2016年10月28日(Fri)

準備着々

また冷え込んできました。
風もあって、熊野へ行く前に海の感触を少し味わうことが出来ました。

手も冷たかったが、あっちの海はまだ暖かいはず。
熊野の海、今年はどんな顔を見せてくれるのだろうか?
楽しみと、その1/4くらいの不安。

IMGP0983.JPG

明日はレース前の休養日です。
シートを固定するネジが錆びていたので交換したり、細かな点検。
この間ラダーの心棒をチタンに交換してからノントラブルですが、そこも再チェックやね。
posted by エイ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月27日(Thu)

あっぱれ!アスリート

東京オリンピックのボート競技場をどこにするか問題。
競技団体の「日本ボート協会」は、競技場は海の森以外にあり得ないとしていますが、その化けの皮が剥がれる出来事が起きました。
今朝のテレビニュースに寄れば、昨日、埼玉県の戸田漕艇場に競技選手が集まって会合が開かれました。
そこでボート競技場を海の森に作った場合、競技中に風の影響を受けやすいことから、適していないことが表明されました。

以前から、海の森は淡水ではなく海水のためメンテナンスの手間が大幅に増加する。
風の影響が大きいなど、選手の間では「東京五輪後は多分使わない」との声が大半だったそうです。
しかし、「日本ボート協会」はなぜか「アスリートファースト」をうたい文句にして、東京都に対して海の森からの変更に難色を示してきました。
実は「アスリートファースト」は単なる口実で、アスリートはどうでも良かったようです。
昨日のアスリートの会合に選手側から参加の呼びかけがあったにもかかわらず、「日本ボート協会」は参加しなかったそうです。
つまり、選手側が海の森に競技場を作って欲しくないことは充分承知なんで、参加すると選手との対立が表面化するのは明白。
選手との対立が表に出てしまうのを避けたかったのでしょう。

僕は以前から、海の森案について選手達はどう思っているのだろうと疑問があったのですが、こういう形でちゃんと表明してくれて嬉しく思います。
しっかりと自分達の意見を述べたアスリートに「あっぱれ!」

先の都知事選で自民党の候補が勝利した場合は、たぶん競技場の見直しなく粛々と建設が進んでいたでしょう。
ということは、都知事戦で自民党推薦が得られなくても立候補した小池知事に「あっぱれ!」ですね。
ということは、小池知事を勝利させた東京都の有権者にも「あっぱれ?」

これで、「日本ボート協会」は化けの皮が剥がれて「アスリートファースト」を口実にできなくなりましたね。
では、「日本ボート協会」の実体は何なの?
どうしてアスリート達の声が開催側に届いていなかったの?
競技に全く無縁な僕は「日本ボート協会」を知らないのですが、オリンピック競技会場についてはボート競技者を代弁しているかのように振る舞っている。
日本がボートやカヌーで国際競技では勝てない原因も、「日本ボート協会」の体質に問題があったりするのかな?

一方、26日のニュース記事によると「日本カヌー連盟」が都の調査チームに対し、海の森水上競技場での開催を要望したそうです。
「日本カヌー連盟」も、アスリートはどうでも良い団体なんですね、たぶん。
上部団体?というより設備請け負いだけの利権集団であることが浮き彫りにされた今回の競技場問題。
ここまで腐っていれば、アスリート達は劣悪な環境に置かれること必至。
競技者が中心となって別の団体を立ち上げるとか、何かできませんかね。

今年も1000Km達成。
最終的には1200kmくらいまでいきたいね。

IMGP0982.JPG
posted by エイ at 08:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月26日(Wed)

ようやく1000km間近

寒くなったと思ったら暖かくなったり。
の、ころ頃ですね。

IMGP0981.JPG

今年も、なんとか、塵も積もれば山となる、1000kmに漕ぎ着けるところへ来ました。
endomondoの2016年漕行1000km達成しようの漕ぎ比べは、15位に低迷していましたが、上位の距離が延びない間にTOP10入りを果たしました。
今年は、7〜8位あたりまで行くかもね。

20161026-1.JPG
posted by エイ at 08:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月22日(Sat)

待つことも覚えねば

今日は楽ちん14km漕の日
久しぶりに放水路の水門まで(片道7km)を往復しました。

20161022-1.JPG

どこかの高校が練習に来ているようです。
このコースは、遠くから来るほどいいコースなんでしょうね。

IMGP0980.JPG

カヤック以外の運動用に「自転車を買おうか」という案が浮上し、物色しては見たものの。
考えてみると今年の屋外練習はもう一月を切っているので、使うのは来春からになります。
それに折りたた式を持っていれば、天竜川での練習でゴール地点に自転車を配置しやすくなる。
今は買う時期じゃなさそうです。
つい、うきうきして買いに走る自分、ここは自重するところやね。
posted by エイ at 13:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月18日(Tue)

天竜川ダウンリバーレース

時季外れですよねー、ホント、でもあんまり話題も無いし。
全日本天竜川カヌー競技大会というダウンリバーレースがあります。
趣味のサンデーカヤッカーから、ダウンリバーの国体選手も一人、二人入ってくる面白いレース。
毎年8月第4週の日曜に開催しています。
スラローム・ポリ艇のクラス、シーカヤックのクラスもあるので、幅広い層が挑戦できる急流ダウンリバーレース。
「全日本」???なので、来年、初挑戦してみようかなあ、なんて。

IMGP5363-SMILE.jpg

石川県の誇る女子パドラー、ワイルドウォーターの女王と呼ばれる笹生裕子選手。
今年の希望郷いわて国体でも優勝し、国体で11年連続通算15回目の優勝でした。
その笹生選手もなぜかこの大会に出ているんですね。

大会ホームページは、https://sites.google.com/site/tenryurivercanoecompe/
今年の大会要項など:https://sites.google.com/site/tenryurivercanoecompe/o-zhirase/h28niandudi45huiquanribentianlongchuankanujingjidahuinoozhirase

コース長13kmで、いくつもの瀬を乗り越えていかねばなりません。
天竜川は昔、オールラウンドなプレイボードで2、3度漕ぎましたが、フォールやウェーブのパワーもある。
今年は出走80艇→全艇完走したそうです。(沈脱しても再乗艇して継続できるようですね)

IZ2F7919.JPG

そして、呼吸が止まっても漕いでるかもしれない横浜カヌークラブの会長も、シーカヤッククラスで連続の優勝中!
ダウンリバーの国体選手も混じるK1クラスに、Sharp6で出てみようか。
沈もすると思いますが、どれだけ力の差があるのか、試してみたいこともあります。
ダウンリバーレースに初挑戦だ。

posted by エイ at 21:33 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月16日(Sun)

カヌー体験お疲れ様

祭り当日、早めに店開きしました。
全部一人でやります、テントもテーブルも自前、もちろんカヤックも。
Sharp6は今回は乗らず、お店のディスプレー用です。

IMGP0977.JPG

天候に恵まれ17人を河北潟へカヌー体験のエスコート。
僕の持ち船を総動員して、2人艇のキーウィ、練習艇のA-1、ウッドシーカヤックに分乗して。
1時間のローテーションで、広々とした水面まで漕ぎ進む体験をして頂いた。

お一人勇気のあるパパさんが安定の悪いシーカヤックに挑戦。
シーカヤックに乗った経験がある人だったので、無事に帰ってこれて良かった良かった。

僕自身は全然漕いだ気がしないが、体験なんだからまあいいか。
片づけに駆けつけて頂いたキハダさーん、ありがとね!

posted by エイ at 18:52 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月15日(Sat)

祭り前なのに仕事

祭りといっても町内の祭りではなく、河北潟のボランティアによる祭りなんですが。
今日は準備をしたいところだけど、仕事日でそれもできず。
明日の朝から準備して一発勝負です。
といっても手持ちのカヤックを4艇積み込んで、折りたたみテント積んで、笛の演奏用のアンプ積み込めば終わり。
一回では運べないかも。
まあ、いつものこんな感です。

今までは川でちょっとだけカヌー体験でしたが、今年は違います。
初心者に河北潟の本湖まで漕いでもらう。
サポートしながらどこまで漕げるか?
カヌーで広いところに出て、楽しい〜カヌーって最高!、と感じてもらうことが狙いです

中央奥の少し高く見えるのが白山。
万年雪はあるけど、この時期はもう大きなものはなく、ここからは見えません。
IMGP0976.JPG
posted by エイ at 08:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月14日(Fri)

秋の空

今朝の空はきれいでした。

IMGP0974.JPG

このところ低温が続いて、ついに今朝は10℃を切りました。
今年の早朝シーカヤックもあと一月です。
汗の量もだいぶ少なくなり、なんか後始末が楽かな?
天気予報では10月は気温が上がり気味になると言っていましたが、いっこうに上がりませんが。

セリーグは広島が強いですね、この盛り上がりを見れば今年は広島がこのまま勝ちきらないとね。
DNAの出る幕じゃないです。
DNAはTBSの時代に多くのファンを失ったから、なかなか広島のようにはならないだろうなあ。
posted by エイ at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月13日(Thu)

フレッシュ・オータム・スプリント

誰もいないところを一人で漕ぐのもいいけど、ボートと並んで漕ぐの悪くないです。
今朝は学生のボートがたくさん出ていました。
大会が近づいたのかな?

後方から追い越してきた舵付きフォアが、しばらくの間スピードを落として並んでくれました。
こっちはシーカヤックでスプリント。

IMGP0973.JPG

「あのカヌーにしてはやるじゃない」と思ってくれたか?
「頑張っているようだけど、だっせーな」と感じたか?
どうあがいても、スピードの差がありすぎる。
とにかくおつき合い、ありがとやんした。
posted by エイ at 08:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月12日(Wed)

秋を感じる物

気温は15℃まで下がり、ちょっと手が冷たいです。
秋の真ん中から後半に入ってきました。

IMGP0971.JPG

IMGP0972.JPG

秋を感じる物。
まだ無い。
この空と食欲ぐらいか?

この感性のむなしさかな。
posted by エイ at 08:12 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月09日(Sun)

マキマキテープの巻

昨日は漕いでる途中に腰の痛みが出で、ちょっと腰が重かったけど。
今朝は小雨の中、まずまずの関ジャニ〜な早朝シーカヤック8.5kmでした。
やはりラックにカヤックを固定する作業で、無理な姿勢があったから、少し痛めていたんでしょうね。

腰は、人間の弱点です。
僕も万全では無くて、ある重たさを腰に感じつつの生活なので、特に気を使います。
カヤックで出る前と後は、腰と肩を中心に念入りにストレーーーッチ、してます。

さて、
人によっていろいろだと思いますが、僕はグリップテープを巻いています。
海ではたまーにズルッて手が滑っちゃうもので。
ただテープのせいで皮膚が痛みやすいこともあるので、善し悪しですね。

こういうことはシーズンの始めにやること、なんですが、テープが痛んてきたので巻き直し。

IMGP0970.JPG

YONEXのバトミントン用のテープを使っています。
何がよいのか分からないけど、使えているので。

両端の固定は、古河電工の自己融着テープ。
電気工事用ですが、使えます。
これが濡れてもめくれてこないので、抜群にいいです。
posted by エイ at 18:20 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月08日(Sat)

河北潟下見漕ぎ

今日は大掃除から始まると思っていたら、あれっ、きれいになってる。
台風で潟から打ち上げられたゴミが、すっかり無くなって。

IMGP0967.JPG

ボートのグループが早めに掃除してくれたんでしょうね。
でも集積したゴミが少ないので、町が動いてゴミを集めていったのかもしれません。

IMGP0969.JPG

いつも漕いでいる河北潟を下見?って変な題名ですが。
来週のカヌー体験で体験コースをイメージする下見も兼ねて、河北潟を一周しました。
あちこち寄ったら18kmになっちゃった。

161010-1.JPG

漕いでると腰が、ときどき痛い!
あれっ、何だろう?
台風前にカヤックを固定していたときに、無理な体勢があったから、少し腰を痛めたかもしれません。
気をつけねば。
posted by エイ at 10:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月06日(Thu)

大風一過

今朝は強風もすっかり納まり、早朝シーカヤックができました。
幸い被害は無く、ポリバケツが転がっていただけ。

しかし漕艇場ではそうもいかなかった。

IMGP0964.JPG

コンテナ倉庫が転がって、道を半分ふさいでいた。
かなりの距離を転がってきている。

その他、自動販売機の空きボトル返却籠が全部倒れているし。
潟からのゴミも上がっていた。
土曜日は大掃除ですね。

ともあれ、一度も早朝シーカヤッキングは休むことなく、ラッキーでした。

IMGP0965.JPG
posted by エイ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月05日(Wed)

大風の準備

今晩、北陸に台風がやってくる。
天気予報は雨ですが、まだ晴れてます。

IMGP0963.JPG

カヤックを固定して、大風に備えます。

IMG_20161005_085120.jpg

「備える」、いい言葉だね。
「備えあれば憂いなし」

そう言えば、まだ雪への備えが残っていた。
その備えはいつできるのだろうか?

いつも何かが途中の状態。
でも何とか間に合わせていれば、何とかなっていく。
そうやって過ごしていくのだな〜。
posted by エイ at 08:09 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月03日(Mon)

漕ぎ比べっこEndomondo大会の経過

今日は漕がない日。

Endomondoというのは、早朝シーカヤックの漕行を積算するのに使っているスマートフォンのアプリです。
このアプリの利用者で、カヤックの漕行距離を競おうと、ある人が提案して、じゃあ私も仲間に入れてと加わった競い合いです。

今年はスタートの2ヶ月間漕げなかったのがひびいて、低迷したけど現在、少し順位を上げて15位/52人中の位置。

161001-1.JPG

TOP10に入るのは難しそうですが、年間通して順調にいけばTOP10入りも可能性あります。
上位近くになると、趣味でレースを楽しんでいるような感じの人たちが多いですね。
現役の競技者となると、このレベルではないでしょうが、彼らは練習した距離を比べても意味ないだろうし。

年間1000kmを越えると、一応達成者として認められるようです。
こういうのも励みになります。
posted by エイ at 08:14 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月02日(Sun)

アキアカネ

IMGP0960.JPG

片付けていると、ラダーの先端にトンボが停まりました。
もう少しの間、休ませてあげよう。
posted by エイ at 10:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年10月01日(Sat)

雨で困ること

また雨。
これからも台風の接近で雨が続くと思われます。

IMGP0957.JPG

シーカヤッキングは薄いカッパ一枚羽織るだけで、さほど影響ないのですが、
上がってから、いろいろと問題が。
雨と汗で濡れたからだで運転席が濡れるし、窓を開けられないので車内に汗臭いのが充満する。
今日は座席の防水シートをセットして座ってました。

今朝は河北潟にカモの大きな群れを確認しました。
越冬ガモの本格的な飛来です。
posted by エイ at 10:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月30日(Fri)

ちょっと寒

久しぶりの好天です。
気温15℃で、いつもの薄着だとちょっと寒。

IMGP0954.JPG

河北潟のカモが増えてきました。
越冬するカモが少しずつ増えてきているようです。
posted by エイ at 08:27 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月28日(Wed)

自作スマホケースは失敗

ぶはーっと、根を詰めた仕事が何とか終わり、早朝シーカヤックも復活しました。
あんまり生きてる感じではなかったくらい、しんどい10日間でした。

真空パックの保存袋で自作したスマホケース。
アイデアは良かったけど、うまくいかなかった。

非接触Qi充電に支障がでないよう、保冷パック袋で自作したのですが...
2ヶ月間使用できたけど、袋の材質が弱いため小さい穴が開いたようです。
水が侵入して、タッチの誤作動が起きてしまいました。
保冷パックはアウトドアでの使用に耐えなかった。

IMG_20160712_205923.jpg

もっと厚手の袋があれば良いのですが、業務用で1,2枚の端数では売っていないようです。
結局、市販のスマホケースに逃げることにしました。
失敗して学ぶ、いいことですね。

今度のスマホケースはちょっと安っぽい、何の変哲もない塩ビの袋です。
通販だと使いやすさがなかなか判断できないので困ります。
けど、使えます。
20160915-1.JPG

posted by エイ at 08:32 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月24日(Sat)

従量制なシーカヤックマラソン

宮古から帰ってからはトレーニングもサボって、仕事に埋もれてます。
こうなるのは分かっていたけど、宮古には行かずにはいられないのでした。
Moon_12.jpg

残るレースは今年最後の1レース。
昨年初参加した「熊野シーカヤックマラソン」が今年も募集開始しています。
昨年は波にバウが突っ込んで減速し、それでも頑張ってバテバテの失敗レースだったので、再挑戦したい。
スティングレーのバウは水線長を長くとるために、一般のシーカヤックのように大きく反っていない。
巡航速度優先で漕波性を犠牲にしているため、波を切り裂いて進むことが出来ない。
どうしても波をかぶって減速するので、そのときにパワーを温存する漕ぎを展開してみよう。
熊野の波が俺を待ってるぜ!

参加要項をよく見るとコース長によって参加費が異なるんですね。
上級者部門(15Km)5,000円
中級者部門(8Km)4,000円
初級者部門(3Km)3,000円

なるほど、長いコースのサポートにはそれなりの船と人員がが必要だし。
3kmの参加費が15Kmと同じでは割に合わない。
細かいように見えて、大事なところですね。

昨年は代休とらずに土曜日の晩に出て一泊して漕いで帰った、突貫ツアーでした。
今年もそうなるか...出来れば土曜日は休暇とって観光したいなあ。

幾つになっても懲りないヤツで、どうもすみません。
何がスミマセンなのか?
たぶんこれからも彼方此方で恥をさらし、なお且つそれを知らずに過ごしていくだろうから、先に謝っておきますね。

posted by エイ at 18:00 | Comment(4) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月22日(Thu)

書き漏らし

そうそう書き漏らしたことを思い出しました、三陸シーカヤックマラソンの帰り道で給油した遠野のセルフはガソリンが安かった。
宮古へのドライブコースではちょうど給油する位置にもあるし、昨年もここで給油していました。
なぜか遠野なんですね!
IMG_20160918_190843.jpg

そうだ、突然ですが、これからも宮古に通うだろうから、もっと岩手のことを知ろう。
いいブログを見つけました。
岩手のグルメ、観光イベントなどを紹介している。
複数の投稿者で記事の内容が良く、新しい発見がきっとある!
浄土ヶ浜レストハウス名物の雲丹麺、盛岡三大麺も知らず、「柳家」のキムチ納豆ラーメンも知らなかった。
次回はもっと岩手を知ろう!

posted by エイ at 07:53 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月20日(Tue)

三陸シーカヤックマラソンの振り返り

このマラソンコースは、沖にある日出島に近づくほどうねりと返し波が立ち、湾内は比較的静かで変化に富んだレースが楽しめます。
マラソンレースでライバル達と競い合うことで、自分の力もよく分かる。
やはり17kmのコースが最高にいいです。
顔なじみになった人たちとの会話も最高に楽しいです。
趣味が同じ人と話すことが滅多にないので(笑)。

今回、宮古市では台風10号の被害が甚大で、国道106号・閉伊川沿いは通行が回復したものの、橋が流されたままになっていたり、ボランティアが作業している集落を横目で見ながらの到着でした。
「マラソンレースどころではない。ボランティアに参加した方が良いのでは?」という声も一時上がったくらいですが、
大会が開催されてよかった。

残念だったのは、仕事が待っているので道草無しとんぼ返りで、サンマの刺身を味わう機会もなかったことだけ。
帰り道、宮古市の隣の山田町の状況は相変わらず沿岸部に作業小屋が建ち並び、復興なかばの闘いが続いていました。
復興への努力とか辛抱とかがいつまで続くのか、トンネルの出口がなかなか見えないのは辛いですよね。
道の駅「やまだ」では、駐車場にシーカヤックを積んだ車が5〜6台、お土産を買っていました。

自作エルゴの批評
自作のカヤックエルゴを、カヤック置き場と駐車場の2箇所で試漕してもらいました。
カヤックエルゴ所有者の感想は、「重いですね」「負荷を調節できるようにした方が良い」、高さが足りないのでパドルが地面に当たる、
それと、シートは固定で足の位置の調節が必要。
だいたい予想した範囲の答えで、ダメとは言われななかった。
またちょっと2号機製作への意欲も出てきたのでした。
IMGP0945.JPG

カーナビゲーション
このところ、遠征の道順を決める地図はGoogleマップを使っています。
車載のカーナビよりも短い時間でルートを見つけることが出来るし、新しく開通した道路も反映されている。
それと、車載カーナビのルート探索より頭がいい!

車載カーナビのルート探索は、道の格(高速>国道>県道>町道...)が重視されるようです。
Googleマップは、通行の速度を考慮してルートを探索しているように見えます。
だから、Googleマップの推奨ルートは最新の道路情報を使って最速ルートを示してくれる。

Googleの強みは、不特定多数のスマホから送られてくる通行速度を収集して、道路の流れやすさを把握していること。
その情報ををルート探索にも利用して、最短時間で到着する道順を示すことができるのではないかと推測しています。
また探索した道順に表示される所要時間が、同じルートでも時間帯によって変化している。
これも、時間帯ごとの通行速度の情報を持っているからではないか?

今回の道順
所要時間は表示した時間と概ね合っている(休憩時間なしで)
20160920-1.JPG

僅かに所要時間が多めだが、距離が短いし信号の少ない一般道がそこそこ流れるので単調さが解消できる、いいルートだと思いました。
Googleマップ、いいね!
車載ナビは、出発前にGoogleマップのルートから要所を追加目的地としてインプットして、Googleマップと同じような道順に編集します。

プリウスαの走行距離は、往復で約1570km、燃費は22.9km/Lでした。
これまでのシーカヤック遠征の燃費の更新に成功!
高速道路では燃費が下がると言われるプリウスαでも、省エネ走行で燃費は伸びるのです。
省エネ走行のコツ
その一: 高速では90km前後で走行する(エアコンの使用/不使用は燃費にはあまり変わらない)。
その二: 上り坂ではふかさない、低速でもなるべくガマン、下り坂では省エネの範囲で速度を上げる。
その三: ブレーキングは早めにゆっくり、回生電力を上手に貯める。

帰りの新潟までは23km/Lで、いい関ジャニ〜でしたが最後に雨になって少し下がりました。

IMGP0951.JPG
posted by エイ at 21:08 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月19日(Mon)

三陸シーカヤックマラソン帰着報告

三陸シーカヤックマラソンから帰りました。
800kmの道のりなので移動に1日かかります。
行きは道順の他にレースのことや宿のことなど、いろいろな思いがあるけど、帰りは道順だけ考えていればよいので帰りの方が楽でした。

さて、今年は国体デモンストレーション・スポーツとして開催されました。
過去最高の参加人数ということでした。

IMGP0948.JPG

最終的な競技参加者は百四十数名、北海道から鹿児島まで、よく集まったものです。

IMGP0950.JPG

宮古湾内で5km, 10km , 17km の各クラスでレースが行われます。
浄土ヶ浜、日出島付近はうねりと返し波が立つので気をつけながら。

私は17kmシーカヤック男子のクラスで3位でした。
2位のNemoには昨年に続いて、同様なパターンのレース運びで負けて、進歩のなさにアゲーでした。
女子のシーカヤック艇に負けたのもビックリポンで、参りました。
...というようにレースを楽しんで来ました。

例によって、お土産の集合写真

こんなの見つけました。
「牡蠣のかきもち」
「牡蠣の柿の種」
今回は家族にダジャレの菓子で「ウフッ」が土産。

IMG_20160919_105423.jpg

道中の事や、その他のエピソードは次回のブログで。
posted by エイ at 12:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月16日(Fri)

宮古への準備

宮古のシーカヤックマラソンが間近になり、道路情報を調べてみました。
主要道路の通常止め等は無いようです。

この自作エルゴを宮古に持っていくので、みなさんに試し漕ぎしてもらい感想を聞かせてください。
150308-7.JPG

Googleマップでは新しい道順が示された。
昨年までは東北自動車道の盛岡インターで降りて、国道106号を使って宮古まで行っていたが、今回は水沢ICから降りて釜石自動車道が使えるようです。
長いドライブなので、少しでも短縮できるとありがたい。

20160915-3.JPG

もう少し道を捜してみよう。
最短距離のルートを捜してみると、山形の庄内まで北上するコースが浮上した。
時間が少し多めだが、距離が大幅に短縮される。

20160915-4.JPG

整理すると
@東北自動車道・盛岡IC経由(前回) →→→ 9 時間 52 分(820 km)
A東北自動車道・水沢IC経由(新ルート) → 9 時間 52 分(794 km)
B日本海東北自動車道・庄内空港IC経由 → 10 時間 7 分(754 km)

Aは有料区間が少し短いので高速料金が1000円ほど安い。
盛岡で降りる道順と時間は同じでだが、距離が少し短くなる。
実際に走った場合には、距離の短い釜石自動車道ルートの方が早く着く可能性があるのではないだろうか?

Bは有料区間が最も短いが、この時間で着くのか怪しい冒険ルートです。
初めての道が多いBのルートを試してみよう。

リオ2016パラリンピックに出場の瀬立モニカ選手、予選を4位で決勝レースに進出しました。
会場では大きなモニカコールの声援が飛んでいました。
NHKハイライト映像( ↓↓↓ クリック ↓↓↓ )
160915-6.JPG
posted by エイ at 00:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月15日(Thu)

防水ノート

どういうときに使うの?
って突っ込まれると困りますが、いつでもメモをとりたくなるときはある。
それが海の上だとしても。

それで、濡れても書けるメモ帳を捜しました。
ありました!

IMG_20160915_104819.jpg

ポリプロピレンの合成紙で、濡れてもシワシワにならず、弱って破れることもない。
B6サイズでメモ帳としては少し大きいので、1枚を鉛筆と一緒にPFDのポケットに入れておけばいいね。
試しに水道の流水の中で書いてみました。

IMG_20160915_104832.jpg

シャープペンの書き味良く、くっきりと書けます。
ペン先の方も濡れた状態で構いません。

優れものみっけ!
posted by エイ at 12:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月13日(Tue)

チタンのパーツ

秋雨じゃ、濡れていこう。
IMGP0944.JPG

遅めの出艇で今朝はショートコース。
というのも、出がけにこんなことをやっていたので。

ラダーの心棒が錆びてラダー無しで漕いでたスティングレー。
もう少しの心棒だ...精一杯のダジャレに拍手...どうもスミマセン。
SUS304のステンレス棒を使ったのが失敗でした。
SUS304は思った以上に海水で錆ついてしまいました。
そこで心棒の交換。

海水に強いハイステンレスという金属がありますが、加工品は簡単に手に入りません。
SUS316のステンレスなら加工品を買えますが、やはり海水で錆びるらしい。
他に錆に強い金属は...チタン?耐食性アルミ(A5052, A6063+アルマイト仕上げ)?
チタンは、強い、軽い、錆びない金属で知られているが、値段が高いのでは?と思ったが。
チタンの丸棒は入手しやすかったので、φ6mm,長さ75mmで指定した丸棒を購入しました。(750円)
チタンはレアメタルですが埋蔵量が大きい方なので、レアと言うほどでもなく、入手しやすい金属です。
電子工作のピンセットもチタン製を使っています。

純チタン2種の丸棒、ステンレスよりだいぶ軽いです。
穴あけ加工は、コバルトハイス鋼のドリルで問題なく出来ました。
IMG_20160912_194213.jpg

ラダーにチタンの心棒をたたき込んで完成。
IMGP0937.JPG

IMGP0941.JPG

もう一つ準備したのが、マラソンレース用の給水ボトルです。
毎回、給水がうまくいかないので結構ポイントなんです。
昨年はバックパックを背負ってチュ−ブで口元に持って来ていたが、もっとシンプルにしたい。
細めの300ccペットボトルにチュ−ブを差し込んだだけのシンプルな給水ボトルを作りました。
使った後の洗浄も簡単!

IMGP0942.JPG

PFDの胸ポケットにセットして準備完了。
IMGP0943.JPG

さっそくテストして、使えました。
週末の三陸シーカヤックマラソンは、これでいこう。
posted by エイ at 08:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月11日(Sun)

アタックを受ける!

朝の掃除、ご苦労様です。
僕は昨日ゴミ拾いしたので、今日は漕がせてもらいます。
IMGP0933.JPG

カニさんが登ってきていた。
水草を食べているのだろうか?
IMGP0934.JPG

サイズの大きなボラがジャンプしています。
好奇心か警戒心か?カヤックの周りではボラのジャンプ大会。
その一匹が体当たりしてきた。
故意か?見えているのか?重たい傷みが脇にヒットしました。
大きなボラに違いないが、あれは好奇心なのか、それとも攻撃?
アレを顔面に喰らったらと思うと恐〜、です。

艇速を落としていたときなので、相手は狙いやすかったかも知れない。
ボラのジャンプが始まったら、艇速を落とさないことだ。

内灘大橋下から、旧道の橋を見る。
IMGP0936.JPG

風が少し出ていたので、今日開かれる伊勢志摩シーカヤックマラソンの方も風が出ているかもしれませんね。
posted by エイ at 10:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月10日(Sat)

爽やかサタデー

久しぶりのすがすがしい朝です。
あさ8時、さあ今日は漕ごうか。
ってもう12km漕いできたんで、朝ご飯食べて洗濯干して仕事とか、プリウスαのリコール修理とか、忙しい一日の始まりです。

IMGP0929.JPG

IMGP0930.JPG

久しぶりに内灘大橋まで行きました。
IMGP0931.JPG

気持ちの良い朝!
IMGP0932.JPG

今朝は変な夢を見ました。
プロ野球にはもう興味ないんだけど、自分が好きでもないジャイアンツのリリーフピッチャーで。
試合中にブルペンで眠たくて半分寝ています。
これはいかんと、焦って準備していると相手のタイムリーヒットで1点入り、ピンチになってきた。
自分の出番が来るのも近いので、投球のイメージをするけど、どうやったら討ち取れるか、自信のある玉が浮かばない。
取りあえず直球をコントロール良く投げればいいんだ、自分はジャイアンツのリリーフなんだからと、自分を安心させる。

何で今、こんな夢を見たのか?
そういえば昨日のニュースで広島カープがマジック1で、ジャイアンツが負ければ優勝が決まるところ、ジャイアンツが勝って今日、直接対決
があるという内容でした。
ジャイアンツ、もし昨日負けていたら益々嫌いになるところ、最後まで頑張る姿勢が見えて見直しました。
そんなことがあって、あの夢を見たのか?
もし今日、リリーフピッチャーが打たれて試合が決まったなら、これは正夢ですね。
posted by エイ at 09:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月08日(Thu)

連れだってオ・ト・ク

今朝は何とか雨に遭わずに済んだ。
終わって片付ける頃にザーザー降りになってセーフ。

実は今、スティングレーのラダーを外してあって、ラダー無しで漕いでいます。
市場でしっぽを切られたたマグロみたいです。

ラダーのシャフトにステンレスの丸棒を使っていたが、これが錆びてトラブルを起こしたので、
シャフト交換のため外してあります。
普通のステンレスは海水で錆びるんで、困りますね。

IMGP0927.JPG

先日の伊勢志摩ツーリング、
もし一人で行ったら37,600円かかったところ、3人で行くと交通費ワリカンとなり19,000円なり。
あれだけ飲み食いして泊まって、19,000円で済んでいる。
おまけに運転も交代で行けるので疲れが少ない。
遠征ツーリングは仲間を誘って行くべし。

シーカヤックマラソンの場合は、なかなか一緒に参加する仲間がいないので、単独になるのが致し方ないところです。
でも仲間のイビキで寝不足でレースしたくないし、一人だとどんな道草も自由だ。
一人旅は、道草を楽しむべし。

posted by エイ at 07:43 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2016年09月06日(Tue)

伊勢志摩ツーリング(2)

ツーリング2日目は、相変わらず強い東風のため英虞湾に移動して湾内ツーリングとなりました。
湾内なら風が強くても荒れないだろう。

湾内のどこかから出て賢島に上陸し、昼飯は賢島の食堂で食べたい。
ということで、賢島の上陸ポイントを下見します。
観光船発着場には昼飯を食べる食堂や土産物店もありました。
港の先端部にちょうどよい上陸ポイントがありました。

さて本日のスタート地点ですが、
シーカヤックマラソンの時に出艇した「ともやま公園」では「シーカヤック体験」をやっていて、申し込めば下のビーチで体験できるようになっています。
しかし第3セクターの管理下にあり、外から来たカヤッカーは利用許可が必要なのと、ビーチの近くに駐車出来ないため、利用しにくい状況です。
そこで僕たちは別の場所にある海水浴場から出ることにしました。
出艇場所に選んだのは、半島先端部の御座白浜海水浴場です。

20160905-1.JPG

白い砂のきれいな海水浴場で、駐車場、シャワー、売店などの設備も充実しています。
ここなら、賢島まで7,8kmほどとツーリングの距離的にちょうど良く、出発点にはもってこいです。
IMGP0917.JPG

御座白浜ビーチの前には有料駐車場兼休憩所が並んでいます。(料金は1日1000円)
海水浴シーズンは賑わったことでしょうが、今日は静かなビーチです。
ビーチの右端(湾の内側に近い方)の駐車場を利用するのがベストです。
艇を降ろす斜路に近いし、駐車場利用者はシャワーが使い放題のサービス!

IMGP0926.JPG

本日のツーリング予定は、
半島先端部の御座ビーチから出艇して、英虞湾内部へ進み、
サミット会場となった「賢島」へ上陸し、食堂で「伊勢うどん」を食べて戻る、というもの。
もし賢島に上陸できなかったら、昼飯抜きの腹ぺこツアーになってしまうが、その時はその時で。
総行程20〜25kmほどの見積もりです。

カヤックに水と着替えと財布を積んで出発。
浜の出入りは岩の間から出て、右奥の湾内へ向かいます。
IMGP0916.JPG

ここは外海に近く、水も砂もきれいです。
IMGP0919.JPG

行きは東からの強い向かい風を受けながら進むハードなコース。
なるべく陸地沿いに行った方が風が弱まるようです。
湾の中程まで来たところで、北上して湾を横断します。
船の接近がないことを確認して最短距離で横断。
湾の奥には中世の帆船の形をした観光船「エスパーニャ号」が航行していますが、結構な風のおかげで写真を撮る余裕はありません。

英虞湾内部に近づいても、島が重なって、どれが賢島か見当もつかない。
スマホのGPSが頼りです。
湾の奥まで進むと観光船の出入りで賢島の位置も見当がつきます。
時間をかけて賢島の近くまで来た。

観光船の港に到着。
下見した上陸ポイントは、下見した時から1m以上も水位が下がっていて使えない。
場所を変更しました。

IMGP0921.JPG
ちょうど良い石積みの護岸を見つけ、2人で1艇ずつ上のコンクリート面まで上げます。
浮きドックや斜路などの港の施設を利用しないので、許可も不要です。
下見から4数時間ほどで、この干満の差には驚きました。

濡れた衣類から着替えて食事へGo。
賢島では食堂で伊勢うどんセットをいただきました。
これで伊勢うどんは2食目。
お土産も買って、ツーリング後半に出かけます。

途中、間違えて袋小路の入江に入りそうになった。
GPSで確認すると、行き止まりと分かったので引き返す。
下の航跡を見れば、引き返したポイントが分かります。

本日のコース(漕行22km)
左下の半島先端部・御座白浜海水浴場から出て、しばらく岸沿いを東へ進み、湾の中程で北上して対岸へ横断。
賢島上陸後、時計回りに島を回ってともやま公園下から南岸沿いに帰る。
                                   ↓
20160905-2.JPG

賢島から南の対岸まで行くと、後は岸沿いに返るだけ、追い風で楽ちん。
「ともやま公園」のビーチの前を通ると、カヤック体験のグループを見かけました。
この辺は静かで初心者の体験にはちょうど良いですね。

帰りの追い風は少し弱まっていて残念でしたが、お疲れさんでした。
IMGP0924.JPG

6〜8mの東風がコンスタントに吹いていました。
英虞湾の中は風が出ても波は無かろうと高をくくり、それなりに育った波に遭ってちょっと苦労しましたが、シーカヤックの安定性とコントロール性に改めて感心。

駐車場に上がってシャワーを浴びた後、片づけていたら、ここの女主人がバイクで戻ってきて話しかけてきた。
現役の女漁師である山下さん。
店のポスターのモデルにもなっている。
東風の時のカヤックのコース取りとか、この辺のビューポイントなど、いろいろと教えてくれた。
穏やかなときは、半島先端部の外海がきれいでシーカヤックの通れる洞窟の島もあるとか。
明るくパワフルな女性でした。
磯人(いそど)のホームページ
磯人.jpg

上がって料理を食べたら駐車料金も無料になったようです。
バーベキューもやっているけど貸しロッジもあるので、ここに泊まる手もあるね。
タグ:ツーリング
posted by エイ at 18:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック