2020年03月15日(Sun)

絆じゃないけど東北

「東北との絆」という表現は自分にはしっくりこない。
思いは持っているけど絆というのは相思相愛の関係で、
一方的に感じる愛着は片思いですね。

日本各地にそれぞれ愛着あるけど。
東北のイメージは、人が暖かくて広大で奥深い神秘の国。
住人の暮らしは春がとっても待ち遠しい。

それがあの大震災から9年経つのに、まだ復興の途上です。
それほど大変なことだったのだと改めて思います。
ときどき通販で東北物を買ったりするけど、春が近づくとまた東北のものに触れてみたくなる。

春を告げるケーキ「プランタン ヌーボー」
このケーキは楽天で8年連続ケーキ部門第一位になっている人気商品です。
(クリックすると楽天の売り場へ直行します)
imgrc0070919346.jpg

気仙沼ホルモン(亀山印)パワー足りないときに元気になれそう。
(クリックすると気仙沼魚市場へ直行します)
kesennumasan_006700017dac09010.jpg
金華サバの缶詰も立派な鯖が入っていて良かった。
ちょっと高いけど復興の助けになればと買いました。
150228_2.JPG

しかし陽の当たるところと陽の当たらないところがあるように、復興の温度差はかなりある。
また東北を旅行してみたいなと、思いが募るのでした。

秋になるとサンマと盛岡レーメンを食べに宮古まで北上します。(三陸シーカヤックマラソンはついでか?)
スーパーで買ったサンマの刺身3パックを一気食いして、レースの時にお腹壊したよな〜。あせあせ(飛び散る汗)
サンマはレースの後に、ですね。
今年はサンマの水揚げどうですかね?

posted by エイ at 00:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ想
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187263054

この記事へのトラックバック