2022年09月23日(Fri)

Neloでポチッとな

スプリント競技艇のメーカー nelo社(ポルトガル)から、たまーにお買い物をします。
カヤックは直販していないけど、パーツやウェア類のオンラインショップを利用しています。
国内でも誰かに頼めば買えそうですが、オンラインショップでポチった方が手間が省けて楽なんで。

しかも200ユーロ(約3万円)のお買い物で日本への送料が無料になる。
今回はPFDを買いました。
NeloのPFDは小さめなところが気に入っていて以前からマークしていた。
値段は一般のシーカヤック用PFDに比べると安い。
200ユーロをオーバーするために追加でいろいろ買いました。

2022_DSC_0127.jpg

neloの M5ネジはシート周り、ストレッチャーでよく使われている。
自分のカヤックにも制作中のエルゴにもneloのシートを装備したりするので、このM5のネジは便利なのです。
似たようなものがありそうで無い。

グローブは期待したよりペラペラでちょっと残念だが、他は良かった。
そういえばスーパーマン柄のグローブもあるらしいが注文時は品切れでした。あせあせ(飛び散る汗)
注文から3週間後に運送会社のDHLからスパムみたいなメールが来て、どうも自分あての荷物で心当たりがあったので関税(消費税分)をオンラインで支払うと、それから2日後に家に届きました。

posted by エイ at 17:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月20日(Tue)

うちのカヤック達(2022改訂)

持ち船は9艇になった(微妙に増えている)。
なんでこんなにあるの?
これは絶対に言い訳を用意しておくことが必要です。

まず最初に自分用が5艇で、後の4艇はボランティアで体験用に使うカヤックです。
それぞれ用途があって必要です。(ここ大事ですね)

一番目の紹介はステラーS18R、艇速を重視したツーリング用シーカヤック。
現在はシーカヤックツーリング、マラソンレースに使っています。
スピード重視のためやや細身ですが波の中でのコントロールは問題なく、2017年の荒れた琵琶湖縦断、宮古シーカヤックマラソンを危なげなく乗り切っています。
再乗艇もエスキモーロールも問題ありません。

IMG_20170615_064537.jpg

サイズは全長540cm, 幅53.5cm , 重さ16Kg
持ち運びが楽で扱いやすいシーカヤックだと思います。
スモールサイズのラダーですが、海での旋回性能は優れています。
初期安定が悪いけど二次安定が早めに効く感じ、中級クラス〜の船です。
乗り慣れてくると荒れてもバランス的に全然問題ないってことが判ります。

早朝のトレーニングにも使うので、元のシートは取っ払ってレース用シートに換えました。
バックレストも邪魔なので取っ払いました。(が、長距離ツーリングではバックレストは必要です)
この硬いシートで何時間漕ぎ続けても尻が痛くなったりしません。(尻は鍛えましたから)

IMG_20170429_063107.jpg


ここからカヌー競技用スプリント艇が2艇続きます。
2022年の春からスプリント艇に乗り始めた。
なぜシーカヤッカーの自分がスプリント艇に乗るのか?
理由はいろいろあるのだけど、未知の漕ぎテクニックを知りたいという欲求が強いのです。
下半身のパワーを推進力にするスプリントカヌーのテクニック。
健康運動が目的の早朝カヌー的にも、さらに全身運動に近づくことができるテクニックとして魅力があり、神秘的でもある。
K1スプリント艇に乗り始める前年、カヌーホームのカヌーアカデミー講座に入門し、個別的な指導も頂いて基礎テクニックをしっかり教えて頂いたことがいちばんの早道になっていると思います。
スプリントカヌーのテクニックを学ぶことは、未知の世界への冒険でもありました。

2022年の前半で一番たくさん乗ったのは Plastex K1 SPRINT65 (EVOLUTION)。
PLASTEX製のスプリント艇です。

297618968_3183_n.jpg

ちょっと古い型のスプリント艇ですが、最初のスプリント艇として乗りやすい船です。
K1練習艇のスイフトで練習していたので、最初から浮くことが出来ました。
適正体重レンジは55〜65kg
乗り始めの頃はバランスのドリルを中心に練習し、何回も沈しながら、次第に乗れるようになってきました。
ある程度乗れるようになってからストロークの練習を開始し、しだいにスプリントのフォームを意識しながら漕ぐ練習を続けた。

2022年小松の木場潟で行われたのパラマウントチャレンジ200M漕レースに出たのが最後の使用。
現在は漕ぎ仲間に貸し出し中です。

20220821-1.JPG

2022年のシーズン後半から乗っているスプリント艇は Nelo M1 Moskito (適正体重70Kg以下)
製造年度は2000年。
SPRINT65よりバランスはシビアになっています。
しかしSPRINT65で練習したおかげで最初から乗れました。
ICFの旧レギュレーションで艇巾の規定を満たすため左右に角が出ていたが、巾の規定が撤廃されたため角をカットしてある。

この艇には初期公認シールがあるので公式レースに参加しやすくなった。
写真を見ると槍のように飛んでいきそうですね!
moskito とは、蚊のように軽く加速することをイメージしているのだろうか?
バウは全体に細く尖っている。

DSC_0180.jpg


次はトレーニング/フィットネス用のPLASTEX K1 SWIFT(スイフト)。
持ち運びがすこぶる楽な教師カヤック的な位置づけ。
小さな軸ブレにも反応するので、フォームの修正にいい船だと思います。
スイフトはバウを絞ってあるのでパドリングしやすいし、センターのブレも分かりやすい。
スプリント艇に乗り始める前年は、この船で随分練習した。
スプリント艇に乗ってからもフォーム・バランスの練習用に使える船です。
もちろんフィットネス用としても重宝すると思います。

IMGP1005.JPG

次はダウンリバーのレース艇"Sharp6"、ニュージーランドからやってきた。
隔壁を追加してシーカヤック仕様にしてある。
シートもバケットシートからレース用に交換済み。
141008-1.jpg

これは前の持ち主が撮った写真(ニュージーランドにいたころ)
s-1406228-2.jpg

ニュージーランドでは、マルチスポーツと呼ばれているこの種類のカヤックがたくさんいる。
それはCtoC (Coast to Coast) という、山岳のRUNと川下りレースを組み合わせたレース(トライアスロンみたいなもの)が盛んで、川下りに適したレース艇として使われているから。
141024-8.jpg

Sharp6は中級者以上向けのマルチスポーツで、港内や沿岸の海のレースでも良い成績を上げている。
全長595cmで幅が43cm、とても軽いです13〜14kgらしい。
これを個人輸入までして欲しかったのは、いくつか理由がある。
1.早朝カヌーの漕艇場では、速いシングルスカルにオカマ掘られそうで速い船が欲しかった。
2.マラソンレースで上位を占めるサーフスキーと互角に走ってみたい。
3.マルチスポーツという日本にないタイプの船で、とてもミステリアスだった。
スモールサイズのコーミングなので再乗艇は難しく、ロールできなければ沈脱してレスキューされる運命にある。
この船でのエスキモーロールが問題なくできれば、ダウンリバーでも海レースでも速い船と対等にレースできます。
サイブレース等のロール補助パーツを強化する予定。


ここからはボランティア活動用で、カヌー体験で乗ってもらう淡水(川・湖)用のカヤック
まず、フジタカヌーの"A-1"
141024-2.JPG

スラローム練習艇です。
重量が14kgくらいで持ち運びが楽!
141024-1.JPG
写真を見るとスケグが付いているのが分かります。
着脱可能なスケグで、これを着けると初心者でもぐるぐる回らず、楽にコントロールできます。
頑張ればスピードも出るし、スケグを外すとスラ艇のように良く回る。
親子カヌー体験で使ってます。
このカヤックは素直な良い子で、子どもを沈させたことは一度もありません。
(ちょっといい気になって遊んだ大人(男)は、2人ほど犠牲になっていますが...)


あと写真は載せていないがスラローム練習艇がもう一艇。
かなり偏平で安定は良いが初心者はまっすぐ進むのが難しい。
コントロールが難しい人のために着脱式のフィンを追加した。


次はカヌーポロ用のポロ艇です。
ESKIMO made in gemany  全長約3メートル弱

slide_0.jpg
ポロに挑戦しようっていう訳じゃない。
子どもの体験用に一人艇が足りないので追加した。
ボトムが平たいのでくるくる回るのがこの艇の面白いところで、小学校の子どもはご機嫌で乗ってくれる。


最後は2人艇のキーウィ3
141024-3.JPG

家族用に買ったが、うちの家族はアウトドアが好きじゃないので利用が少ない。
親子カヌー体験では、カヤックが無理なお子さんでも、親子で乗艇可能。
安定性が良く、初めての親子でも安心して乗ってもらえます。

カヤックは、納屋の横の狭いスペースにパイプでラックを組んで収納しています。
ラックには8艇まで収納可能、もうリミット越えているのでラックの下に単管を敷いてもう一艇。あせあせ(飛び散る汗)

posted by エイ at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月17日(Sat)

久々の沈

早朝カヌーは相変わらずスプリント艇の練習が続いています。
10月のカヌーアカデミー合宿までに教わることを整理しておきたい。
ストロークの間隔を置いて漕ぐ、踏み込みと引きつけを意識してワンパドルでたくさん進めるように。

DSC_0068 (1).jpg


逆加重にならないように漕ぐ側にしっかり体重を乗せて。
これがなかなかうまくいかず、後半で少し出来てくる。
バランスがよく乱れるなど、まだまだですが、2週間前よりは僅かに乗れるようになっているはず。あせあせ(飛び散る汗)
修行が続きます。

久しぶりに沈カウントが+1、桟橋から離れ際の恥ずかしい沈でした。
エッ?いつものリカバリーが出来ない!
なんかパドルの感覚が今日は最初から違和感があったんだよな。(T-T)

posted by エイ at 17:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月13日(Tue)

今年一番の遠出

久しぶりにシーカヤックで遠出してみました。
河北潟の最西端の放水路、ここまで来るとあと7Km漕がないと帰れない。

DSC_0074.jpg

疲れを感じて帰りはゆっくり...
K1の練習ばかりやっていて体は楽しているから、シーカヤックを漕げない体になっちゃった?(T-T)

この後に控えるマラソンレースを乗りきることはできるのだろうか?
秋以降に出場を予定しているマラソンレースは3レースです。
10月
「三陸シーカヤックマラソンレースin宮古」
「熊野シーカヤックマラソン」
11月
「行幸湖長距離レース」 

2013年の三陸シーカヤックマラソンの写真です
tn_IMG_2206.JPG

posted by エイ at 20:42 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月10日(Sat)

初秋の漕艇場

秋ですね。

DSC_0072.jpg


DSC_0073.jpg

今週は6回出ています。
2週間前に比べて少し上達したか?
一週間では分からないけど、2週間で1/100ずつ上達している感じです。(笑)
しだいに風が上がって風波での練習になりました。あせあせ(飛び散る汗)

posted by エイ at 13:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月04日(Sun)

水辺のゴミ調査をサポート -2022-

男の子をポロ艇に乗せるとご機嫌に遊んでくれます。あせあせ(飛び散る汗)

IMG_5736.jpg

日曜日は河北潟の水辺のゴミ調査をサポートしました。
調査チーム10名にサポートチーム4名

IMGP0020.jpg

その人に合ったカヤックで出ていただきました。
3回目という男の子はポロ艇を自由自在に操る。

今回は湖岸の護岸と葦の間の隙間にゴミが留まっているのが目立った。
IMGP0034.jpg

ゴミの多くは川の下流から海に流れ出るが、一部はこのように岸辺に留まっている。
自分も分のプラスチック類を回収。
プラスチック、ビニール袋は所定のゴミ箱やリサイクルに捨てましょう。

少し遠出しましたが、風に恵まれてみなさん完漕。
水上の運動と爽快な景色の中での学び、楽しんで頂けたようで何よりでした。

302139610_3206222442976899_8343661559290073143_n.jpg

posted by エイ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年09月02日(Fri)

K1が2艇

静かな石川県津幡漕艇場
朝6時に漕いでいるのは金沢大学ボート部と僕のカヤックです。

土日には仲間のサーフスキーが加わります。
女房曰く、このサーフスキーの乗り手も僕が悪の道に引きずり込んだと...

ところが最近、K1で漕ぐ仲間が増え、K1が2艇になりました。
彼も仕事の関係上、土日だけですが。
スプリント競技の経験者なので、いろいろとコーチングしてもらっています。

手前は moskito 、奥は Sprint65

DSC_0066.jpg

僕のK1を漕艇場で見かけて部活時代を思い出し、またK1を漕ぎたくなったそうです。
そしてとうとう漕ぎ出してしまいました。
また一人、悪の道に引きずり込んでしまった。あせあせ(飛び散る汗)
しかし、マスターズ若手のホープかもしれません。
今後楽しみです。
現在 Sprint65 に乗って慣らし運転中。

僕の方は火〜日の朝はほぼ出ているので、だんだんとバランス感覚が掴めてきています。
まだムラがあって前半ダメで後半いい感じになってくるような展開。
それでもまだ踏み込みがしっかり入らないので、あと2ヶ月しっかり乗りこんでいきたいと思います。

座骨神経痛が改善したあせあせ(飛び散る汗)
Sprint65に乗っていたときは短時間で座骨神経痛のしびれが出てきたんだけど、moskitoだと座骨神経痛が出ないんです。
シートはどちらもneloのシートなんだけど不思議です。

posted by エイ at 12:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年08月26日(Fri)

秋雨の中にもプチ冒険?

今週は雨が多いですが、準備運動が終わった頃に雨は上がって。
今日も Moskito で漕いでますあせあせ(飛び散る汗)

少しずつ身体のローテーションを大きくしながら漕いでいますが、まだバランスが安定しません。
バランスが崩れなくなったら、踏み込みを強くいれながらのローテーション。
さらに重心の移動で艇の傾きをコントロールすることも出てきます。
まだまだ奥があるスプリントカヌーの世界。
未知の体験と、出来なかったことが出来るようになる楽しみがあっていいですね。
これぞ未知の領域への冒険です。

DSC_0054.jpg


posted by エイ at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年08月23日(Tue)

nelo M1 moskito

"nelo M1 moskito"に乗り始めます。
これまで"sprint65 "でK1の練習をしてきたが、約半年で少し乗れるようになったので艇を換えます。

moskito とは、蚊のように小さいことをイメージしているのだろうか?
バウは全体に細く尖っている。

DSC_0180.jpg

写真を見ると槍のように飛んでいきそうですね!
艇を換える第一の理由は、公認シールがあるので公式レースに参加しやすくなるのです。
製造は2000年だが、形状は現代のレース艇に近づいていると思います。

艇を換えて、全く乗れなかったら困るけど、大丈夫でした。あせあせ(飛び散る汗)
バランスは sprint65 よりややシビアで、傾いたときの粘りも少ない感じがする。
改めて最初の艇がsprint65 で良かった。あせあせ(飛び散る汗)

さて、この船でバリバリに乗れるようになるのだろうか?
それは今後の取り組み方しだいのようですね。
これからも朝練続けて乗れるように頑張りたいと思います。

中高生もカヌー部に入部した頃はみな初心者、何年も部活やって上手くなっていくもの。
このあと上手く乗れるかどうかは2年、3年と乗ってみないと分からないよね。(笑)


posted by エイ at 20:07 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年08月22日(Mon)

パラマウントチャレンジ全国200M 競漕に参加 − 2022 5th

「パラマウントチャレンジ全国200M 競漕 In 木場潟」に参加してきました。あせあせ(飛び散る汗)
この大会が掲げる目的−カヌーを漕ぐ事の楽しさを参加者全体で共有することによって、カヌースポーツの普及と障害者カヌーとの共生を目的とし、インクルーシブな社会を目指すとともに、生涯スポーツであるカヌーの普及、パラカヌー競技人口や関係者の増加拡大を推進する。

九州旅行から戻って大会前日もどしゃ降りで漕げていないので、いきなりのレースだが日頃の練習のおかげで実力通りの漕ぎができました。あせあせ(飛び散る汗)
大会の印象としては、パラカヌーの選手がトップクラスが参加していて、レースを楽しめた。
また、障害者であってもサポートが大げさで無く、最小限のサポートで乗り込みできているのに感心しました。
大会は小学生から一般までクラス別のレースが組まれ、
パラカヌーと一般参加者の競技艇が混じってのレースもあり、僕はパラカヌーと一緒の組でした。
パラカヌー VS マスターズ!

予選レースのゴール(手前が自分)

20220821-1.JPG

隣のヴァーにスタートで大きく差を付けられ、後半詰めたが及ばなかった。(T-T)
予選レース3位、決勝レース7位に終わりました。
スタートの練習しないとダメなことが痛いほどわかったレースでした。
次回はパラカヌーにリベンジしたい。

レースの模様はカヌーホームの youtube 動画で配信されています。

クラブから3名+1名が出場
サーフスキーは他のカヤックと混合でレクレーション艇クラスです。
クラブ員が1,2位おめでとうございます!
今回はサーフスキーの強豪が出なかったので1位,2位とっちゃいましたね。(笑)
しかしフィッシングカヤックの高速艇でサーフスキーを下しての優勝はすごいですね!

DSC_0128.jpg

ドラゴンボートの出艇

DSC_0132.jpg

九州旅行は15年ぶりの墓参りでしたが、お天気が悪く観光の方は残念でした。
桜島、ちょっとだけ姿を見せてくれました。

DSC_0127.jpg

posted by エイ at 18:17 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年08月15日(Mon)

墓じまい

明日から九州へ行くので、数日間は漕げない。
雨に降られたくらいでは漕がないという選択肢はないでしょ。あせあせ(飛び散る汗)

DSC_0066.jpg


九州の用事というのは先祖の墓参りを兼ねて、「墓じまい」するのです。
熊本のお墓には10年ほど前にお参りしたきりになっていて、子の世代になると縁遠くなってしまうので、思い切って墓じまいすることにしました。
つまりお墓の墓石を撤去するということです。
墓に収めている先祖のお骨は、お寺さんに頼んで故郷の土に帰してもらいます。
自分が元気な内にやっておかないと、子の世代へ負担をかけることになるので躊躇なく。

posted by エイ at 13:21 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年08月09日(Tue)

ポイズンリムーバー

長い間、車の荷室の薬箱で眠っていたポイズンリムーバー。
役に立ちました!

練習から上がってクールダウンしていると、太ももの横にチクーッと傷みがしたので見ると緑色のオロロがいた。
すぐ逃げていったが、やられたな〜。
オロロに刺されると痛かゆいのが1週間続くので辛いんだ。
クールダウンは切り上げて車に戻り、ポイズンリムーバーで毒を抜こう。
実戦で使うのは初めてでした。

吸い口のキャップをひっくり返すと口径が変わるようになっているので、小さめの口径を選ぶ。
刺されたところに吸い口を押し当てて吸引する

DSC_0073.jpg

レバーを握って吸引したまま、しばらく保持する。

DSC_0072.jpg

ポイズンリムーバーを外した痕
刺された場所から体液が出てきている
一緒にオロロの毒も出てしまえば成功なのだが?

DSC_0074.jpg

この処置は成功したようで、しだいにかゆみを感じなくなった。
これ絶対持っていた方が良いですね!
PFDのポケットに入れておくと良いかもしれない

いいね、と思った人はどうぞ買ってください。
安いヤツで十分だとおもう
100均にあったりして

posted by エイ at 10:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年07月24日(Sun)

プルバーの取り付け

K1スプリント艇に、いい感じのプルバーがようやくできました。
Plastex K1-SWIFT用とPlastex K1 Sprint65用
同じ形状だがフットレストのサイズが違うので寸法は異なる。
2022-07-24 171320.jpg

足が止めネジに当たらないように、フットレストの裏側でネジ止めしている。
隙間を試行錯誤しながら、ちょうど良いあんばいにできました。

フットレストの裏側に「爪付きナット」という特殊ナットを埋め込んでいる。
木にナットを埋め込むのに便利です。

20220721-1.png

加工途中

2022DSC_0055.jpg

クッション材の貼り付け

2022DSC_0018.jpg


もう一つ、つまらないものを作ってしまった。
K1用のドリンクホルダーです。
ドリンクがカヌーの中でゴロゴロ動かないように固定できて、且つドリンクをワンタッチで着脱できる。

2022-07-24 100549.jpg

設置場所を検討した結果、この置き方なら乗り降りやストロークの邪魔になりません。
でもちょっと当たるときもあるんで微調整が必要。
背の低いボトルにしようかな?

2022DSC_0053.jpg
posted by エイ at 10:23 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年07月16日(Sat)

戻り梅雨でベストコンディション

このところ朝は涼しいんですよね。
2日連続で25℃の最高のコンディションです。
近くに漕げる場所があるのはとても恵まれていると思います。
この地の利を生かさないという選択肢はないです。あせあせ(飛び散る汗)

これは昨日の写真(朝は曇り、日中は強い雨)
スプリント艇のボトムはきれいな曲線ですね。
雑味がない曲線。
2022DSC_0027.jpg

今朝はK1がメンテ中なのでスイフトで練習です。
スプリント艇でまだ出来ないことをスイフトで練習出来る。
スイフトがあって良かったと思いました。

2022DSC_0054.jpg

中学生が準備したボートのエルゴメータ。
メインロープはチェーンなんですね!

2022DSC_0022.jpg



posted by エイ at 14:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年07月09日(Sat)

丹沢湖K1スプリントのその後

夏日の連続で河北潟の水面もアオコが発生していますが、女子大学生も太もも露出で朝練しているので、癒されながら痩せられない程度に早朝漕いでます。あせあせ(飛び散る汗)
ワクチン接種も4回目を終わりましたが、副反応が弱いので翌日も構わず朝練です。あせあせ(飛び散る汗)

丹沢湖でK1スプリント艇に1時間乗ったことは苦労したけれども、すごく自分のためになっている。
10Kmレースから帰ってK1に乗ると、以前より楽に乗れるようになっていることに気付きました。
あの小波の中で長時間苦労したことが、バランス力を育ててくれたようです。
実はこれこそが今回の狙いでもあったので、この感覚を忘れないように続けていこうと思います。

具体的にはスプリント艇は傾くけれど、傾いても浮力の中心に乗っかっていればバランスは崩れないということ。
カヌーアカデミーで習ってはいるのだけど、静水のバランス練習で傾けるのはなかなか難しかった。
ストロークで艇が動いているときの方が身体が動いているので、うまく対応できるのかもしれないです。

ところでK1のフットレストにベルトを付けているのですが、これは引き足を固定するベルトなんですがブラブラして安定しないのでバーを取り付けることにしました。
プルバーと呼ばれている物です。
今回作成したのはバーとスペーサの2点。

2022-07-09 102626.jpg

3Dプリンターの材料はカーボンファイバー配合の樹脂なので強固で曲がりにくいものができます。
3Dプリンターの設定も強度が出るように充填率を上げている。
充填率を上げすぎると重たくなるので、加減してやります。


組み上がりはこんな感じになる。
バーの裏側には5mmのクッションを貼って足を優しくホールドします。
2022-07-09 102427.jpg

メーカー品は次の写真のようにバーが湾曲している。
最初はこの真っ直ぐなバーで試してと思ったが、作ってから失敗に気がついた。
固定するネジはM6-80mmを4本使うが、ネジの重量だけでかなり重たくなることに気がついちゃった。あせあせ(飛び散る汗)
時間と材料をムダにしてしまった。

重量を抑えるため湾曲したプルバーに設計変更することにした。

IMG_4458-1024x768.jpg

このデザインで試してみよう、M5-30ネジで固定するので軽量化になっている。
内側にクッション材を巻き付けて、いい感じですが艇に取り付けて試してみよう。

202207151756.png
posted by エイ at 10:36 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年07月04日(Mon)

K1でカヌーマラソン初参加

カヌーマラソンIN丹沢湖に参加してきました。
オープンな大会としては2019年の徳島ししくいの大会以来です。

初めてK1スプリント艇で参加。
まだおぼつかないストロークで参加するのは冒険でしたが、何とか完走できました。
自分艇は右側の白いのです。

202207]DSC_0018.jpg

平水面でさえおぼつかないのにレースの小波の中で苦労して体力がどんどん消耗。
どこかで転んで終わりにしたいという誘惑と戦いながらの1時間。あせあせ(飛び散る汗)
レースが終わって滝の冷たい水で水浴びしたのは最高に気持ちが良かった。

4月から乗り始めて3ヶ月も経っていないので、まあ当然かもしれないけどゴールタイムもある意味すごいタイムでした。あせあせ(飛び散る汗)
最初はダントツの最下位。
次回は最下位脱出を目指して練習を続けたいと思います。あせあせ(飛び散る汗)


posted by エイ at 10:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年06月18日(Sat)

今朝の運動(景品付き?)

先日ちょっと無理な動きをして腰を痛めて一週間乗っていなかったが、今朝から水上復帰。

早朝はいつも通りK1の練習をして、その後で「金沢市スポーツ大会・カヌー競技」に参加しました。
河北潟でやってくれたので朝の運動の延長みたいな感じで参加。

s-IMGP0008.jpg

競技内容はBG艇によるタイムトライアル。
なぜか?先着順ではなく自己申告のタイムに近い人が勝ちというもの。(笑)

s-IMGP0005.jpg

s-IMGP0006.jpg

それでも1位をゲットしました。(笑)
中身はファーストエイドキットでした。

s-IMGP0007.jpg

スプリント艇で初めて救助したトンボ。
僅かだが、そういった動作の余裕ができた..かな?
水面でバタバタしてもがいていたのをすくい上げた。

黒にライムグリーンのきれいなトンボでした。
どこかに降ろしてやろうとするが、降りずに手をよじ登ってくる。
疲れていたのだろう、僕から離れようとしないが近くの岩に置いてサヨナラしました。あせあせ(飛び散る汗)

s-IMGP0004.jpg
posted by エイ at 12:01 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年06月04日(Sat)

丹沢湖カヌーマラソンの準備 - 2022

5月連休後のコロナ感染状況が落ち着いて、カヌーマラソンのイベントも出来るようになってきました。
石川県も連休後は感染者500人の日が続いたが100〜200人に落ち着いてきた。
「丹沢湖カヌーマラソン」に行くことに決めました。
久しぶりのカヌーマラソン参加です。

今シーズンからスプリント艇に乗り始め、部活みたいにバランスのトレーニングを続けてきた。
今回は、10km<スプリント艇 K-1>クラスに参加します。

まだストロークになれていないので波くらって沈もある。 あせあせ(飛び散る汗)             
いきなり10kmなので、かなり未知の領域の冒険になりそう。
いい年してちむどんどん してくる〜。

6月から漕ぐ練習も入れていこう。
今週末はボートの大会があるので早朝に早々に練習です。あせあせ(飛び散る汗)

DSC_0192.jpg


posted by エイ at 12:17 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年06月02日(Thu)

ホームは河北潟

水が生臭いと言ってきれいな水辺を求めていましたが、やっぱりホームは河北潟です。
自然環境なので、水のコンディションが良いときはまあまあの水質でもある。

スプリント艇のバランス練習も開始から一月乗ってみて、少し慣れてきた。
最近は転ぶことがなくなりました。

バランスはすぐには上達しないけど、たぶん、たくさん乗るしかないと思っています。
ということで最近は毎朝、1クール20分のバランス練習を2回乗っています。
部活並みだよ(笑)

丹沢湖のマラソンレース、K1でエントリーか?

posted by エイ at 22:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年05月31日(Tue)

バランスドリル in BIWAKO U

今月2回目の琵琶湖です。

マキノ知内浜キャンプ場のビーチでバランス練。

2022DSC_0178.jpg

このところ、K1スプリントのバランス練習ばっかり。
たまに短い距離を漕いだりもしますが、ほとんど定位置で浮いていたり前後左右の移動、水平回転など。
スプリントのバランスに慣れるには根気よく乗るしかないと思っているので、疲れたら休憩してまた乗る。

片手スカーリング移動、スプリント艇でこなせばカッコ良さげなんだけど、苦手な左側でバランスを崩して沈あせあせ(飛び散る汗)
漁船の波が入ってきて水面が揺れるとバランスがガタガタ。あせあせ(飛び散る汗)
まだまだですな。

しかし漕ぐと多少バランスが崩れても艇が持ちこたえてくれるのでありがたい。
スプリント艇はなかなか面白い乗り物です。
7月の丹沢湖のマラソンレース、出るとすれば練習中のK1スプリントのクラスなんだけど、コンディションが良ければ完走できるかもしれないが、今の力では引き波で沈するだろう。
練習だと思えば出てみるのも良いけど、どうしようかな、この時期に出て意味があるのか?
思案中です。

posted by エイ at 22:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年05月20日(Fri)

転ぶ場所を求めて出かける

小松市・十二ヶ滝
滝が12本あるそうです。

282015482_3123693281229816_3847046457666835780_n.jpg

気温が高かったので滝の清涼感がいいですね。
この滝の上流側が静かな水辺になっているので、レーシング艇のバランス系の練習にもってこいの場所でした。
スカーリング移動など、ゆっくり練習することができた。
カンバンにあったクマは出なかったけどカワセミが水面へタッチアンドゴーしていました。顔1(うれしいカオ)"
実はこの場所にたどり着くまで、けっこうなドライブをしています。
河北潟の生臭い水で転びたくないので、朝からK1を積んで転ぶのに適した場所を探す一日でした。

最初は家から1時間半の福井県あわら市・北潟湖まで行った。
以前シーカヤックで漕いだことがあるが、カヌー艇庫もある。
水質はさほどきれいでもなかったが、改めて確認してみるとやっぱりさほどきれいではない。
積極的に転ぶ練習には向いていなかった。

一応、小松の木場潟もと思ったが向いていないのでパス。
その辺を走り回って分かったのは、平地で清い水辺を探すのは無駄なのでやめておこう。
山の方へ向かえば川の上流で見つかるかもしれない。

川の上流へ向かうことにしました。
梯川の支流・郷谷川は大日山・標高1368mの麓に発する川です。
川沿いの道を上っていくと大きな滝に出会いました。
案内板が立ち駐車場もあったので引き返して車を止める。

きれいな滝の上には静かな水面があるではないですか!
転んじゃうような練習にはもってこいの場所です。
蛙さんが飛び込む岸から艇を出してみると、静寂と澄んだ水の中で集中して良い練習ができました。
スカーリングで横移動。
左右やってみて、左がうまくいかず斜めに動いてしまう。
ウィングパドルの返し角度は平パドルよりもしっかり角度をつけるひつようがありそうだ。
フォアとリバースのパドル角度を確かめて修正すると、思った方向に移動できるようになってくる。
移動時の艇の傾け・どの辺が安定して移動できるのか試しながら。
30分やって休憩してもう一回、気持ちよく練習できました。

281798422_3123693374563140_5714984144018279689_n.jpg

しかし一度も転んでいないなあ。
試行錯誤しながらウィングパドルのコントロールに少し慣れてきたようだ。
ブレースも効くようになってきたので、なかなか転ばなくなってきたようです。

ここは道路から丸見えなので、止まって眺めるドライバーもいます。
いい場所見つけた。
もう少し安定するまで、何度か使わせてもらおう。

posted by エイ at 10:56 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年05月01日(Sun)

春の高齢者強化合宿 in MOTOSU 2022

高齢者が何を強化するの?

昨秋に続き本栖湖で春の合宿をやりました。
神奈川県カヌー協会副会長とシーカヤッククラブ日本海魚組2人の3人で3日間のカヌー合宿です。
本栖湖はなんと言っても水がきれいですね。

278552829_840727353468887_5781252500353691016_n.jpg

サーフスキーを始めたシーカヤッククラブのマグロさん、サースキーの師匠に指導を受けていい練習が出来たようです。
良かったね。

278718526_356326099924134_2895372874597154681_n.jpg

自分はレーシング艇を持ち込んでバランスのトレーニングを中心にやりました。

2022-0424 102940.JPG

この時期は水は超ちびたくて、ドライスーツが正解です。
富士山をバックにいい写真が撮れました。
冠雪がちょうどいい感じで富士が美しい。

278720453_347563204013319_8457788742022376523_n.jpg

水がきれいなので、浅い場所で何回も沈しながらいい練習が出来ました。
特にバランスの厳しい艇は転びながらトレーニングすることにより脳が学習して安定感が増していくような気がします。

で、何の強化になったかというと、やはり夜の飲み会とかテントの使い方など、キャンプの進め方を楽しみながら強化できたかな?
5月の連休はどこかでかけたいな。
琵琶湖なら2時間でいけるので、デイキャンプでもして丸一日まったりとするのもいいなあと思っています。
posted by エイ at 10:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年04月17日(Sun)

浮かぶだけ

春の陽気に誘われて、初めてのレーシング艇に乗り始めました。
昨シーズン後半から少しずつバランスのトレーニングを始め、艇も手に入れた。
浮かんでバランスを取るだけというのは結構難しいですが、レーシング艇を乗りこなす基本の一つです。
最初にこの艇に乗れたのはラッキーで、割りと易しい艇のようです。
この歳からでも始められそうです。チュッ

20220417_1742.jpg

こんなもの作っちゃったけど、何か分からないでしょうね!
作った自分でさえ使えるのか分からない。
またつまらないものを作ってしまったか?
2022-04-17 151036.JPG

今日は河北潟のゴミ拾いで始まった一日でした。
年に一度のゴミ拾い大会「河北潟クリーン作戦」

DSC_0070.jpg

C-3.jpg

活動的な良い日でした。


posted by エイ at 21:19 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2022年02月05日(Sat)

プランク

漕いでいないので、あまり書くことも無くて...
雪はやっと10cmくらい積もったが、明日は積もりそうな感じで期待しています。

このところトレーナーの開発に浸かっていて、工作は結構がんばっているんだけど先が見えない。
設計段階で次々と改善点が出て修正の繰り返し。(T-T)
この開発はいつ終わるのだろう?
20220205-1.jpg

自重トレーニングも変則的な動きが混じってきた
サイドプランク
Screenshot_20220205-205304.jpg

普通のプランク
Screenshot_20220205-205455.jpg



posted by エイ at 21:37 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年12月25日(Sat)

ストレッチマン

もう今年の早朝カヌーはお休み、次回は来春の初漕ぎくらいだろう。

今日から北陸は雪模様になるらしい。
雪かき用のアルミスコッパはメンテナンスして準備完了。
青空艇庫の屋根も設置完了。

雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪
雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪
雪 雪よいつでも来い 雪
雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪
雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪雪

春までに衰えないように室内で軽めに自重トレーニングとエルゴ漕ぎを続けています。

それプラス、最近ストレッチを始めて毎日続けています。
カヌーホームのオンラインアカデミーでカヌー向けのストレッチを教えてもらったのです。

s-1640073288914-5346144739450824145.jpg

ストレッチをやってみて身体が硬い、特に開脚系のストレッチがかなり重傷で。(T-T)
ストレッチを続けている理由は、パドリング、エスキモーロールや再乗艇などカヌーの全ての動作には身体の柔軟性が必要だと思っているからです。
カヌーの技には体幹の強さも必要です。
以前できた動きも体幹と柔軟性が弱体化しているとできなくなる。
その辺を冬の間に改善していきたいと思っています。

ストレッチは始めた頃が一番きついそうですが...
身体が硬くて...先生が指導する形にならない。(T-T)
無理をすると逆効果なので、コツコツと毎日続けるうちに少しずつ柔らかくなっていくものだそうです。
そういえばテレビで活躍していたストレッチマンは最近見かけないが、今でも活躍しているのでしょうか?
ふとストレッチマンのことを思い出しました。
日常生活においても身体が動きやすくなって良いことですね。

お歳なもんで、すぐには進歩が見えにくいので、バカみたいに気長にやらないと...(T-T)
風呂上がりからのルーティーンに入れてストレッチを30分ほど、めんどくさいな...(T-T)

続きを読む
posted by エイ at 13:15 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年12月11日(Sat)

やればできる、マスターズから始めるスプリント(バランス)

タイトルが...書店にならぶ学習本のキャッチみたいな 。あせあせ(飛び散る汗)

パドリング技術向上のためにスプリントを習い始め、K1を漕ぐところまできました。
まずはやってみようということで始めましたが、学びの過程が未知との遭遇で楽しいです。
知らなかったことも続けると少しずつ出来るようになったり、最初は理解できなかったことに合点したり。
バランスが厳しいスプリント艇に乗る話です。

未経験者にとって「K1≒沈」が成り立つ。
自分も先月、K1艇に乗ったときはまったく浮いておれず、沈の繰り返し。
少しバランスに厳しいSWIFTという練習艇でバランスには慣れてきただけに。
少しは乗れるかという期待感は跡形も無く崩れ去った。(T-T)
どうやってバランスの崩れを修正するのか、イメージできない。
たぶん、やり方を分かっていない。
手に入れた自分用のK1でバランスの練習を開始しました。

水面には油も浮かんで水質良くないので、転ばずに済む方法で練習する。

IMGP2154.JPG


船台に片手を添えて浮かんでみて、初めのうちはやっぱり浮いていられる気がしないが...
じっくりとバランスの修正方法を探ってみる。

2021-12-11 165133.jpg

第1段階−傾きの直し方を探って理解する
船台に添えた手にかかる力を限りなく弱くして傾けて修正する動作を繰り返すうちに、傾いた側の足を踏ん張って重心が浮心に乗っかるようにすることで修正できると分かってきた。
じっくりと繰り返し30分ほど確かめる。

第2段階−少し手を離して浮いてみる
短い間だけ船台の手を離して浮いてみる。
修正できるときもあれば、修正できなくて船台を掴むときもある。
船台に頼りながらも少しずつバランスになれていく。
じっくりと納得できるまで。

第3段階−バランスの回路ができる
手を離して何も掴まずに浮いてみると、小刻みに揺れながら浮いている。
無意識に身体がバランスをとっている。
ソフトウェア制御では無くハードウェア制御みたいな、考えなくても身体がバランスをとっている。

訓練を繰り返すことによって脳の運動神経にあるシナプス同士が結合し、新たにバランスの回路が構成される。
新たに出来たバランスの回路により、意識して修正しなくても無意識にバランスが取れるようになっている。
まだほんの序の口でしょうけれど、これまさに「未知との遭遇」でした。
ベースがあったとはいえ、おもしろいものですね。


posted by エイ at 17:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年11月18日(Thu)

K1のお化粧

頂いたK1のお手入れ中です。

20211117_0028.jpg

PLASTEXのSPRINT65という船ですが、シートのベースが無いのでベースを取り付けることから始めます。
シート自体も割れていたので持っているNeloのシートを付けることにします。
コックピット回りの補修が目立つため、塗装することにしました。

20211117_626508_n.jpg

塗装のマスキング作業

20211117_0021.jpg

塗っていく内に思い切ってツートンの迷彩っぽくしてみた。
その方が補修跡が目立ちにくいだろう。

20211117_0022.jpg

マスキングを外したところ。

20211117_0026.jpg

作ったシートベースです。
センターに1本のレールをグラス布とFRPで固定し、シートがスライドできるようになっています。
これはシーカヤックでも使っているオリジナルデザインです。

20211117_0030.jpg


posted by エイ at 11:30 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年11月08日(Mon)

霧の本栖湖

11月の頭、本栖湖で漕いできました。
本栖湖の水は驚くほど透明度が高かった。

3日間通して好天に恵まれ、快適なキャンプが出来ました。
夜はちょっと冷えたけど、キャンプはお天気が何よりですね。
朝出ると霧がかかって富士山は見えなかったが天気は良く、この後でくっきりと富士山が見えたのでした。

IMGP2138.JPG

IMGP2139.JPG

本栖湖へ来たのは、神奈川県カヌー協会副会長との合宿練習のためです。
2人艇に乗せてもらったり、カヤックのバランスドリルを教えてもらったりで、とても良い体験が出来て感謝感激の3日間でした。

2021-11-01 224720.JPG

posted by エイ at 20:18 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年11月07日(Sun)

K1が来た

PLASTEXの古い型のスプリント艇のようです。
ハルはカーボン仕様です!ハート(トランプ)
探していることを知った漕ぎ仲間が、あちこちに声をかけてくださり譲り受ける艇が見つかったのです。
古い型だし、廃棄処分待ちで傷みも激しいけど浮いてくれるだけで十分、僕にとっては宝物みたいなものです。
これでK1のバランスが練習できます。

なぜK1スプリントに乗るのか?
学べば学ぶほど奥が深いパドリング技術、マスターするまでいかないまでも行けるところまで行きたい。
オンラインアカデミー講座でバランスが出来なければストロークも上達しないと知り、今以上の進歩にはK1に乗るしかない。
ということで、今までの路線からブレてはいないのです。
物事は真剣にやるからこそ面白い。

シートのベースが無いのでベース部分を製作します。
シート自体も割れてブヨブヨになっているのでNeloのシートに交換。

246522323_594935424959451_7412006213697626508_n.jpg

ラダー機構は古いが使用可能。
フットレストを外してメンテしないと。
浮かべるまで少し時間がかかりそうです。

posted by エイ at 19:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年10月24日(Sun)

河北潟自然再生まつり −2021−

河北潟自然再生まつりに参加してきました。
毎年、カヌー体験のテントで出店しています。
河北潟周辺の無農薬農産物、自然とふれあう体験などがいろいろ紹介されています。

お天気も良く、カヌーのテントには乗ってみたい人がたくさん訪れて、体験艇が足りない。

傍らにある板はバランストレーニングの板です。
ゲーム感覚で乗ってもらいましたが、5秒乗れる人は現れませんでした。あせあせ(飛び散る汗)

20211024_0063.jpg


二人艇が3艇、一人艇が6艇で1回に12名が体験できます。
2時間のローテーションを3回やって、37名の体験者でした。スタッフ3名、なかなかに疲れます。
これぞ秋の真ん中の晴れの日。
皆さん大満足で帰って行かれました。

20211024_0066.jpg

696.jpg
posted by エイ at 19:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー