2016年12月31日(Sat)

大晦日はスケグ工事

大掃除が終わって、買い物して正月を迎える準備が出来ました。

ユニクロでズボンのバンドと、暖かそうなセーターとシャツを買って。
あの店舗のサイズで欲しいと思う物はだいたい揃う。
そういう望まれる商品ばかりを取りそろえてあるって事ですね。
うまいね、ユニクロはスマートだ。

カヤックエルゴのパドルにはテープを巻きました。
ずっと良い感じになりましたよ。

IMG_20161230_173358.jpg

大晦日の午後は穏やかな天気で、日も差していたのでFRP作業の続きです。
付け根部分の2層目の仕上がり、良さそうですね。
IMG_20161231_134305.jpg

IMG_20161231_134328.jpg

デッキとの隙間にフォーム材を詰めて、FRPで固めます。
これで押さえも完璧。
IMG_20161231_134421.jpg

ボトムにはスケグボックスが、はみ出しでいるので、グラインダーで削って凸凹を小さくします。
その後、FRPで仕上げ。

IMG_20161231_135048.jpg

IMG_20161231_135056.jpg

これで90%終わり、後は細かいところです。
夕方からまた雨になりましたが、もう作業は終わったので。
北陸の冬の天気は好天が続かないのです。
作業が進んで良かった。

大晦日の夜は、家族が見ている番組が全然面白くなくて...世代ギャップなんですかね?
だいたい、毎年のようにパソコンに向かってます。

みなさん良いお年をお迎えください。
posted by エイ at 19:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月28日(Wed)

間に合わないよ〜

少しは運動していますが、漕いでないので。
じわり来ました体重が、1kgの増量なおも増量中です。
いかんいかん、この辺でリミットかけよう。

寒い時期、食欲がムラムラっと来て、これは本能だから、北陸の冬の食を楽しむのも良いですが。
昨年は3月までに+3kgいったので、今年は+2kgに収めよう。
たくさん食べて太らない為には...運動。

来週は初漕ぎがあるのに、ヒラマサ号はまだ工事中です。
オマケに週間天気予報は全滅状態。
ヒラマサ号は間に合わんこと確定!

スティングレーは嫁に行ったので、我が家には出動できるシーカヤックが居ません。
ショートツーリングなので、A-1持っていこうか?
スラ練習艇なので、シーカヤックよりコントロールは楽ですが。
浮力体どこ置いたっけ、捜さんと。

141024-2.JPG
(これは、夏の季節に撮った写真です)
posted by エイ at 00:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月25日(Sun)

ヒラマサ号のスケグ工事−今日こそ完成?

晴れの予報でしたが、早起きできずにスロースタート。
水止めが終わって、今日こそFRPで仕上げます。
ヒラマサ号懸案のスケグ追加工事がやっと今日で終わる。

IMG_20161225_103312.jpg

当初、FRPだけで水止めも固定も兼ねちゃおうと思ったけど、FRP工事が下手なので。
水止めはコーキング剤、固定はFRPで分業することにしました。
コーキング剤は隙間への充填がうまくいき、仕上がりもきれいです。
その上からガラスクロスとエポキシを使って固定していきます。

FRP作業前の写真(シリコン系の充填剤が見えます)
IMG_20161225_103605.jpg

サンドペーパーで表面を磨いてエポキシ樹脂の地を出してからエポキシの塗布。
天気は不安定で、雨が落ちてきたらシートを被せて待機します。


ボトムの工事なので、工事不良があればどこかで死ぬかもしれんね。
エルゴマシンの自作とはレベルが違うことを肝に銘じて。
マジで命取りになるので、堅牢さを追求して作ります。

FRP作業はエポキシを作ってからの短時間勝負ですが、2回目、3回目に分けて完璧に強化します。
スケグボックスとデッキとの隙間には補強材を入れて、ボトム、デッキ、スケグボックスを一体化。

ヒラマサ号は重心が少しバウ側に寄っているので、担ぐとサイブレイスの出っ張りが当たって痛かったけど、スケグの追加によって重心が移動していい関ジャニになった。

2層目まで終了。
ついでにハルのキズも補修。
エポキシの硬化が遅くて時間切れになりました。

IMG_20161225_180437.jpg

この後の予定は、
工事のついでに、コーミングのサイブレイスを少し削ります。
サイブレイスは大事な部分なので、削るのは最小限に留めて。

完成!(となる予定)
このスケグボックスなら、ビーチでどんなに揉まれてもびくともしないように。
ヒラマサ号のスターンにスケグボックスの壁ができて、工事前よりも頑丈になる予定。

posted by エイ at 14:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月24日(Sat)

ヒラマサ号のスケグ工事−もう少しです

サンタさんが来なくなったおじさん達。
今年は、ドラえもんおじさん達にはポルトガルのサンタさんから?プレゼントがきたようですね!
(何のことだか分からんことで、すみません)
IMG_20161223_105714.jpg

ヒラマサ号のスケグは、すき間のコーキングと固定の作業が残っています。
昨日は、ぐずつき気味の天気で、ラズベリーパイ基板のカーネルビルドの作業をしながら、工事のタイミングを見計らっていました。

IMG_20161223_105728.jpg

雨が上がった貴重な時間で、スケグ取り付け部のすき間のコーキング。
時折、雨が落ちてきて中断。
コーキングだけはなんとかやった。
これだけでもできれば良しとしましょう。

今朝は晴れてますね。
けど仕事日でした、貴重な晴れ間なのに残念。

posted by エイ at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月18日(Sun)

ヒラマサ号のスケグ工事

今日やらないでいつやるの、と言わんばかりの天気が休日と重なった。
ウッド艇ヒラマサ号のスケグ追加工事、今日は捗りました。

スケグの出口と、スライドボックスの穴が完成。
IMG_20161218_134939.jpg

スケグボックスはリアハッチの少し後ろに配置
IMG_20161218_155538.jpg

スライドボックスの角穴です。
IMG_20161218_134956.jpg

膝がぶつからないように事前に確かめた位置にスライドボックスを設置。
IMG_20161218_155508.jpg

ワイヤーとガイドチューブをスライドボックスに通してセット
IMG_20161218_161112.jpg

スライダーの中でワイヤーをネジで仮固定して、ワイヤーのカット位置を確かめる。
IMG_20161218_155745.jpg

ワイヤーをカットして、本決めする。
IMG_20161218_160907.jpg

スライダーの操作でスケグが出し入れ出来ることを確認しました。
ガイドチュ−ブのRがきつ過ぎると、スケグの出し入れが重くて操作困難になります。
IMG_20161218_161033.jpg

ヒラマサ号のスターンは高さがないので、スケグボックスが入るのがやっとです。
このようにガイドチュ−ブはデッキから上に露出することになります。
Kari-Tekのワイヤー式スケグセットは、上からワイヤーが出るため、こうなってしまう。
確かロープ式と水圧式のスケグセットもあったと思うけど、シンプルさと確実さを優先してワイヤー式を選びました。

残りは水止め工事です。
次の休日は作業出来るか?

posted by エイ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月16日(Fri)

カヤックじゃない遊び

降るべき物が降ってきました。

IMG_20161216_080720.jpg

ヒラマサ号のスケグ工事、また延びそうですが週末はどうなるでしょうか?

漕がないときも、なるべく体力が落ちないように、少しずつトレーニングしてますが、
冬の間は電子工作が中心の投稿になりそうです。
カヤックの記事を見たいみなさんには申し訳ないですが、これもエイの趣味なんで、まあ許してチョ。

今年の冬はラズベリーパイ基板であれこれ遊ぼうと思っています。
いまは、カーネルというOSの中心部をいじくり回す地道な遊びで、ブログに載せても全然面白くない部分です。


ロシア外交団、やはり北方領土を返す意思は無いようですね。
まあ、これからも手放すことは無いでしょうね。
そういう国と思ってつき合うしかないです。

プーチンさん、こう思っているのではないか、
(ぜんぜん良い材料がないのに、ここまでしてもらって悪いなあ、ごっつぁんです)
安部さんはこう思っているのではないか、
(感触良かったのに、明けてみたらほとんど収穫がない、これは後始末が大変だぞ)

posted by エイ at 08:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月07日(Wed)

今年のカヤッキングをふり返って

今年はもう朝は漕がないので「早朝シーカヤッキング」の1年を振り返ってみました。

今年は年初から仕事の山が来て、出遅れた年です。
技術者としてのプライドをかけた仕事だったので、締め切りに間に合うよう夜も頑張った。
おかげで今年の前半は漕げませんでした。
最初のレース「若狭パドリングフェスタ」はSharp6で出て散々だった。
6月から早朝シーカヤックの距離を挽回すべく、前年6kmだったのを10km平均に増やして漕ぎ始めました。
200Kmオーバーの月も。

20161207-2.JPG

11月に1000kmを達成して、今年も年間1000kmを継続することが出来たのは良かった。

体の方もバンバンです。(なんじゃそれ?)
高血圧は、塩分カット、飲まない(関係ないかも)、適度の運動で抑制が効いている。
この年代でこれだけ体が締まっていれば、まあ良いのではないかと思います。

スマホでGPSの距離積算に使うendomondoでは、「年間1000km以上漕ごう」の競い合いで出遅れたものの最終的には 9位/54名 まで浮上しました。

20161207-1.JPG

健康スポーツとして漕いでいる早朝シーカヤック。
これだけ漕いでいると、マラソンレースに参加してレースを楽しむことができる特典が付きます。
以前は体力測定のつもりでたまに参加していたマラソンレースだったが。
今ではレースの上位に顔を出して、その競い合いのなかに楽しさがある。

漕力が着くとツーリングにおいても余裕が生まれる。
まさに一石三鳥の良きことです。

でもシーカヤックをやるのは、それだけが理由じゃないはず。
なぜこんなにカヤックにのめり込むのか、考えてみました。

普通の人から見れば、何が良いの?
気持ちよさそうだけど大変そうだし、よく飽きずにやっていると思う。
でも、僕らは知ってしまったのです。
水の上を走る快感と、水と空気に触れた感触を。
水は生命の源だという、遥か遠い水中生活の記憶がどこかに残っているのでしょうか。
今日も水辺へと駆り立てているものは、水と空気に触れる記憶の確認をしているのかも知れない。
posted by エイ at 23:43 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月04日(Sun)

置き台がない、あった〜。

カヤックはいつも地面に置いているので、カヤック置き台は持っていません。
しかし、ヒラマサ号にスケグを後付けする大工事のため、置き台が必要になった。

IMG_20161204_160213.jpg

何か置き台になるような物はないかと捜したが見つかりません。
納屋を覗いてみると、捨てずにおいてあった古い折りたたみのパイプチェアがあったけど、背もたれがあるからカヤックは置けません。
ん?...背もたれを取ればカヤックの置き台になるか?な?
と言うことで、カッターでパイプを切って置き台として使うことにしました。

IMG_20161204_120607.jpg

起き台になったー。
背もたれのない椅子としても使える、優れものです。

IMG_20161204_142314.jpg

それで、スケグ工事の方ですが、スケグの取り付け穴がやっと完成。
まだ1/3です。
次の作業は晴れた週末になりそう、1月の初漕ぎに間に合うか。
posted by エイ at 23:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年12月01日(Thu)

知事への提言2

「都民の声総合窓口」へ追加の提言を行いました。

オリンピックのボート/カヌー競技会場がどこに決まろうが、僕には関係のないことですが、
巨額の税金がムダになるのはもったいない。
せっかくだから良いトレーニング環境として残すべきなんです。

−−−−提言内容
オリンピック後に海水の「海の森」がトレーニングの場になりえないことは決定前の現時点で明白なので、維持管理費だけがかさんで閉鎖に追い込まれたときの責任の所在を明確化して下さい。
都民・国民が納得できる形でないと、都政の信頼失墜は免れないと思います。
ボート・カヌーの競技団体は責任を取る能力も補償する力もがありませんから、オリンピック後の使用の計画や約束を守ることは出来ません。
結局は都が責任を負うことになります。
−−−−以上

自分に出来ることはこれくらいなので、後は待つしかありません。
森喜朗さん(石川県出身)は、日本をダメにしている一人かも知れませんね、ふぅ〜まだ引退せんのか。
まあ今回も、政界のパイプを持つ彼が周りから望まれてなったのでしょう。
引退しても別の誰かが代わりになるのでしょうね。
JOCとか五輪組織委員会とか、リーダーとなるべきすばらしい人は居るのでしょうけど、そういう人が選ばれない仕組みになってしまっているんだろうなあ。

posted by エイ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月27日(Sun)

青木湖漕ぎ

長野県の青木湖まで高速使って3時間かけて行ってきました。
今年最後のあがきか、水のきれいな青木湖で。

出艇場所はキャンプ場の岸から出させて頂きました。
キャンプ場の管理者に電話して、お礼もして。

20161127.png

ここはいいですね、水がきれいで。
キャンプシーズンも終わって静かです。
湖底にかなりの量の湧水がある自然の湖で透明度が高く、岸も自然のままです。
こんなきれいな湖は、近くにないなあ。

持ってきたSharp6は、まだまだ乗りこなす途上にあります。
シートの高さも低めにしすぎた感あり、調整しないと漕ぎにくいです。
タグ:ツーリング
posted by エイ at 21:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月23日(Wed)

ウェストベルト型のライフジャケット

早朝はほとんど夜みたいで、もう限界です。
今シーズンは今日で終わりにしました。

IMGP1050.JPG

あとは日中、たまにポカポカ陽気に誘われて出る程度かな?
スタートが6月だったので期間は短かったけど、わりとたくさん漕げました。
おかげで体の動きは軽いし、体調はバンバンです。

冬の間は自作のエルゴを漕いだりするのだけど、春の漕ぎ始めでは明らかに体力が落ちています。
まあどうしても運動量が落ちるのは、しかたないかなあ。
シーズンオフに体を休めることも大事ですが、そもそも、シーズン中にたいした運動していないので冬場に体力を落とさない工夫もあった方がいいかなって思っています。

今日は荷物が一つ届きました。
ウェストベルト型のライフジャケットです。

IMGP1055.JPG

早朝シーカヤックは、ほとんど静水でのトレーニングなので、みなさんがジョギングするような軽装で漕いでいます。
PFDも着用していません。
これはPFDなしでもセルフレスキューに問題が無いとか、どこでも岸に上がれる環境で漕いでいるからですが。

しかし歳も歳だし一人で漕いでいるので、トレーニング中に体調が急変しないとも限らない。
自分は良くても、河北潟で水難事故があれば周囲に迷惑をかけるので、来シーズンからこれを着けることにしました。
これなら装着の手間が無くて、お手軽です。

ベルトから下がっている紐を引くと、圧縮空気で一気に膨らむ仕掛け。
小型のボンベが見えます。
IMG_20161123_1.jpg

反対側には、自分の息で膨らます口とホイッスルが備えられています。

IMG_20161123_2.jpg

膨らむと、このような浮き輪上のライフジャケットが脇の下に上がってくる仕掛け。

IMG_20161123_3.jpg

中学校のボート部がこのタイプを使っていたので、それを見ていいと思いました。
posted by エイ at 10:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月22日(Tue)

ありがとう、スティングレー

4年間の早朝シーカヤッキングで、一番の友であったスティングレー。
次の持ち主が、来年早々に乗り始めたいという希望なので、今週でお別れです。
今日は乗り納めのつもりで漕いで、きれいに水洗いしました。

IMGP1031.JPG

美しい船体の高速貨物船で、なごり惜しいです。
写真が暗くて良く見えないけど、別れだからその方がいいんです。

大昔、おつき合いしていたお嬢さんと別れた時を思い出します。
posted by エイ at 08:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月18日(Fri)

三拍子揃って冷えてます

寒い、冷たい、危ない。
浮きドックの上は霜で凍ってる

IMGP1025.JPG

そろそろ、やばくなってきたか。
今朝は特別冷えたようです。
河北潟の湖面は霧が立ちこめ、ミルキーホワイトの中を漕いでました。

おっと、金大のボート部もまだ漕いでました。
今年は成績も良かったみたいで、よく練習もしているようです。

posted by エイ at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月17日(Thu)

これで完璧

能登島一周ではスティングレーのラダーが抜けて苦労しました。
そこで今回は、心棒を貫通させて上下にストッパーを付ける完璧な修理をしました。
今朝は雨の中、ラダー修理の試運転。

上のピン留め部分。

IMGP1022.JPG

下のピン留め

IMGP1023.JPG

以前は、心棒が貫通せずラダー内部で止まっていたため、堅くたたき込んでいたにもかかわらず、少しずつ抜けてきてトラブルになった。
心棒には錆びに強い真鍮を使用。

試運転も上々、これでラダーが抜けることはない。
スティングレーは前の持ち主に戻ることになったので、いい加減な修理は許されない、完璧にしておかないと。

posted by エイ at 08:24 | Comment(4) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月16日(Wed)

確かめる時期

昨日は雷雨の予報がはずれて穏やかな朝だったのに漕がなくて、今朝は寒い中漕いで来ました。
ポギーを使っているので漕いでいるときはいいのですが、終わってから手がしびれるように冷たい。
天気予報めっ。

IMGP1020.JPG

今年はもうカヌー関係の行事も、仲間との忘年会だけになって、
1月の初漕ぎを挟んで3月まで漕がなくなるんで。
もうしばらく、水の感触を確かめながら漕ぐ貴重な時間ですね。
posted by エイ at 08:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月14日(Mon)

丘仕事

明日は雷雨の予報なので、早朝シーカヤックはお休み。

ドライトップの手首のゴムが破れていたので修理しました。

IMGP1014.JPG

自己流です。
ゴム部の根元(接合部)を残して、きれいにカットする。

IMGP1015.JPG

補修用のリストシールとウェットボンドを用意する。
このように、シワが出ないようにする。
(適当な容器にチラシでも何でも巻き付けて差し込めば良い)
(チラシ等を巻き付けるのがミソ、後で分かります)

IMGP1016.JPG

ゴム部にたっぷりボンドをつけて少し待ってから、リストシールを被せる。
丁寧に押さえつけ、輪ゴム等で押さえ、もう一度周囲を指で丁寧に押さえて隙間をなくす。

IMGP1017.JPG

乾いたら、中の詰め物を取る。

まず、円柱の容器に巻いた物(チラシ)を外して取り去り、その後円柱を取り出す。
(太すぎると取り出せなくなるので、チラシを巻いてある)

IMG_20161114_210346.jpg

円柱の容器を取り出す
IMG_20161114_210443.jpg

できあがり。
IMG_20161114_210501.jpg
修理に使った材料は、
【MARSYAS】ラテックスリストシール. TS-221
ウェットボンド(耐水ゴム糊)

丘に上がった漁師が網の手入れをするみたいな。
ストイックだ!、いや、貧乏性だ。
posted by エイ at 21:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月13日(Sun)

お熱いのがお好き

気温が最低最高とも高めと言っていた割には、寒い朝。

IMGP1013.JPG

終わった後の熱いシャワーが...ありがたい。
今度、信州・青木湖に行く予定ですが、ポータブルで熱いシャワー欲しい...いや近くの温泉捜そう。

日曜日は、やることがありすぎて逆に何から手をつけようか状態です。
そんな時もありますよね。
posted by エイ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月12日(Sat)

飛ばすときに注意

IMGP1005.JPG

スイフトはバウを絞ってあるのでパドリングしやすいし、センターのブレも分かりやすい。
早朝シーカヤックはスイフトを使うべきだ。
やっぱりスイフトは手放せないな。

飛ばすときに注意
低温だと鼻水が多くて、上がってから鼻水を飛ばしたら、ズボンにドバッと付いた。
なかなか狙いがつかないものなので、気をつけないとね。
posted by エイ at 10:41 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月11日(Fri)

フィットネスに適するスイフト

今朝は冷たい雨がポツポツ落ちる中、久しぶりのスイフトでした。
やっぱり軽い漕ぎ味ですね。

IMGP1004.JPG

シーカヤックと比べて漕ぎ味が軽いのもそうなんですが、なぜか腹筋が疲れ気味になります。
考えるに、トルソーと肩の負担が減りよく回るので、腹筋の負担が増えたのではないか?
ということは、使われる筋肉の範囲が増えて運動量全体が増える傾向にある。
スイフトのような船はシーカヤックのようなやや重い艇種よりもフィットネス用として適しているのではないか?
と思います。

柔道部物語の部長選挙、あれは確か買収が発覚して失格になりましたね。(なつかしいなあ)
米国では買収問題は起きないんでしょうか?
posted by エイ at 08:15 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月09日(Wed)

セコく貯める

就寝が遅かったので、朝がいつもより20分遅くなりましたが、漕ぐ日なので出ます。
気温6度、今年の早朝シーカヤックももう少しだね。
会社に遅れないよう時間を見て3.8Kmで上がりました。

短いですが、少しでもやって貯めるという感覚です。
健康貯金みたいな感じかな?
posted by エイ at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月08日(Tue)

硬直ほぐし漕ぎ

能登島一周のあと1日空けて、硬くなった体をほぐす意味で漕ぎました。
準備のストレッチをすると、いつもより体が硬くなっているのがよく分かります。
きつい運動の後は、あまり日を空けないでストレッチと軽めの運動をした方が良いみたいですよ。

この秋最高の朝です。
IMGP1003.JPG

IMG_20161108_064411.jpg

欲しいと思っているS18Rの身長適合性をステラ・カヤックスに聞いてみました。
「僕は身長が167cmです。 S18Rは僕にフィットするでしょうか?」
すぐ回答が来た、「はい、フットボードが調整可能になっていますから」

答の頭がyesで始まっているからOKなんでしょうが、本当に調整範囲に入っているんだろうなぁ。
まあ最悪届かなくても何とかするさ。
人柱でもいいから、もう迷うことはないので久しぶりの新艇購入です。
ステラのシーカヤックは、桑野造船さんのホームページで見たことがありましたが、今はボート関係しか掲載されていません。
でも、まだステラを購入可能でした。
桑野造船さんから見積もりを頂きました、普通に購入できます。

S18Rと用途が重なるカヤック2艇(スティングレーとスイフト)をお嫁に出して、1艇を購入すると持ち船を1艇削減できる。
でもスティングレーもスイフトもまだ乗りたい。
スティングレーはスピードも良いし大きいのに軽くて頑丈で体型が美しい、放出は悩ましいところです。
でも、S18Rが来れば乗ることはないだろう。
スイフトもレースの練習艇としてまだ乗りたい船で、これまた放出は悩ましいところ。

posted by エイ at 22:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月07日(Mon)

妄想は楽しい

道具に大金をつぎ込む自転車オタクに比べれば、ささやかな妄想です。

ツーリングは、ウッドのヒラマサ号にフィッティングを施せば最良の友になる。
ダウンリバー、スプリントはSharp6で訓練中。
これから先、早朝シーカヤックにもレースにも末永く友と呼べるカヤックが欲しい。
スティングレーも良いけど、一人で運ぶにはもう少し軽くしたいし安定も良いほうがいい。

とあるメーカーのシーカヤックに目が止まりました。

S18R-Orange-Stripe-Combo.png
ステラ・カヤックスのS18R、全長5.4mなんと言っても軽い
Ultra - Woven仕上げ→15.5Kg
Excel仕上げ→16Kg
Multi-Sport仕上げ→17.8Kg
Advantage仕上げ→17.8Kg
Sport仕上げ→22kg
上から2番目のExcel仕上げでスティングレーより4kgも軽い。

フットブレースはサーフスキーのようになっています。
S18Rfoot.JPG

マラソンレースを意識したカヤックですがツーリングにも向いている。
いいですね。
妄想を、具体的に所有したらというところまで進めると、身長適合問題が出てきます。
身長167cmで足が届くのか?
メーカーに問い合わせ中。

既に、かなりその気になっている。
妄想だけでは収まららない、まだまだ修行が足りませんね。
posted by エイ at 21:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月06日(Sun)

能登島一周 2016

カヌーあいらんど渡邊さんが毎年行っている能登島一周は、今年で25回目になるそうです。
途中からですが連続して参加しています。
今回は北寄りの風が強い予報でしたが、予報通りの部分とそうでない部分、仲間のトラブルも自分のトラブルもありましたが無事に終了しました。

和倉から出発して反時計回りで一周します。
最初は南湾、風裏なので静かです。

IMGP0996.JPG

南湾の中も、地形によって北風が東に回って吹き込んでくる場所もあり、今日の風の強さがうかがえました。

マリンパークで合流する予定の愛知の店長から、津波注意報が出たと連絡が入った。
一旦止めて、情報を収集するが、防災ニュースには警報が出ていない。
ムム、店長得意の攪乱戦法か?
やがて店長が合流、レースのペアの2人艇です、本日最強のカヤックです。

能登島東岸に出る直前の松島キャンプ場で休憩。
ここまでは順調だったんです。

IMGP1001.JPG

休息が終わり、今日のクライマックスと思われる、向かい風の北上です。
予報通りの北風で、6kmほど北上することになる。
ただ、恐れていたほどの強風ではなかったのは幸いでした。5m/sほどかな?

北上中に一人、体調不良で途中上陸しました。
もう少しでしたが、残念。
僕は最後尾にいたので、彼の上陸を見届けて再合流です。

北上が終わり北湾に出ました。
風も東にシフトして、斜め後方の追い風です。
波がちょっと出て漕ぎにくかったです。
北湾の中ほどで、また一人途中上陸。体力の消耗ですね。

Weランドで昼食休憩です。
気温は15℃までしか上がらず北風で寒い中、店長が沸かしたホットコーヒーはありがたかったです。

ここまでで2/3の行程で、あとは比較的楽なはずでしたが。
上陸直前に僕のスティングレーのラダーが外れました。
修理したラダーの軸が抜け落ちている。
熊野に行く前と後でチェックしておいたのだけど、今日の波風には耐えられなかったのか?
同じやり方はダメ、根本的な修理が必要ですね。

これで残りの1/3の行程は、ラダー無しで漕ぐことになりました。
ラダーが無いと、この船は風波で苦労します。
風が強まると外傾のコントロールも効かず、船はスーっと横を向いてしまう。
なかなか困難な状況になり、横走りとダウンウィンドを組み合わせてジグザグ航法でゴールへ向かいます。

西湾に入って店長一行と別れてからも北東風に悩まされました。
左岸の風裏に沿って南下し、ゴールの北東の位置から方向転換してゴールを目指します。
そんな苦労をしながら、みんなの待つゴールへ到着。
なかなかハードな一周でした。

20161106-1.JPG
タグ:ツーリング
posted by エイ at 21:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月05日(Sat)

神頼み

秋晴れのいい天気でした。

IMG_20161105_070755.jpg

今日は久しぶりにウッド艇のヒラマサ号で漕ぎました。
全長5mのオールラウンド艇です。

IMG_20161105_061507.jpg

コントロール性が良いオールラウンド艇ですが、スピードも良いです。
安定が良くて一次安定、2次安定ともにしっかりあって、けど初心者が乗るとけっこうぐらついて。
自転車と同じで、乗り慣れないと難しいものなんでしょうね。
カヌーあいらんど渡邊さんの製作は、安定とコントロールとスピードの絶妙のバランスですね。

スピードはレースに使っているスティングレーと遜色ありませんが、シートやフットブレースをレース用にフィッティングしていないので、今の僕には漕ぎづらかった。
こんどフィッティングしましょう。

昼間は母を連れたドライブだったので、白山市まで足を伸ばして山の紅葉見学。
白山市にある「波切不動」を訪ねました。

IMG_20161105_133633.jpg

実は熊野へ出発する前に無事を祈願しに参っておこうと思っていたけどかなわず、今日になりました。

縁記を読めば、波乱に富んだ不動様のようです。
IMG_20161105_133524.jpg

白馬に乗った貴女が現れたんですね〜、僕にも現れて欲しいなあ。
「波切不動」は、航海の守護仏。

IMG_20161105_133446.jpg

よく見れば、なんとなく不動様のお顔が。

IMG_20161105_133512.jpg

明日の航海の無事を祈願しました。
posted by エイ at 18:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月04日(Fri)

ポギーの使用開始

11月に入るとさすがに冷えますね。
一年間、車の中に眠っていたポギーを使用します。

IMGP0992-1.JPG

ポギーはゴム質の生地のためか、表面が劣化してくっついていました。
使用には問題なかったけど、今度仕舞うときは保存に気を使う必要がありますね。
それと耳が隠れるネオプレーンの帽子で、頭も温かくして。

次の日曜日は、今年最後の大イベント「能登島一周40km」です。
風によっては極限状態のパドリングを経験することになり、一周を断念するときもあります。
風が吹かないとただの観光ツーリングで何事もなく終わってしまいますが、今回は北よりの風が強そうです。

仲間がいるから極限まで挑むことができるし、仲間の安全に気を配るマネージメント力も養うことが出来る。
そんなことも含めてシーカヤックのスキルを実践する機会でもあります。

posted by エイ at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月03日(Thu)

熊野ちょっとだけ観光

レース当日の朝、早起きして熊野観光しました。
時間は短かったけど。

静かな朝
IMGP0985.JPG

熊野市のホテル近くの海岸には、獅子岩と呼ばれる奇岩。
IMGP0987.JPG

少し離れた「鬼ヶ城」での散歩。
朝早いと人もまばらで、いい散歩ができました。

金属的とも思える岩肌。
IMGP0989.JPG

波の浸食でこんな鋭角的に削れるのは、浸食されやすい岩なのか?

IMGP0991.JPG

ここの岩壁を触ってみると、ざらっとした感触で指先に少し砂粒が着きます。
やはり、浸食されやすい性質のようです。

IMGP0992.JPG

歩道の上に覆い被さるような岩、危なくないのかな?
posted by エイ at 16:20 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年11月02日(Wed)

カルガモ5人衆、熊野で表彰台

カルガモ隊5人衆(うち一人女性)、背中もきまってます。
カヌーポロクラブの「海洋研究班」に所属する彼らは、カルガモ隊を結成して各地のシーカヤックマラソンに出没している。

IMG_20161030_135412.jpg

熊野シーカヤックマラソンにおいて、ポロ艇のカルガモ漕法で優勝しました。
3kmのクラスですが、表彰台の一番高いところに。

IMG_20161030_134021.jpg
おめでとうございます。
(5人揃ってのゴールでしたが、女性のお一人は女性部門で優勝)

(これは若狭のレースでの写真です)
karugamokogi.jpg
posted by エイ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月31日(Mon)

熊野の振り返り

レースも片付けも終わって、ホッとくつろぐ場所。

IMG_20161030_143305.jpg

この売店のかき氷は絶品で、少々寒くても食べる価値あり。
この時期にまだ作ってくれます。
気温も低めなのでハーフサイズ(150円)を勧められる。
古ぼけたテーブルに腰掛けて、かき氷を味わいながら過ぎゆく時間を愉しむ。
このお店の昭和っぽさが、子どもの頃を思い出させます。
この時間...贅沢や。

振り返り
スタート前に大阪のナベさんから声をかけていただきましたよ。
このブログを見ているって、ビックリポンですね。
トップレベルの人が見て何も収穫はないけど、気分転換にでもなればよかばい。

タムテツさん、まさか自分がMichael Boothと競り合うとはね!
なんか、益々速くなってない?

自分の漕ぎとしては、少しマシになったけど、イメージ通り15kmを走りきるにほど遠いです。
まだまだ早朝シーカヤッキングもガンバランバ。
還暦過ぎて生涯最速。
どこまでやれるか、自分が実験台。
posted by エイ at 23:31 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

熊野からの帰着

今年も熊野シーカヤックマラソンが終わりました。
相変わらず忙しい遠征でしたが、少し観光も出来て、満足な漕ぎも出来たマラソン参加でした。

IMG_20161030_075637.jpg

今年は静かな新鹿の浜。
IMG_20161030_084306.jpg

土産話は後にして、結果だけでも載せておきますね。
上級者クラスだけの写真で申しわけありません。
後日、熊野シーカヤックマラソンのホームページにPDFが載ると思います。

IMG_20161030_133118.jpg

昨年より順が1個下がって5位に終わりましたが、昨年より10分早かったし、今の力を出し切れた感もあるので、まずまずの漕ぎでしたよ。
ちなみに、もしシニアのクラスがあれば優勝です。

楯ヶ崎に向かう途中は、相変わらずうねりが大きめでしたが、何と優しい波だったことか。
この辺にしては、一番穏やかな部類に入るかも知れませんね。
posted by エイ at 00:05 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月29日(Sat)

熊野市に歓迎される

明るいうちに熊野入りして、少し海を見たかったのですが。
午前中仕事に出て昼出発だと、熊野についたのは5時をだいぶ回って
わずかに空に明るさが残っている程度でした。

一番星を移そうとしたんだけど、写真の技術がないので、こんなになりました。
IMGP0984.JPG

今回は熊野市内のビジネスホテル泊まり。
国道からホテルへ入る道を見当つけていたら、国道の大きな電光の道案内が”シーカヤック” ”ようこそ” ”SUPも” ”ようこそ” と表示している。
「おお、俺のことかぁ?」
ちょっと、くすぐったかったです。
でも、ありがとう。

途中の道路では、海へ吹く強い風にあおられて、カヤックが揺れてました。
今日はオフショアの風で沿岸は波がたたなかったでしょう。
夜、ホテル近くの浜に出ると、静かな湾内でした。

明日も新鹿の浜は静かなはず。
風向きが北から徐々に北東へシフトするので、湾を出て楯ヶ崎方面に向かうにつれ、風と波に悩まされると思う。
かなり強い向かい風が予想されるけど、どの程度の風波か?
この風向きは、荒れるパターンなんだろうか?

posted by エイ at 20:44 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック