2017年05月18日(Thu)

ヒールストッパー

早朝シーカヤッキングではカヤックをホールドする必要は無いのですが、海では膝でホールドしたい時があります。
ホールドをする・しないで、踵の位置も違ってくる。
2つのポジションで足を踏ん張れるようにしたい。

そこで、フットブレースの手前にも踵を固定できるストッパーを作り、カヤックをホールドする際は、踵がそれを越えて奥のフットブレースで固定するようにできればいいなあ、と前から思っていました。

最初のデザインはこれですが、1回作ってみて改良していきます。

20170518-1.JPG
これをフットブレース用のレールに取り付けるようにしたい、どうなりますか??
posted by エイ at 08:38 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年05月16日(Tue)

自分のペース以上に日の出が早い

少し時間を早めて起きても明るいです。
自分のペース以上に日の出が早くなっています。

IMG_20170516_052632.jpg

雨が通過した後でした。

ところで、変わったシューズを見つけました。
ヨットの用品が中心ですが、ポータブルなハンモックとかマリン仕様のGPSとか、いい物が置いてあります。

見つけたのは、”ビブラム・ファイブフィンガーズ KSO”というシューズです。

kazi15071212.JPG

指が分離するシューズです。
裏はゴリラの足のようだ

IMG_20170327_222026.jpg

硬めのラバーになっています。
これでグワシできたらカッコイイと思ったが、足指は不器用なので、できません。

そうそう、肝心の履き心地ですよね。
指で地面を踏みしめる感じが、します。
また、裏地のラバーがゴツいので、安心感もあります。
不思議な感じ。

このシューズメーカーは、靴底を専門にOEMする一流メーカーで、このシリーズが唯一の自社製品だとか。
日本の地下足袋も、いろいろ進化しているようですが、
古くに完成されて現代まで使われ続けている良き物の一つだと思います。
海外の先進技術がようやく日本の伝統に追いついた一例かも。
posted by エイ at 07:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年05月14日(Sun)

メンタル的な日々

作業小屋の整理がなかなか進みません。
工具や作業テーブルを総入れ替えしていて、5月連休でも片付かず、土日でも片付かず。
なかなか、メンタル的に辛い日々が続いています。

メンタルと言えば、
カヤックエルゴなどの器械を使ったトレーニングは、メンタルな強さが必要だと思いますが。
同じコースの往復トレーニングも、同じ景色の繰り返しなのでメンタルな強さが必要になります。

幸いにも河北潟を大回りすれば15km漕いだことになるので、すこし景色を眺めながらトレーニングできて、恵まれているなあと思います。

20170514-1.JPG

本拠地の石川県漕艇場前

IMG_20170514_081137.jpg
posted by エイ at 10:25 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年05月13日(Sat)

カッパと防水カバー

普通の雨の日です。
昨晩は飲み会があって珍しく飲み、車を金沢駅に置いて帰ったので、朝一番の電車で車を取りに行ってからの一日のスタートです。

朝走る人も多いから、ランニングの格好で電車に乗っても、似たような格好の人もいて違和感ないです。
金沢駅には時計台駐車場という名前の大型の駐車場があって、一晩の駐車料金は800円でした。
まあまあ、お手頃な値段で利用できます。

ミドルの10km、上がったころに雨も上がったけど、この後でまた降りだして、午前中は雨ですね。

IMG_20170513_082928.jpg

カッパはホームセンターで買った作業用のヤッケみたいなナイロンの薄手の物です。
動きやすくて、トレーニングにもいいです。
座席には防水カバーを掛けてあります。
これから暖かくなるけど雨も多くなるので、必需品ですね。
posted by エイ at 11:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年05月12日(Fri)

休養日開け

昨日は天気が荒れて休養日開けの7km、体も少しなじんできました。

IMG_20170512_060002.jpg

この船にもなじんできたので、ストロークを大きく大事に漕いで、改善に取り組んでいきたいと思います。
半歩ずつ、1/4歩ずつ、時には後退ありの健康スポーツです。
おもしろいね。
posted by エイ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年05月06日(Sat)

R15+ 早朝まな板ショー

今朝の早朝シーカヤックはミドル11km。
お天気は雨ですが、なぜかカッパ着て漕いだら雨に降られずに済みました。

漕いでいるときに何を考えているか?
今日はこうしようとか、どういったペースで漕ぐとか考えるのは、最初の内だけ。
漕いでいる最中は、何も考えていなかったり、お店の店員さんがいい子だったな〜とショートストーリーを妄想したり。

しかし今朝はそんな煩悩が消し飛ぶ景色が目のあたりに展開されたのでした。
折り返しをUターンした帰り、目の前のバウデッキでユスリカらしいのが水滴に濡れてうごめいています。

そりゃあ蚊も停まるほどの遅さですよ。
ユスリカも停まってもいいですけどね、はぁ、なんだなー。
妙にボリュームがあるので、よく見ると一匹では無いみたいな。
体がくの字に曲がっているし。
えっ?もしかして交尾中?

おいおいオレの船の上でやるのかい?
ウォータークッション完備のベッドですけどね。
くの字の体がクネクネうごめいているが、下になっている一体が少し小さい。
その一体がだんだん小さくなって、大きい方の四分の一くらいになった。
そして大きい方は小さい方を残して羽ばたき、飛びたって行ってしまった。

残ったユスリカだと思っていた小さい方は、脱皮の抜け殻でした。
脱皮の途中でデッキに降りたち、クネクネと体を曲げて抜けない抜け殻を外そうとしていたんですね。
興奮しただけ損したおじさんの負けでした。
posted by エイ at 12:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月30日(Sun)

環状線内回り

お天気も良く、ロングコース。
河北潟内回り一周しました。

170430-1.JPG

久しぶりの内灘大橋と放水路。
IMGP1292.JPG

防潮水門前
IMGP1293.JPG

防潮水門は水路が傾斜しているので、魚が遡上してくる。
下流から登ってくる魚をサギの仲間が狙っています。
IMGP1294.JPG

8時頃から南風が強くなり、帰りはサイドからダウンウィンドでした。
ダウンウィンドになっても波が遅いので波が邪魔、スピードは出ません。
後半また足が攣りそう。
漕ぐだけなら20kmでも漕ぐけど、後から疲れが出ますね。
posted by エイ at 10:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月29日(Sat)

花の季節

ステラーの新しいシートを試してみました。

アルミバーの上に取り付けて蝶ネジで止める。
アルミバーには溝の形状に合わせた専用のステンレスナットが入れてあります。
IMG_20170429_063059.jpg

予定通り、固定できました、
IMG_20170429_063107.jpg

あとは耐久性ですね。

今朝は時間もあるのでミドルの距離10kmを漕ぎました。
新しいシートはお尻をピンポイントで決められるので良いです。
これにして良かったぁ〜、正解。
今のところ問題ないようです。

車庫の前には、白いチューリップが咲きました。
IMG_20170429_083118.jpg

8頭身のすらりとした美人です。
昨年は1本でしたが、今年は姉妹で咲きました。
IMG_20170429_083211.jpg

玄関前の花たちも華やかに咲いています。
IMG_20170429_083146.jpg

花の季節。
連休でウキウキのウッキーだけど、やることがいっぱいありすぎなこともあり、さほどウキウキではないのです。
posted by エイ at 09:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月28日(Fri)

早朝ヒヤリハット

放射冷却で少し冷えましたが7℃、ポギーは必要なさそうです。
昨日ツツジだと思った花は、ツツジにしては密集がすごいと思ったらやはり芝桜でした。
ツツジも植わっているのでまぎらわしいですが、きれいに咲いてくれました。

IMG_20170428_070430.jpg

反対側は八重桜も植わっています。
IMG_20170428_060714.jpg

金大のボート部は僕よりも朝が早い。
今年も中部地区大会でいいところまで行けるでしょうか。

IMG_20170428_060755.jpg

今朝は危うくオカマ掘られるところでした。
僕のコース取りがボートのコースに近かったので僕が悪いんですけどね。
真後ろからオールの音が近づいて来て、急遽コースを中央よりに変更。
10メートルくらい横をフォアが通過していきました。

ステラー S18Rのシートはベースになるバーを接着しています。
IMG_20170428_083603.jpg

48時間経ったのでマスキングテープを剥がします。
IMG_20170428_083723.jpg

マスキングのエッジがちょっとガタガタです。
マスキングテープはもっと早く剥がしておけば良かったね、タイミングはいい加減じゃダメなのだ、学習。

使った接着剤は3Mの何だっけ?「スーパー多用途超強力接着剤プレミアム」だったか。
バージョン2になって、正式名は「超強力接着剤 プレミアゴールド スーパー多用途2 」でした。
この接着剤は能力高くて硬化後も弾力性があり、カッターで除去可能です。

ちょっと弱いかも知れないけど、明日試してみます。
IMG_20170428_083731.jpg
posted by エイ at 08:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月27日(Thu)

腰痛矯正漕ぎU

朝起きたらまだ腰が重くて動きづらい。
今日も矯正こぎだな、ということで無理せず軽めに漕ぎました。

IMGP1291.JPG

花の季節です。
土手のツツジが満開。 (翌日近寄ってみると、芝桜でした)

IMGP1290.JPG

油断すると危ないスイフト、おっとっとが1,2回ありました。
腰の動きが鈍っているんだろう。
まだ寒いし、茶色の水には落ちたくないよ。

終わってストレッチして、腰も軽くなった。
いいね、腰痛矯正漕ぎ。
posted by エイ at 08:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月26日(Wed)

春雨腰痛矯正漕ぎ

早朝カヤックを2日休んでの再開は春雨の中でした。
海で漕いだ後、洗っていなかったので、ちょうど潮落としにもなると思ってヒラマサ号で漕ぎます。

IMGP1289.JPG

雨ですが気温も上がってやさしい春雨で、まさにシーズン到来の感です。
昨日、ステラーのシートベースを取り付けるために、かがんだ姿勢が続いたせいか腰が痛くなって。
漕ぐとストレッチ効果もあるのか、腰痛が直り、硬直がほぐれたように感じます。
漕ぎすぎても良くないので、ほどほどが良いのだと思いますけどね。

いろいろと効能有り、難しさもあり、おもしろいね。

posted by エイ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月23日(Sun)

ほぼ本州最南端漕ぎ

カヌーあいらんど渡邊さんの納品を兼ねての南紀ツーリング

一日目は、紀伊長島付近の海岸です。
海は穏やかで、変化に富んだ海岸や島々を眺めながらののんびりツーリング。
浜で休憩中。(手前がヒラマサ号)

IMGP1211.JPG

水面に沸く魚の群れに、鳥が集まっている。
IMGP1214.JPG

ゾウさんに似た岩
IMGP1218.JPG

陸には紀伊の山々が重なっています。
IMGP1225.JPG

おっとっと、帰りを行き過ぎてしまい、30kmのロングツーリングになりました。

170422-1.JPG

おかげで見事な板状節理の洞門に出くわしました。
IMGP1233.JPG

IMGP1236.JPG

IMGP1238.JPG

2日目は紀伊半島の南端、紀伊大島を一周してきました。(約20km)
この辺は本州の最南端部です。
20170423-1.JPG

ここは橋杭岩公園です。
すばらしい環境ですね。
シットオンカヤックをレンタルできます。
IMGP1240.JPG

使用前の写真、完全に逆光でした。
IMGP1244.JPG

橋杭岩に接近、カメラを構えると返し波がつらい。
IMGP1250.JPG

島の先端部を目指します。
IMGP1253.JPG

快調に漕いでいる様子(まだ元気なころ..)

次第にうねりは深くなり、僚艇が見え隠れする。
東側の先端部に近づくころには、向かい風と波との長い戦いで疲れが出てきた。
IMGP1260.JPG

東の端を回り、追い波に変わる。
島の南東部には強い浸食に曝された岩の姿。
IMGP1268.JPG

南の方は水平線と航路を行き交う大型船、その先は何も無い太平洋だ。
IMGP1269.JPG

ようやく帰り道の大橋への水路が見えました。
IMGP1271.JPG

水路を通った湾内は、風裏で波も無く極楽。

IMGP1275.JPG

出発地点の橋杭岩が見えてきた、もうすぐゴール。
IMGP1281.JPG

ここらは難しいコースだそうです、好天に恵まれて本州の最南端部を漕ぐことができました。
また、潮の流れの緩いときに帰ってこられてラッキーでした。
後で聞いた話では、満潮の潮が速いときは水路を帰れないということで、下調べが必要でしたね。
タグ:ツーリング
posted by エイ at 23:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月21日(Fri)

ビビリンコの朝

今シーズン初めてスイフトを出しました。

IMGP1187.JPG

潟では転びたくないという気持ちが働いて、最初はグラグラのビビリンコです。
他のカヤック達に比べてシートの位置が高いのもあるし。
漕ぎ出せばたいしたことないのですけどね。
やはりフィットネスには向いています。

カヌーあいらんど渡邊さんの納品が紀伊方面にあるので、便乗させて頂き漕いでくることになりました。
ロートル三人衆の、「紀伊長島のんびりツーリング」です。
今晩拾って頂き、カヤックも積んで頂き、すっかりお客さんモード。

ということで日曜夜までブログ更新お預けです。
posted by エイ at 07:47 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月19日(Wed)

一つの予約と、一つのキャンセル

朝方に激しい雷で目が覚めたが、目覚ましで起きたときは鳴り止んでいた。
ステラはシート交換の工事中なので、今週末にツーリングに使うヒラマサ号で出ることにしました。

IMGP1184.JPG

IMGP1185.JPG

落ち着きの無い天気で風が出ていたが、漕艇場では10mほどに上がっていました。
まあ、ヒラマサ号なら小波の10m/sくらいへっちゃらですけどね。
しかし、リーニングが続くとやっぱり辛いっす。
IMGP1186.JPG

今年、新しく2つのレースに出たいと思っていたのですが。
一つは「伊豆・松崎町シーカヤックマラソン」
ホームペ−ジに今年の開催案内が出たので、申し込みの案内が出るのを待っていました。
宿の予約方法が前年とは違うようだけど、申込用紙がまだ古いまま更新されていない。

宿は早めに予約たほうが良いとお友達のブログで見たので、速攻で予約しました。
地理不案内なので、浜の民宿に限ります。
電話をかけまくり、青風園さんに停まることになりました。
予約した直後、青風園さんのホームページが見つかったので、見ると既に空室無しの状態。
電話ってやっぱりインターネットより強力な通信手段だったんだ、と再認識。
今年こそ伊豆に参加できる。
ホームページの申し込み用紙が更新されたので、レースの方も申し込みます。

もう一つのレース、8月の天竜川の川下りレースには参加できなくなりました。
知人の娘さんの結婚式に呼ばれたもので。
カレンダーに結婚式の予定を書き入れようとしたら既にレース日の書き込みがあってダブルブッキング...
初めての川下りレースは小さな冒険のようで、ちょっと楽しみにしていたんだけど。
レースに出られなくなったのは残念ですが、まあお祝い事だから、そっちの方に出なきゃね。

という具合に2つのレースの成り行きが決まったところです。
posted by エイ at 08:05 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月18日(Tue)

お尻の設計

ステラS18Rの"尻でか"シートではお尻が定まらず、かといってクッション入れてフィッティングすると、ツーリングにはよいのですが。
朝のトレーニングには向かない。
ということで発注していたシートがポルトガルのNelo社から届きました。

S18Rのシートはネジ4本で止めてありました。

IMGP1178.JPG

Neloのシートを置いてみる。

IMGP1179.JPG

このまま貼り付けちゃうと高さ調整さえ難しくなるので、シートのベースを設計しました。
3Dプリンターで製作するABSのベースをアルミのバーでつないでスライドバーにネジ固定する設計です。
強度はあまり望めませんが、この程度で問題ないだろう、という程度の設計です。
シートベース.jpg
前後に50mm調節可能で、蝶ネジ2本で着脱できる予定。

制作中の動画です
2つのパーツの片方を裏返しでプリント中(作業時間は9時間)


出力後の写真

IMGP1183.JPG
posted by エイ at 06:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月15日(Sat)

春二番?

雨がパラパラ、気温が急上昇して風が吹き、温暖前線の通過ですね。

準備をしていると、軽量のS18Rが転がっていきそうです。
このカヤックは持ち運びはすごく楽ですが、風で転がりますね。

IMGP1149.JPG
風が上がっても小波ですが、ボートはいません。
コースを独占して、ちょっと小波でのS18Rのテスト漕行です。

カヤックは大抵走ると安定しますが、このステラS18Rは、特にそれを感じました。
広い場所に出ると少し波も大きくなりますが、安定しているのが分かって収穫でした。

これは百均の店「セリア」で買ったスプリングコード。
IMGP1148.JPG

ちょうどこれくらいの小さな物が欲しかったのですが、ワイヤーが入っているから安心して使えそうです。
先っぽのパーツを交換して防水カメラとかレスキューの小物をを繋ぎます。
posted by エイ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月14日(Fri)

スマホ台

まだちょっと寒いですが、5℃まで上がったので、花見漕ぎも佳境に入りました。

IMGP1145.JPG

スマートフォンのログ画面を見るために作ったスマホ台。
底面はデッキの曲面と同じカーブで作ってあります。
IMGP1146.JPG
使ってみると大丈夫なようです。
ひっくり返っても落ちないように、デッキのバンジーコードを引っかけるフック付きです。
GoProカメラ用の脱落防止パッチが近くに貼ってあり、スマホのストラップを連結するので水中に落ちることはありません。

IMGP1147.JPG
posted by エイ at 12:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年04月13日(Thu)

花冷え

4月半ばというのに寒いです。
朝の気温2℃、曇りがちなんで放射冷却でもないだろうに、何でという感じですが。

桜は満開、花見しながらの早朝カヤック。

IMGP1144.JPG

まだロングは漕いでいません、だいたい6kmちょっと。
寒いのでオーバーウェア着たままのトレーニングです。

本日のログ

20170413-1.JPG
posted by エイ at 08:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月31日(Fri)

フッ、オレのカヤックにはバックレストは必要ないぜ

最近は走り屋族はもう流行らないですかね?
映画のシーンだったか、「フッ、オレの車にはバックミラーは必要ないぜ」 とバックミラーを壊していましたが。

朝のフィットネスにはバックレストが邪魔だったので、
IMG_20170331_060533.jpg

バックレストを外しました

IMG_20170331_060636.jpg

それでも、冬の間、楽していたから
姿勢を保つのさえちゃんとできないですね。
柔軟性と筋力の低下が出ています。
シーズンオフの過ごし方、もうちょっと工夫が必要だ。
posted by エイ at 08:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月26日(Sun)

足攣り地獄だぁー

ボチボチと漕いでいますが、S18Rのシートはそのままで、とりあえず漕いでます。
土曜日は良い天気で、山の方も良く見えました。

KIMG0006.jpg

月曜は早朝カヤックお休みなので、いつもよりたくさん漕ぎました。
前回も終盤に足が攣って不安は少しあったのですが、今朝は折り返し点でコブラ返りに襲われ地獄の苦しみ一歩手前まで行った。
すんでの所で、足をバンドから抜いてフリーにできた。

フット部がこのようになっていて、ブレースとバンドの間に足を差し入れるのですが、どうもつま先を前へ出しすぎのようですね。

IMGP1093.JPG

危機を脱してからは、バンドの上に足を置いて操舵していました。

フットの位置が少し遠すぎるから、つま先が前方に倒れ気味になるんでしょうね。
フット部をもっと手前に出さないと解消できないか?

まあ、少しでも足を長く見せたい自分がどこかに居るんだろうなあ。
自分にさえ見栄はって、遠目にセッティングしていたのかも。
足が短いのを素直に認めて、もうちょっとだけ手前に出そう。

posted by エイ at 16:00 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月14日(Tue)

万葉マラソン応援ツーリング

日曜日は和倉の万葉マラソンを、海上から応援するというイベントでした。
40kmも、よく走れるものですね。
そんなん、とても無理。
歩くのさえしんどいですが、漕ぐのならできます。
水を得た魚というか、こっちの得意分野でマラソンランナーを応援。

マラソンコースは、和倉から能登島大橋を渡って能登島へ渡り、北に架かっているツインブリッジで陸地に戻り和倉に戻ってゴールになります。
つまり、七尾西湾を囲むようなコース。
我々は、マラソンコースの内側の海域を小回りに回るコースです。(約18kmの行程)

nt001.png

スケグの工事が終わったヒラマサ号の試運転も兼ねて。
KIMG0001.jpg

数千人が能登島大橋を駆け抜けます。
一度には無理ですね、時間がかかります。
手を振る人もチラホラ、たまにかぶり物でパフォーマンスのランナーも。
KIMG0008.jpg

能登島の地層は、化石のような石が柔らかく浸食されやすい地層に囲まれた景色をよく見ます。
KIMG0011.jpg

お地蔵様みたいです。
いつか落ちる時が来ますね。
KIMG0012.jpg

ツインブリッジの下から南方を見ると、和倉の温泉街、七尾火力発電所、北アルプス山脈が霞んで見えます。
少し薄曇ですが、気持ちの良い景色でした。
KIMG0013.JPG

ヒラマサ号のスケグの調子は...
いちばん、チェックしておきたかった水漏れ等は皆無。
時折吹いてくる風にスケグを出し入れして効果を確かめると、
やはりいいですね、スケグがあると風の影響を受けずに直進してくれます。

ということで、スケグの調子は上々でした。
次は、ヒラマサ号もシートをもう少し漕ぎやすいものにしたい。
カヤックは自分仕様に変えていく面白さもありますね。
タグ:ツーリング
posted by エイ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月11日(Sat)

ファーストインプレッション

ステラーS18Rの進水式も兼ねて、今シーズンの早朝シーカヤッキング初日です。

オールホワイトだ。
IMGP1113.JPG

やはりシーカヤックとしては、少し細めですね。
IMGP1114.JPG

IMGP1119.JPG

河北潟の白鳥と呼んで下さい。
IMGP1120.JPG

乗って最初に思ったのは、思った通りの安定性でした。
ボトムが丸みを帯びているため、静止時の水平安定性は無いですが、少し傾くとスターンの平たいボトム形状が効いて、反発があります。
走り出すと、一時安定もしっかりしてきて安定感を感じます。
これは海の波間での安定性は良いんじゃないかなと思います。

それ以外の部分では予想外でした。
直進性が弱い。
ラダー無しで直進を保つのは...無風ならいいけど曲がり始めたら修正が大変で、ラダーは必要です。
昔乗ったプレイボードのようでした。

ポジションが合っていない。
ずっとNeloのシートで漕いでいたのもあるけど、平たくてガバガバで腰の位置が安定しないですね。
せっかくの格好いいシートだけど、Neloへの交換を考えて取り寄せはしておこう。

座面が低い。
海のツーリングには重心を低くして安定するに越したことはないけど、もう少しシートが高い方が漕ぎやすいと思います。
安定は充分にあるので、やはりNeloのシートに替えるべき。

総じて、もっと漕ぎやすいと思っていたのが違っていた。
装備は快速艇なのに、ツーリング用のフィッティングポジションであり、マラソンやフィットネス向けになっていない感じです。
少し裏切られましたが、少しずつ自分用に合わせて、ベストポジションを見つけていきたいと思います。
posted by エイ at 20:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月09日(Thu)

担ぎ用クッションの追加

ヒラマサ号のメンテ作業です。
スケグの追加によって、ヒラマサ号はこんなんになりました。
IMG_20170305_150829.jpg

スターン側ハッチに奇異なるワイヤーが見えております。
追加したスケグは、上方向にワイヤーの取り付け口があって、その関係上ワイヤーチューブが出てしまったのですが。
まあ、実際には邪魔にならないので、このスタイルで行きます。
こういうのが許せない人なら、気になってしょうがないでしょうね。

次のこれは?分かる人には分かる。
IMG_20170305_164120.jpg
カヤックを一人担ぎすると、右肩にカヤックの全重量がくい込むので、
コーミングの肩に当たる部分にクッションを付けました。
ホームセンターでコーナーの保護クッションを買った余り物の再利用です。
断面がL時になっているので、貼りやすいです。

あとは、劣化したバンジーコードを2箇所で交換。
これでヒラマサ号、今シーズンの準備OK!
posted by エイ at 22:00 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年03月04日(Sat)

ステラーS18Rの初期設定

先週運び入れたステラーのS18Rは、ビニールに包んだままで1週間放置していました。
今日はビニールから出して、どんなんかなと見てみます。
そのあとは、艇庫へ収納場所を検討。

製造シールです(これはビニールの上に貼ってある方)
IMGP1090.JPG

シリアルナンバーは船体にも貼ってありました。
重量14.6kgと記入されていますが、これは船体だけの重さで、シートやラダーシステムなどの艤装を入れて16kgなのでしょう。

フットボードの部分です。
IMGP1093.JPG

このタイプは初めて見ました。
3点のレバーロックを解除して前後にスライドします。
座ってポジションをあわせてみました。
かなり手前に出した状態ですが、まだ2〜3cm余裕がありました。(ホッ)

シートは少し硬めの薄いクッションで、好感が持てます。
ドリンクホルダー付き。
IMGP1096.JPG

ラダーはSmart Trackのシステムですね。
これも初めて見ましたが、上手く考えてあります。
IMGP1104.JPG

これだけ深く入れば、ラダーとしては充分です。
ラダーの形状は、ハイドロフォイルで水の抵抗を減らしています。
IMGP1103.JPG

広いコックピットで、足の出し入れが楽。
バウ側のデッキは、サンマのようにスマートです。
左右のパドルが当たるところが斜めカットされており、パドリングしやすそうです。
IMGP1105.JPG

コックピットから後ろにかけて平たく幅が広くなっており、安定を確保しているようです。
最大幅53.5cmあります。
これはかなり安定が良いんじゃないかな。

ハルもデッキも硬く作ってあります。
前方のデッキの上に腰掛けてもへこみません。
頑丈なシーカヤックの船体です。
IMGP1109.JPG

ボトムを見てみると、キールラインも張り出しも無くサーフスキーの幅広いバージョンみたいなな感じ。
コックピット下から少しずつ平たいカーブにして、安定を確保しているようです。
IMGP1111.JPG
ツルピカのハルだよ〜、ハールよ来い、はーやく来い。

乗るのが楽しみですね。
明日はヒラマサ号のスケグ追加後の試乗調整があるので、どうしようか。
posted by エイ at 19:26 | Comment(4) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年02月25日(Sat)

とおちゃーく

琵琶湖へステラーを受け取りに行ってきました。
桑野造船さんに伺うのは、もちろん始めてです。

国道から少し山側に入ったところにある工業団地です。(ドライブレコーダーからのカット)
20170225-1.jpg

社長の小澤さんと少し話しができました。
河北潟で練習している金沢大学にも納入されたそうです。
若々しくて、とても年上だとは思えませんでしたが、ボートの開発に情熱を持っておられるようでした。
社長の=コラム=も興味深い記事があります。

倉庫のシャッターが開くと、ステラーカヤックが手前に出ていました。
IMG_20170225_131547.jpg

奥には出荷前のボートがずらり並んでいます。
S18Rは、だいじょうぶ注文通りの白でした。
ちょっと持ってみると、このボリュームに対して持った手応えが予想外に軽く、プチ感動しました。
これは良い!(オイオイ、まだ乗ってないよ)

帰りは琵琶湖で進水式のつもりでいたけど、引き取り時間が午後になったので準備する時間もなし。
今日は持って帰るだけにして、3月に入ってから乗ることにしました。

琵琶湖はやっぱり大きかった。
北岸は山が迫っていることと、南に雪を冠した山がそびえていて、今までのイメージとちょっと違った険しい表情に見えました。
今津浜の駐車場から南方を眺めた。
雪の残っている季節に漕ぐと、琵琶湖のもう一つの顔が楽しめそうです。
IMGP1088.JPG

進水式はお預け。
取りあえずエイのマークでも貼ろうか。
今度、琵琶湖のこの辺に漕ぎに来たいですね。
IMGP1089.JPG


posted by エイ at 20:51 | Comment(3) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年02月21日(Tue)

来る、あいつがやってくる

ヒラマサ号のウッド艇の新造から10年くらい経つか、久しぶりの新艇購入です。
すでに桑野造船さんからステラーカヤックが入荷している連絡が入って、早半月経ったか?

S18R-Orange-Stripe-Combo.png

春まで預かっても良いよと、ありがたーいお言葉に甘えて、まだ取りに行っていませんでしたが、
次の土曜日に琵琶湖まで受け取りに行くことにしました。

カラーはシンプルに白無垢を指定しました。
というのも、脳内の感性に関わる部分が空洞で、左脳だけで生きている身にはそのほうが無難かなと思ったので。
このカラーリングはステラーのカタログにデザインイメージがありません。
手元に置いて、なにか思いついたらステッカーシールでも貼りましょ。

ちょっと心配なのは中国生産なので、色・タイプが発注と違っていることもあり得る。
なんせ、新潟のT兄貴がシーバード・デザインズのカヤックを新造したときは黒を発注したら、どう見ても赤だったよね〜。
あれが中国では黒なんだと、何でも有りの国ですからね。

ステラーは大丈夫よ。
桑野造船ルートだから、信頼できるさ、たぶん。
進水式は琵琶湖だね。
posted by エイ at 23:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年01月23日(Mon)

徳島でシーカヤックマラソン

徳島県の海陽町でシーカヤックマラソンが予定されています。
FBのタイムラインに流れていました。

5月28日(日) スイムの大会と同時開催で、「竹ケ島シーカヤックマラソン2017(第1回)」が開催予定です。
http://www.challenge-kaiyo.com/
20170123.JPG

徳島か、いいね!
本場の讃岐うどん食べに行こうか。
伊豆の前週なので、よほど暇じゃないと行けません。
ここ石川県からはノンストップで7時間くらい?

スケジュール
5月27日 スイムランレース
5月28日 オープンウォータースイム、シーカヤック

シーカヤックの受付は、28日13時からとなっています。
シングル艇は自艇参加で、タンデムは用意されたカヤックです。

1.競技内容:指定コースでのタイムレース
2.カテゴリー:@男子タンデム、A女子タンデム、B男女タンデム、C親子タンデム、D男子自艇シングル、E女子自艇シングル
(タンデムのコース長:5km, シングルのコース長:7km)
3.使用艇:@〜C実行委員会が用意する2人用レクレーションカヤックorシットオントップカヤック、D〜E自身が用意する浮沈構造になっているシーカヤック(サーフスキー、レーシングカヤックでも可。

シーカヤックの大会が増えて嬉しいです。
出られるかどうかは別として、新しい旅と知らない海を漕ぐチャンスでもありますから。
posted by エイ at 18:37 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年01月08日(Sun)

スケグボックスの膜

降りそうで降らない天気で、一日もちました。
スケグ工事も、はかいった〜。

スケグボックスの膜を作ってみました。
昨日の続きで、スケグボックスの出口のガラスクロスにシリコン系接着剤を塗布しました。

20170108-1.jpg

乾いたら真ん中のラインでカットしてスケグを出し入れ出来るようにします。
接着剤は3Mのスーパー多用途超強力接着剤ホワイト・プレミアムゴールドです。
接着剤の名前がインフレ状態で、各社わけの分からん名前になっていますが、
3Mのプレミアムゴールドは一時発売停止になっていたものが、最近復活したようです。

カヤック置き場の屋根工事で、ほぼ一日外に出ていました。
寒かった〜。
そーだ、今日は川でもっと寒い目に遭っているお友達もいたね。
風邪ひくなよ〜。
posted by エイ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年01月07日(Sat)

スケグ工事の仕上げ工程

3連休の初日は、朝からすっきりと晴れた休日でした。
残念ながら明日から天気は崩れる予報なので、漕ぎたい気持ちをぐっと押さえて工事の続きです。

ヒラマサ号のスケグ工事の仕上げは、開口部に膜を作る加工です。
工事は基本的には終わっているんだけど、ボトムのスケグ開口部で水の抵抗が増加するのを防ぐため、水流の乱れを最小限に留めたい。
そこで、スケグの出入り口をゴムの膜で閉じることにしました。

この方法が成功するか疑問ですが、やらないよりやった方が良いだろう。
ガラスクロスを1枚被せてエポキシで貼り付けました。(開口部はエポキシを塗らない)

IMGP1080.JPG

エポキシの一回目が乾いたので、表面をもう一度磨いて2層目のエポキシを塗ります。
本日はここまで。

IMGP1081.JPG

キールラインのキズが目立っていたので、ついでにエポキシでコーティングしておきました。
この後は、ガラスクロスの開口部分にカッターで切れ目を入れてシリコン系接着剤でコーティングすれば、ゴムの膜ができあがり。
スケグはほとんど引っ込んだままで漕ぐだろうから、膜によって水流の乱れを無くそうという狙いですが、果たして上手くいくでしょうか?

明日は、千葉県知事盃ですね。
天気が良ければ、工事の続きと艇庫の屋根作りです。
posted by エイ at 21:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年01月03日(Tue)

穏やか初漕ぎ

2日は新春恒例シーカヤッククラブの初漕ぎです。
今年はスーパー穏やかな天気で、七尾西湾は静かな湖のようでした。
川船のA-1(全長4m)でしたが、着脱可能なスケグが付いており、スピードを上げても安定しています。
たまに吹いてきた風の中でもコントロールを失わず、海でも使える船です。

20170102.JPG

昨年暮れに買った動画カメラSJCAMの「M10 plus」を初めて使いました。
このブログでは水上の写真などが少なかったので、この新しいカメラでブログの記事も充実させる狙い。
元祖GoProカメラよりずいぶん安いし、陸上では車のドライブレコーダーとして使っちゃおうという貧乏くさい狙いもあって買ったのですが、実際はどうだろう?
m10plus-gyro-1.jpg
防水ケースの他に、取り付け用アタッチメントがたくさん付属します。
m10plus-gyro-2.jpg
使ってみた感想は、画角が広くて高画質でした。
小型で軽いし、これは使えます。
しかし今回はPFDの肩ベルトに固定したのが失敗で、自分の予想よりもカメラが大きく傾いてしまいました。

これは出艇前のストレッチ中(そんなんどうでも良い? ですね)
20170102-001.JPG

和倉温泉街を海上から眺めます。

20170102-1.JPG

動画はこんな感じ


4GBのファイルに別れて保存されています。
高画質で撮ったので、90分の撮影で4つの動画ファイルが出来ていました。

カメラは問題ないけど、撮影は失敗でした。
体に着けるんなら、やっぱヘルメットですかね?
いろいろ試行錯誤して、レポートしてみます。
タグ:ツーリング
posted by エイ at 22:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック