2020年07月26日(Sun)

琵琶湖横断ツーリング

7月25日、26日の2日間、シーカヤッククラブ「日本海魚組」のメンバー3人で琵琶湖へ行ってきました。
初日は腕慣らしツーリング、2日目は琵琶湖を横断します。

初日、安曇川横の園地から「沖の白石」に行って帰るツーリングです。
「沖の白石」まで漕いで、メンバーの調子を見る意味もありました。

あいにくの天気だったが視界は良く、すぐ「沖の白石」を目視できた。
一時視界が悪い状況になったがメンバーは近くに居るので不安はなかった。

IMGP1885.JPG

予定より高速ツーリングになってしまい、1時間で「沖の白石」に到着。
久しぶりのツーリングで力が入りすぎた?

琵琶湖の真ん中「沖の白石」で昼食です。
IMGP1887.JPG

ここで起点まで引き返すだけでも良かったけど、ナチャラがサニービーチ知内浜オートキャンプ場でテントを張っているので挨拶をと、頑張って漕いでいくことにしました。
これがL字型コースだったので20Kmの長距離に。
湖面から颯爽と挨拶に現れる予定だったが、近くまで来たところで激しい雨風に遭って、ナチャラのテント前に着いたときはエスケープモードでした。あせあせ(飛び散る汗)

ナチャラの北村さんにコーヒーをご馳走になった。
温かい飲み物はありがたい。
歓談しながら明日の琵琶湖横断コースの情報もいただき、大変参考になりました。
ありがたいことです。

IMGP1892.JPG

初日は結局30Km弱漕いだことになる。

翌日、朝早く配車をして琵琶湖横断を行いました。
9時20分のスタート

琵琶湖横断コースは18Kmほどのジグザグコース
安曇川横の園地−沖の白石−多景島−あのベンチ(対岸のゴール地点)

「沖の白石」に近づいたところ。
IMGP1902.JPG

カヤックと沖の白石
IMGP1906.JPG

多景島はお寺の施設が建ち並んでいます。
気軽に上陸することはできない島です。
IMGP1908.JPG

ゴール地点「あのベンチ」前
IMGP1911.JPG

12:30ほど対岸に到達したが目的地の「あのベンチ」から2Kmほどズレていたので余計に漕いで20Kmコースになった。

雷の予報も出ていたので雲の動きを観測しながらの横断でしたが、雨にも降られず快適な琵琶湖横断でした。
初日28Km、2日目琵琶湖横断20Km
posted by エイ at 23:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック
この記事へのコメント
天候激変の中、お疲れ様でした。
琵琶湖も結構奥深いですね。琵琶湖シーカヤックマラソンをやっていた時代が遠くなりにけりです。
Posted by タムテツ at 2020年07月27日 12:28
知内浜オートキャンプ場は、琵琶湖シーカヤックマラソンの会場にもなりましたね!
琵琶湖の景観とスケールの大きさは魅力です。
Posted by エイ at 2020年07月27日 21:08
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/187739216

この記事へのトラックバック