2020年04月04日(Sat)

草むしりはフィットネス、と、今年は新型コロナウィルスの年だね

近くの公園は満開の桜。
春が来ましたね。

DSC_0188.jpg

庭の草も出てきて、天気が良いので雑草取りです。
楽な姿勢をとらず中背で膝と腰周り筋肉を意識しながら。
暖冬で雪かきフィットネスが出来なかった分、雑草取りでフィットネス!

DSC_0187.jpg

新型コロナウィルスは感染拡大が止まらない。
初動として感染の広がりを封じ込めたかったけど、それは出来ないようなので、やがて身近にも蔓延すると覚悟した方が良さそうです。
これはやっかいなウィルスなので、とにかく1年、ワクチンが出てくるまでなんとか乗り切りましょう。

石川県内でも少人数ですが感染者が連日出ています。
国内では1日に感染者数が1.1倍くらいに増加している。
このまま日に1割ずつ増えていくと一ヶ月後にどれくらい増えるか試算してみると。
1.1を30回掛け合わせ、つまり1.1の30乗の計算で約17倍なので、現在の感染者を2,000人としても今月末には2万〜3万人くらいはいきそうです。

少し前に書いた楽観的見方(春が来て気候が変われば下火になる)は期待できそうもないけど、せめて少し鈍化してくれればという淡い期待があるんですけどね。
科学者の意見も温暖気候になると下火になるという人と、その根拠はないという人に分かれている。
ピークはどこまで上がるのだろうか?
感染者が増えて人口に対して一定の割合に達すると、免疫の人口割合が増えてウィルスは沈静化する。
という考えは分かりやすいですが、そこまで広がると犠牲者は相当な数になる。
ワクチンができるだろうと言われている1年後まで、みなさん、なるべくかからないように乗り越えようね。

僕たちが気をつけることは何だろう?考えてみた。
抵抗力が落ちるような夜更かしや、過度の運動は避けた方が良いかな。
適度な運動と規則正しい食事・睡眠によって健康と抵抗力を養って、1年乗り切ろう。
人中に出るときはシーカヤックと同じように状況判断が大事、気がつかないうちに自分が感染している可能性もあるので状況によってはマスク着用。
使い捨てのマスクをネットに入れて洗濯し、ローテーションで回しています。
毎朝、体温を測っています。
組織で働く人は朝の検温が当たり前になってきたようですが、早めの治療と家族間の感染防止につながるからお勧めです。
とにかく手でいろんな物に触るので、家に帰ったら、仕事初めに、手洗いの励行で防御しましょう。
会社勤めがなければ、1年間田舎でのんびり暮らすのもいいなあ。

カヤックトレーナー開発への影響は?
内向きになる分、カヤックトレーナーの開発には力を注げるかもしれないですね。
完成したら「お家でシーカヤックマラソン大会」、やろう。

posted by エイ at 10:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | カテゴリー無し
この記事へのコメント
こっちは三分咲きってなとこですね。
来週火曜日にげんきさんとキハダさんとで
やっと今年の初漕ぎになりそうです。

世間もおいらも具合があんましよろしく無いんで
ぼちぼちトレーニングのつもりでスタートです。

赤身10kg減って白身8kg復活???

はい できる範囲で頑張ろう!!!
Posted by おおぼら at 2020年04月04日 14:16
できる範囲で適度の運動、いいね。
観光レジャー、接客業はどこもたいへんですね。
田舎で過ごすのが一番。
Posted by エイ at 2020年04月04日 19:36
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187338707

この記事へのトラックバック