしてBZ510のラメ入り塗装と相まって宇宙船のような不思議な感じになったぞ。
いいんじゃない?

DSC_0137.jpg

スタジオイワナガで販売中
日本では手に入らないのかと検索してみたところ、VOGUE シリーズのカヤックを作っているスタジオイワナガで販売していた。
小さい丸の方のハッチカバーも扱っている。
な〜んだ、ここで買えば良かったんだ。

スタジオイワナガのシーカヤックはSEA-LECTのハッチカバーを使っているようだ。
新艇「vogue ridge」は僕の好みのタイプです、良さそうだね。
posted by エイ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187031099

この記事へのトラックバック