2021年02月20日(Sat)

先端素材:セルロースナノファイバー

ちょっと運動しただけですぐ息切れする。
そういえばコロナ感染の初期症状に、そういうのがあったような?あせあせ(飛び散る汗)

LINE_10839.png

s-DSC_2102201.jpg


以前、「カーボンナノチューブ」という先端素材の記事を書きました。
今度は「セルロースナノファイバー」の話です。

−−−強度は鉄の5倍で重さは鉄の5分の1−−−
「セルロースナノファイバー」って僕も最近になって知った名前なんですが、すごく良い素材です。
既に実用化が始まっており、これから需要が増えると期待されています。

これは植物繊維の主成分であるセルロースを超極細にナノレベルまで細かくほぐしたセルロースファイバーで、ナノセルロースとも呼ばれるバイオマス由来の新素材です。
軽くて強い、温度変化による変形も少ない特性を持っており、多くの分野での利用が期待されている。

タイヤメーカーが「セルロースナノファイバー」を配合したタイヤを開発している。
自動車車体などが鉄からCNF配合強化樹脂に換われば、軽量化による大幅な燃費向上が可能となる。
まだ部分的に配合されるような使い方ですが、これが大量に作れるようになれば話が変わってくる。

木質系で鉄より強い素材!
このスーパーな素材が2030年には1kg 500円で作れるそうです。
人類は金属とプラスチックに囲まれた時代に決別できるだろうか?
この大問題に決定打になるかもしれない素材ではないでしょうか?

かつてよく利用されていた竹は、需要が減って日本中で管理されなくなった竹林が伸び放題の放置竹林となっている。
竹は植物繊維の含有量が多いので、放置竹林の竹が「セルロースナノファイバー」の材料として注目されている。
材料が植物由来なのでCO2を排出しないカーボンニュートラルであるし、放置竹林の解消にもなるというダブルで良い先端材料です。

参入メーカーは既にこの様な製品開発を始めている。
CNF(セルロースナノファイバー)を原料とするコンセプト商品
01_06.png
posted by エイ at 22:02 | Comment(0) | TrackBack(0) | サイエンス
この記事へのコメント
コメントを書く
お名前: [必須入力]

メールアドレス(管理者のみ閲覧可能):

ホームページアドレス:

コメント: [必須入力]

認証コード: [必須入力]


※画像の中の文字を半角で入力してください。
この記事へのトラックバックURL
http://blog.sakura.ne.jp/tb/188417701

この記事へのトラックバック