2018年12月08日(Sat)

いい鏡、見ーつけた。

エルゴを漕ぐときの姿勢をチェックしたくて鏡をどうするか考えています。
前だけじゃなく横も見たいです。
猫背にならない様に気をつけたり、ちゃんとトルソーで漕いでいるか、自分の感覚と実際は違うことがよくあるので。
姿勢の確認はできた方が良いですよね。
普通のファッションミラーだとちょっと幅が狭いと感じていました。

大きな鏡は重たくて価格も高いし、普通の住宅の部屋では邪魔になる。
以前、ミラーシートを貼り合わせて鏡を作ったことがあったよね。
あれは使えたけど工作が悪かった。
そこで、また新たに作ることにしました。

いいミラーシートが見つかりました。
20181207-1.PNG

幅が60cmあるのが嬉しい。
ベニヤに貼れば簡単に継目なしのミラーが完成ですね。
できたらまた報告します。

アスリートのトレーニングルームでは、ビデオカメラの映像を前面の大型モニターに出していますね。
僕も真似たことがあって、準備と片付けが面倒だけどやった価値はありました。
リアルタイムでモニターに映そうとすると、手持ちのデジカメや動画カメラは意外とできなくて、昔のムービーのビデオ出力が役に立ちました。
posted by エイ at 21:45 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年12月01日(Sat)

寒い日に夏の思い出

もうウィークデーは漕げなくなったので、シーズンオフの運動不足解消に自作エルゴを漕ぎ始めました。
気温が上がらず、寒々とした日です。

唐突に夏の思い出
暑過ぎると思ったら急降下、あんまりいい夏じゃなかった。
それだけ?じゃさびしいよね。

夏の暑いときにBZ510という楽しいシーカヤックを手に入れた。
まだ活用していませんが、12月にちょっと海漕ぎしてみたい。
ウェットスーツを新調したし。
ウズウズ。

アオコ大発生による、アオコくんの工作もしたな。
七夕の前には航跡で星座を書く遊びやったね。
ブログ書いていると振り返りが写真付きで、とてもリアルなのだ。

人それぞれだけど、新しいこととの出会いが一番楽しい瞬間だと感じます。
毎年同じことをやっていても、毎回同じ繰り返しではない。
打ち寄せる波だって、高さも崩れ方も違うし、風向きも変わる。
新しいことに出会ったとき、その先にまだ見ない自分がいるに違いない。
なかなか新しいことに出会わないとき、いつもは曲がらない角を曲がってみるのも良いかもしれませんね。

8月に行ったオーストラリア・ゴールドコーストの砂浜です。
カヤックでサーフで遊ぶのに丁度手頃な波がよせていました。
アウトゾーンは静かで、ちょうどいい感じ。
DSC_0163.JPG

動画バージョン 



続きを読む
posted by エイ at 15:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月18日(Sun)

老齢期の運動を考える〜ボートの鉄人編〜

シーカヤックマラソンの漕ぎ仲間にはすごい鉄人がいるけど、日本のボート界にもすごい鉄人がいます。
しかし生まれつきの鉄人であるはずがない。
それは日々の運動を続けてきたことの蓄積に過ぎないのだと思います。
このブログの目的は健康を保つことなので、鉄人を目指さなくても良いのですが、参考になると思います。

よく1日10分の○○運動で○○がずっと改善できますとか、1日30分の有酸素運動を続けましょうとか言われていますけど、
人によってはそんなに運動できないし、種目によっても違いがあると思います。
ランニングだと自重全ての上下運動なので、大きな運動量です。
カヤックの場合は座っているので有酸素運動になるまでは少しきつめに漕いでちょうど良かったりします。

北九州市の松野範衛さん、昭和15年生まれ(推定)。
74歳でワールドマスターズ大会で優勝という輝かしい成績です。
学生時代にやっていたボートを社会人になってやらなくなり体力も衰えていたが、60過ぎて再びボートを漕ぐよう二なり、日々のトレーニングを行っていらっしゃるようです。
そこまでは目指さないにしても、健康(=体力)を維持するために必要な運動量というのは、どの程度が適当なのでしょうか?
ボートの松野さんの場合はどのように考えているのか紹介します。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ボート界の格言を体現した世界一(北九州市  市政だより 平成26年5月1日号より)himawari_ph2.jpg

北九州ローイングクラブ 松野範衛さん(小倉北区・74歳)

 「元気なじいさん、ばあさんは世界中にいますよ」と笑う松野範衛さん。彼は昨年9月、イタリアで開催されたシニアの世界大会であるワールド・ローイング・マスターズ・レガッタのダブルスカルで日本人初優勝を成し遂げた。今年の北九州市民スポーツ賞の最年長受賞者だ。ペアを組んだ堀内浩太郎さんは、ローマ五輪で日本代表コーチを務めるなど、言わばボート界の大御所。一方、松野さんは国体の出場経験はあるものの、大舞台での優勝経験はない選手だった。

 松野さんがボートと出会ったのは18歳の時。大学に入ったばかりの頃、ボート部の先輩に声を掛けられた。「体が大きかったので『こいでみろ』と強引に連れて行かれた」という。大学時代は来る日も来る日も早朝から夕方までこいだ。嫌になることもあったが、「大学で始める人がほとんどなので、練習すれば勝てる」と、ボート競技の魅力にはまっていった。卒業後、北九州の企業に就職してからも仕事の合間にボートに乗っていたが、年々仕事が忙しくなり乗る機会がなくなった。

 その後30年以上たち、再びボートとの縁が訪れる。退職した翌年、64歳でまた大学時代の先輩から誘われた。「久し振りに乗ってみたら、レースで5人中4位でした」と思わぬ悔しさが残った。それからというもの、学生時代に教わった「練習したやつが勝つ(Mileage makes champions)」、このボート界の格言を胸に練習に打ち込んだ。週4日はこぎ、2日は自宅で筋トレをする。「長く続けたいので無理はしません。練習量は若い人の半分程度ですが、続けることが大事です」と自己管理は抜かりがない。そして、6度目の挑戦で世界一になれた。

 海外遠征は旅行を兼ねて、必ず夫人が同行するという松野さん。「今は苦労なく、本当にボートを楽しんでいます。高血圧も改善し、働いていたころより元気になりましたね」と、いきいきした声で話す。次の目標は昨年2位だった1人乗りのシングルスカルでの優勝。それを可能にするのは日々の練習だけだということを松野さんは知っている。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
この記事に先立って松野さんが66歳の時に桑野造船のコラムに寄稿した記事があります。
『健康の維持=体力の維持』といった観点から、年齢に応じた目標とトレーニング計画を立てています。
興味があれば読んでみて下さい。
http://www.k-boat.co.jp/column/matsuno2.htm

トレーニング計画を立てる際のデータ集めと緻密な計算がすごいですが、何となくぼんやりと分かりませんか?
[原始体力](その人の最大能力)、[文明体力](運動しない生活レベル)、[寝たきりライン]という体力レベルの想定が独創的です。
年齢ごとの体力レベルをグラフにして推定寿命まで想定しているのがおもしろいし、運動量を数値で計算しているのもレベル高いなあと思いました。
しかし何かのグラフに似ているなあ。
松野さんはモーター関係の会社にお勤めだったことが分かりました。
あの体力のグラフもモーターの負荷曲線に似ているのでプッと吹き出してしまいました。

モーター負荷曲線の例(トルク−回転速度−パワーのカーブ)
20181116-1.PNG
なるほど、グラフを描いて考えるのは得意だったのですね。

緻密な一方で、「適度な運動の[適度]の限界は非常にわかりにくい」としています。
高齢者が若いアスリートのように、体力の限界までボロボロになってトレーニングにはげむ、というようなことはありえないことで、「楽しく長続きする」レベル以上には決してならない。
運動量が適度かどうか、老齢機の場合は自分で試して判断しましょうというスタンスです。

独自の分析、なおかつ「がんばらない」をモットーにトライしていることが持続につながっている。
松野さんの力の原泉は、人生で培った経験を生かして自分にあったトレーニング方法を考え、「無理せず楽しむ」ことを大事にする姿勢だと思います。

ここまで緻密に、且つ高いレベルの運動は真似できませんが、その姿勢は見習っていきたいと思います。
「がんばらない」ことと「楽しみがある」ことが持続につながっている点も納得です。
かといって緩すぎてもダメなんですけどね。
posted by エイ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月10日(Sat)

環境配慮のウェットスーツ

ウェットスーツを買いました。
冬の海に出ようっていうんじゃなくて、春・秋の寒い日のツーリングや沈するトレーニングに備えてです。

千葉でガイドをされているシックスドーサルスの藤田さんに教えてもらったパタゴニアのウェットスーツです。
藤田さんは海岸の漂着物調査など自然環境への造詣が深く、KAYAK~海を旅する本」に記事を寄せています。
普通はウェットスーツの生地にネオプレンが使用されているが、パタゴニアはユーレックスという天然ラバーの素材を使用し、ネオプレンは使用しない。
ここまでやるかと言うほどの環境配慮と品質を追求する会社は、他に知りません。

DSC_0074.jpg

なるほど、厳しい社内基準というものがあるんですね。
だから信頼され愛される会社であり続ける、見習うところです。
そのかわりちょっと高いけど、買ってみました。(パタゴニアショップまたはAmazonで販売中)
R1という一番薄いタイプで生地3mm厚の春・秋用で、これなら動きやすいと思って選びました。
フロントジッパーでかっこも良いです。
膝の部分はファブリックの生地で補強されています。
88479_BLK.jpg
体に密着するタイプなので、最初は着るのが大変でした。
もう一つ上のサイズだったかな?と思いがら、強引に延ばして着る。
伸縮性が高いのですごいフィット感、窮屈さは余り感じなくて良かった。
サイズは合っていたようでホッとしました。
着ただけで汗が出てくるのですぐ脱いだ。


もう一つの買い物は以前から欲しいと思っていたオーシャンレース用のPFDです。
南アフリカの Mockeというメーカーで "Mocke Racer PFD"という商品。
大きな浮力を確保しつつ、通気性と動きやすさを備えている。
大きな胸ポケットが中央にあり、背中にもキャメルバックが収納可能。
他のPFDに比べてちょっと割高です。
国内で販売してくれるショップを探してセントラルサーフクラブさんに聞いてみたところ、この商品の取り扱いを開始して頂きました。


20171128-1.PNG
先日の三陸シーカヤックマラソンin宮古で初めて使用してみて、動きやすかったと思います。
興味ある方はセントラルサーフクラブに問い合わせて下さい。

posted by エイ at 10:19 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年11月04日(Sun)

ドライブ楽し

車のドライブというのは、どうして心地よいのだろうか。
歩いたり走ったりでは得られない人の能力を超えた体験と、それを操る快感でしょうか?
私は安全運転だというのに。
滅多に走らない新鮮なルートであればなおさらです。
三陸シーカヤックマラソンへのドライブも楽しむことが出来ました。

休憩も短く3,4回で済みました。
長時間のドライブなので、体がこわばらないよう、姿勢に注意しています。
まず、背中が丸くならないように背当てを入れているのと、腹筋を使って腰を立てるようにしています。
力を抜いてリラックスするより少し疲れるけど、腰への負担は軽減できるみたいです。

ルート案内には GoogleのMAPを使います。
MAPをルート案内に使用すると、運転専用の"車"というショートカットがホーム画面に出来ます。
Screenshot_20181104-155636.png

新潟で下道のルートを選択中の写真。
写真の上に写っているスマホのMAP画面では目的地まで7時間7分、
下の方に写っているカーナビ画面は目的地まで12時間37分、違いありすぎ。

IMGP1592.JPG

MAPのルート案内は、車の通行速度を把握するビッグデータを使って最速ルートを見つける。
カーナビの方は、道路の格(国道>県道>市道)を優先するので、早い道ということにはならない。
MAPのルートは、ローカルの人間しか分からないような抜け道も利用するので、とんでもない細い道に入ることもある。
今回もGoogle MAPの案内で、ほぼ予定通り到着できました。

片道800kmなので、給油が必要になります。
価格の安いスタンドで給油することもポイント。
遠野のENEOSのセルフスタンドは安かったが、今回のルートは遠野を経由しません。
今回は盛岡の手前、雫石のJAセルフスタンドが安くて助かった。

さて、レースが終わって帰路につきました。
スイーツを買って帰ると言って出てきたので買って帰らねば、レースでの好成績など家族には無意味。
気に入ったスイーツじゃないと荒れる家庭に、嫁への強迫観念が甦る。

リサーチしておいた北上市にあるロシア料理の店「トロイカ」でケーキを買えました。
これで安心して家に帰れる。
IMGP1594.JPG

レースで疲れているので、夕食はさっぱり系、辛い物系にしたかった。
盛岡レーメンの店が途中にあったけど、すごい待ち時間だったのでラーメン店へ。
DSC_0032.jpg

辛味噌ネギラーメン(大辛、中辛、ほどよい辛さ)で、こんな場合は経験上一番辛くないのを選ぶべき。
結果は正解、レースより汗かいたかも。
DSC_0033.jpg

北上市から日本海側の自動車道へ出るまで、短い自動車専用道を利用しながら快適にドライブしました。
MAPの使い方も、高速道路を使用すると東北自動車道へ導かれるので、時には高速道路不使用で検索したりして高度に使い分けています。
日本海側の日本海東北自動車道に出て南下。
家に着いたのは朝5時でした。
カヌーの道具を片付けしたらレース結果をブログに書いて、出勤の準備です。
今年も、東北遠征の旅が終わりました。
続きを読む
posted by エイ at 16:27 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月24日(Wed)

シーカヤックマラソン 3大会同時開催の日

今週末の10月28日(日)は3つのシーカヤックマラソンが同時に開催されることになりました。
こんな事って起こっちゃうんですね、大花火大会みたい。

・三陸シーカヤックマラソンin宮古
・熊野シーカヤックマラソン
・とくしま宍喰シーカヤックマラソン

台風25号の影響で開催日が28日に変更された大会もあり、意図せずダブルブッキングになってしまった参加者も出たようです。
僕も3つとも出たいくらいですが、一番遠い三陸へ参加します。
レース翌日は仕事なので行程厳しいですが、三陸は参加を続けているので、自分の力量の変化が分かりやすいです。

台風26号が発生していますが、28日は遥か南方フィリピンの東海上なので影響なさそうです。
宮古の海況予想は西の風でオフショアなので、波は立ちにくい。
前日の27日はかなり強風なので前日漕ぎは難しく、大会当日は静かと予想しています。

20181024-1.PNG

スプリント艇を購入?
マスターズ大会出場に向けてK1スプリント艇を入手しようとしていましたが、立ち止まって考えました。
K1 VAJDA ApeX なんかいいなあ、と思っていたけど、
136-apex.jpg
考えてみればスプリントの安定性に近い Sharp6 を持っている。
今はシートの高さを下げているが、シートを上げれば相当のグラグラ艇になります。
Sharp6でトレーニングを始めて、ワールドマスターズ大会の競技内容が発表されてからでも遅くない。
Sharp6で出場できるのなら、スプリント艇を用意する必要もないわけだ。
ということになりました。
posted by エイ at 07:58 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月20日(Sat)

秋の練習コース

河北潟には越冬するカモたちがたくさん飛来しました。
カヌーの練習コースはカモの多くいる本湖方面を避け、ボートコースを往復することにしました。

20181020-1.JPG

今朝はシーカヤックが2艇です。
かれはカヌー部出身者です。
スピードの出ないシーカヤックでもS18Rのペースに付いてきます。
シーカヤックマラソンに出たらいきなり優勝しそうでが、ボートのチームに入っているのでなかなかマラソン参加は難しそうです。

20181018-1.JPG

posted by エイ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月14日(Sun)

初めてのK1スプリント艇

今日、初めてスプリント艇に乗りました。

近くの水辺公園でのカヌー教室に生徒として参加。
(旧)河北台商業高校のカヌー部OBが開いているカヌー教室です。
スプリント艇に乗る体験者は自分一人だけでした。(汗)

水に落ちるつもりで来たのでウェットスーツ着用。
借艇したのは「タイガー」というスプリント艇です。
旧型ということですが初めに乗る船としては、丁度良いんじゃないかと思います。
IMGP1573.JPG

乗ってみた
サポートを受けつつ離岸、しかし船台からの離れ際でパドルを沈めている方に傾いてしまい、あえない沈となりました。
安定は相当悪いぞ。(不安が増大)
2度目は離岸時に船尾を持ってサポートしてもらいました。

おおー、軽い漕ぎ味、けどバランスがシビア。
傾きに対する反発は練習に使っているスイフトの半分もないかも。
最初の30mくらい、ビビッて艇が小刻みに震えます。
しばらくして震えが止まり、少し普通に漕げるようになった。
慣れれば練習艇のスイフトのように漕げるー。
進路がぶれずに真っ直ぐ進んでくれる船だ。
緩い円弧を描いて4週ほど回りました。
走っているうちは多少の外傾コントロールが可能なくらい安定感がある。
しかし時々ぐらつく。
感覚的には、自転車の補助輪を外された感じに近い感覚でした。
結局、沈は最初の一度だけで済みました。(面白くない?)

静水なら転ばないで走れそう。
問題は風波が出たときですね。
今回は背伸びしましたが、3年後のマスターズ大会へのステップと思ってチャレンジしました。
今日、全く通用しなかったらスプリント艇はあきらめようと思っていたけど、慣れれば乗れるという感触を得ました。
来年から本格的にスプリント艇の練習を始めようと思います。
次は艇の入手と練習場所ですね。
K1スプリントの中古はなかなか出ないだろうから、新艇かな?
近くに水のきれいな川はないので河北潟で転ぶしかないですね、ポータブルシャワーを車に常備して。
posted by エイ at 19:46 | Comment(8) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月10日(Wed)

K1スイフトの使用再開

久しぶりにスイフトで漕ぎました。
スイフトはもっと軽く漕げると思ったけど、漕ぎ味もスピードもS18Rと同じくらいですね。
(持ち船が秦野の先輩とかぶってます)
IMGP1005.JPG
(写真は二年前のもの)

今週末にカヌー体験会があってK1スプリント艇に試乗できそうなので、スイフトで少しでもバランス感覚を近づけておこう。
久しぶりに乗った感想としては、バランスはちょっとシビアなのに漕ぎ味はそれほど軽くない、これがスイフト。
K1スプリント艇の様に見えるけど、細い割にボトムが幅広くなっている分だけ抵抗も大きいのか?
或いは単に自分の力が無いだけなのか?
メーカーではフィットネス用の位置づけなので、これでいいのでしょうね。
しばらくスイフトでバランスに慣れる練習を続けます。
体験会でK1艇に乗った後、また変わるかもしれません。
posted by エイ at 07:48 | Comment(6) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月06日(Sat)

アキアカネの季節

三陸シーカヤックマラソンが延期になりましたが、新規の申し込みを受け付けています。
開催日は10月28日(日)、参加申し込みは実行委員会の事務局へ直接電話してくださいとのことです。
ここに書いてあるよ → https://6252.teacup.com/sanrikukayamara/bbs

台風の接近で明日は早朝カヌーお休みです。
今朝はいつもよりたくさん漕いできました。

上がったら近くにアキアカネが停まっている。
山から下りてくる季節です。
ここまで長旅でしたね、お疲れさん。
IMGP1569.JPG

我が県の怪物(もとい、宝)
20181006-1.png

BZ510のシートを交換中です。
かなりオンボロになっていたので、S18Rに付いていた新品同様のシートをセットしてみたらピッタシ!
また報告します。
posted by エイ at 09:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年10月03日(Wed)

余裕の、余裕の、調整

三陸シーカヤックマラソンの延期!
熊野シーカヤックマラソンは見送ることになりそうでしたが、三陸シーカヤックマラソンが台風の影響で延期されて、熊野と同じ開催日になったため自動的に行けないことになりました。
秋のレースは三陸シーカヤックマラソンの一本勝負です。

今年は気象の変動で生活のリズムが悪いのか、何事も進みが遅くてカヤックエルゴの改良も進んでいません。
チコちゃんに「ぼーっと生きてんじゃねーよ!」って叱られそうです。
みなさんはいかがお過ごしでしたか?

そんなこんなで、しばらくぼーっと生きてきたけど、早朝カヌーだけは順調にこなしていました。
9月のサラリーマンの朝活スタンプ
20181003-1.JPG

いろいろなソースから見聞きしたストロークの技術を自分なりに整理して取り組んだ。
競技経験者が一般カヤッカーに教えるクリニックで(外国の動画)は、教える方の教え方が下手だということも分かってきた。
フォワードストロークにはいろんな要素があって一度に教えられないし、表現方法も人それぞれのような?
人によって表現が違うだけではなくて、指導者は長年の選手生活を送ったのでもはや初心者のころに戻れない。
つまり学ぶ人にとって大事なところや強調すべきところを当たり前としてスルーしてしまうこともあるのではないか?
そして何より難しいのは、上手い人の動きを真似てもダメみたいなんです。
どこを意識して漕いでいるかまで分からないといけない。
そのように伝え方が難しいみたいですが、今年後半は少し分かってきた感じで成長したかもしれない。
そこまで来てやっと指導者がいろいろと言っていることが人によって違っても、それはジグソーパズルのようなストローク理論のパーツであって、その一つ一つが収まって正しい方向に理解していることが分かる。

でも理解できたからといって、すぐに出来るわけではない。
体幹をひねるパワーを上体が逃さないようにパドルへ伝える、そのように筋肉が連携する所まで練習が必要のようです。
たぶん、そこまでできて初めて真に理解できる。(それじゃあどうやって理解できるようになるの?)
そこが体感しながらレベルアップする難しい所ではないかなと思います。

正しいストロークは、多分、体への負担が少ない → つまり練習で故障することもない漕ぎ方。
だから練習を続けられるし、真に理解できれば速くもなる。
3年後に「ワールドマスターズゲームズ2021関西」があることを知ったので、今後はそれに向けて練習します。
また未知の自分に出会うことが出来れば良いですね。

特に速くなったわけでもないけど、こんな風に練習の方向性が定まったので余裕を持って練習しています。
週末の三陸シーカヤックマラソンへの調整は休養とりながらの余裕の調整です。
と、余裕こいていたら台風25号で月末に延期になりました。
風が強そうだなあ、湾内の周回コースになるかと思っていたけど延期とは!
延期ができる運営の柔軟さは素晴らしいです。
予定が立たなくなった人は災難ですけど。

延期でさらに余裕ができて、余裕過ぎて足踏み外すかもしれませんね。
posted by エイ at 17:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月08日(Sat)

10月のマラソンレース申し込み

早朝カヌーは雨で中止。
伊勢志摩では明日マラソンレースがありますね、天気が良いことを祈っております。

10月に開催される2つのカヌーマラソンレースは、特に出たいと思ってるレースです。
「三陸シーカヤックマラソンレースin宮古」、17Kmのレースは平水面あり、荒場あり、自分の漕力を測る目安であるけど、なによりその水面の変化が楽しいのです。
すでに募集案内が郵送されていますが、こちらのイベント情報から申込用紙をダウンロードすることが可能です。
ぐずぐずしていたら9月15日締め切りが近づいてきたので出しました。

もう一つ毎年チャレンジしているのが「熊野シーカヤックマラソン」、9月中旬頃から募集を開始するようです。
その日の天候次第ですが、外海のウネリと返し波の中を長い距離漕ぐ確率が高いのが魅力。
上級者コースは波風がある状況で、スピードを保ち且つ安全に移動することが求められる。
(過去にリタイヤ、レスキューを味わった参加者あり)
サポートを受けつつ荒場を漕げるチャンスは、普通のシーカヤックツーリングでは滅多にないことです。
あまりに荒れるとコース変更や中止もあるようですが、今年はどうなるでしょうか。

それとレース後の、このお店の「かき氷」も楽しみの一つです。
151018-5.JPG

「熊野シーカヤックマラソン」と同じ10月最終日曜日に徳島でもシーカヤックマラソンを開催しています。
日が重なってしまいましたが、「とくしま宍喰シーカヤックマラソン2018(第二回)
こちらは海の美しさが魅力ですね、15kmのロングコースも新設されて、機会があれば参加してみたいです。
案内はここに出ています。 http://www.challenge-kaiyo.com/
posted by エイ at 07:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月05日(Wed)

台風21号の後

各地で強風をもたらした台風21号、カヌーを飛ばされた情報も入っています。
最初に上陸した四国はもとより、大阪・滋賀あたりが被害を受けたようです。
県境の山越えで弱くなるのか、石川の付近では勢力が弱まることが多いです。
年寄りは、あの白山が守ってくれていると言いますね。
自宅付近は恐怖を感じるほど風は強くなりませんでした。

雨も強かったこともあり、漕艇場はまた水浸しになりました。
IMGP1542.JPG

IMGP1543.JPG

芝生の上から出艇です。
20180805_1.JPG

この後、天気は回復して好天が続きそうです。
posted by エイ at 07:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月03日(Mon)

秋のレースとスイーツ

台風21号接近中、今回は風の被害を予想しています。

秋のシーカヤックマラソンのシーズンに入りました。
しかし日頃の行いが悪いためいろいろ片付かず、9月のレースはパスすることになりました。
「志摩里海マリンフェスタ」今年は見送ります。

10月はカヌーマラソンレースの遠征に出る予定です。
カヌーに興味のない家族が快く送り出してくれるには、強力なお土産が必要だ。
留守家族にも特典がないと家庭は険悪に...
うちはそういう家族です。

仕事で北海道出張に行ったお土産が生チョコでしたが、これがなかなかの評判でした。
DSC_00261.jpg

三陸ならなんと言っても海の幸ですが、女子にはスイーツの方が効果有り。
東北のキレッキレのスイーツを探してみます。
ここを間違うと棘の道が待っているのだ。

ずんだ餅もいいが、今時の女子がトローンとするような切れ味が欲しい。

蜜りんごのアップルパイ(青森・弘前)

 宮古から弘前までは、ちょっと距離が
item_1000780_1.JPG
ロシア料理「トロイカ」
オリジナルベークド・チーズケーキ

予約を入れて購入した方が良いようです
11:00〜20:00(水曜日が定休日)
北上市町分18−120−1 TEL:0197−64−4263
IMG_20180903_1.jpg
小岩井農場
 ベイクドチーズケーキ

item_3236_1.jpg
小岩井農場
 レアチーズケーキ
 アイスなど乳製品いろいろ
52304.jpg

スイーツ、あるある。
小岩井農場が品揃え豊富。
通信販売もしているけど、農場でしか売っていない物も多い。
北上のケーキもいいですね。

クーラーバッグ用意して買い出しか?


紀伊方面は?
「赤福」もいいが、我がふるさとにも「あんころ餅」があり、あんこ系は女子の心を掴めないだろう。
熊野のおばちゃんの「かき氷」は持って帰れない。
どこでもあるような物じゃ意味がない。
あとは菓子職人が頼りです、お店を探してみよう。

三重県朝日町白梅の丘西にある洋菓子店「パティスリー シェ ニノ」の「クレームキャラメル」
TEL:059-377-2220

プリンのような?
形がおもしろい

83257172.jpg
三重郡菰野町の洋菓子店
「コンフィチュール アッシュ」
TEL:059-394-7727
89216684.jpg
桑名市多度町の『多度グリーンファーム』
くだものスイーツなど

桑名だから行き帰りの休憩地点にもなります
TEL:0594-48-7447

150x150_square_30925680.jpg
桑名市
フランス焼菓子の「フェーヴドカカオ」
「ケーク ショコラ オランジェ」、「タルトタタン」というのが美味しいらしい。
TEL:0594-73-0886
150x150_square_65232987.jpg

作戦を練って行かないと棘の道が待っている...(T-T)
続きを読む
posted by エイ at 08:01 | Comment(4) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年09月02日(Sun)

秋雨前線の後

水が引いた後はゴミが大量に残っていました。
プラ系、空き缶等だけ回収。
自然ゴミはそのままにしました。
IMGP1537.JPG

台風21号で、もう一度荒れるかな?
水路に生えていた水草のヒシが流されて、河北潟の中央に浮いています。
所々で浮島のようになっています。

実が着いていない。
20180802_1.JPG

20180802_2.JPG

posted by エイ at 12:16 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月31日(Fri)

前線の北上

北の厚い雲
IMGP1533.JPG

南の青空
IMGP1534.JPG

前線が北上したおかげで、昨夜の強い雨と雷は上がりました。
でも潟の水位が上がり、船台が島になっちゃった。
IMGP1535.JPG

中央大学の合宿は終わったみたいで、ボートはすっかり片付いていた。
8月の終わりは雨にも遭ったけど、運良く中止すること無く漕げました。
もう暑い日々は終わったのでしょうか?

朝のうちは能登半島沖にあった前線が南下して、七尾市中心に能登は大雨になりました。
20180831_1.PNG

幸いにも雨の中心は南に移動して降り続かなかった。
20180831_2.PNG

振り方が激しいので、今後も警戒が必要です。

posted by エイ at 08:24 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月29日(Wed)

秋雨前線

北陸−東北付近に前線ができており、この前線の上下で降ったりやんだりしています。
幸いにも小降りだったので、短めに漕ぎました。
20180829_1.JPG

日曜は、カヌー体験のお手伝い。
カヌー艇庫のある大崎水辺公園で行っています。
IMGP1523.JPG

天気は良かったけど風が強くて。
ちょっと危険なほど風が上がったので、2人艇での体験に切りかえました。
IMGP1527.JPG

講師が後ろに乗って、これなら大丈夫。
40054227_2123027604629727_72898050418278400_n.jpg

この時期に行うカヌー体験は、少年団のちびっ子達です。
卒業生がシーカヤック体験してみたいということで、ステラS18Rに乗せました。
携帯、貴重品等は持っていないことをチェック、
浮かんだ段階でかなりグラグラ、でも本人は余裕の表情で楽しんでいるようだ。
レスキューできるよう後ろに着いていきましたが、転ばずに戻りました。

posted by エイ at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月27日(Mon)

4日ぶり

ぶりぶり、最近は途切れゝになっちゃって漕げていないです。
8月は7日ぶり、4日ぶりとかがあってトータルKmが進まない。
それでも月間140Kmまで延びそうなので、なんとかカバーできているか?

「世界の」漕ぎっこくらべ、8位まで浮上しました。
20180827_1.PNG

北海道へ出張、この気候なら暑いだろうと思っていたけど涼しい、さすが北海道!
仕事のある苫小牧に向かう途中、近くの支笏湖に寄りました。
気温23℃ほど、快適です。
ダイナミックな山の景色ときれいな水、漕いでみたい。
DSC_0005.jpg

3日目には仕事も終わり、千歳空港に近い「道の駅ウトナイ湖」に寄りました。
小雨の中、白鳥さんがノンビリ毛繕いしていました。
ここは野鳥のサンクチュアリなので、カヤックは遠慮した方が良さそうですね。
DSC_0022.jpg

ところで、野鳥の敵は意外にも不勉強な野鳥の写真愛好家だということです。
珍しい鳥の写真を撮りたいために、鳥の巣を見つけたら親鳥が帰るのを巣の近くに身を隠して何時間も待ち続ける。
この行為が、親鳥が巣を放棄してしまう最悪のパターンだと聞きます。
さらに情報が拡散して写真家が殺到すると、ひとたまりもありません。

真の愛好家は、鳥との距離感を知り遠くから超望遠で観察する。
そして巣を見つけても場所は明かしません。
posted by エイ at 07:28 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月22日(Wed)

ちょっと秋模様

暑い夏、というよりは異常気象的な気温上下でしたね。
また暑さが戻ってきました。
それでも夜の時間が長くなったせいか、朝夕は以前ほど暑くないです。

今日は久しぶりのゴミ回収でした。
いつものように才田大橋付近でゴミ袋を発見、回収に入ります。
1個目
20180822_1.JPG

2個目
20180822_2.JPG

3個目をゲット、もうないようです。
20180822_3.JPG

ウーン、尻(尾てい骨あたり)が痛くて思うように腰を回せない。
硬いシートに尻の皮が尾てい骨で押しつぶされる感じ。
20180822_4.JPG
私ほどになると、載せただけの不安定なゴミも落ちないのです。

ゴミ回収袋に詰め込んで完了。
20180822_5.JPG

それより、尻が痛いのは何とかしないと漕ぎが苦しい。
パンツのお尻部分の縫い目の凸部が原因で、お尻の皮が硬いシートに圧迫されている感じです。
下に履いているタイツか、短パンのどちらかが原因みたい。
短パンの方かな?次回は別のウェアで確認してみよう。
posted by エイ at 22:03 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月18日(Sat)

7日ぶり

6日休んだ早朝カヌーですが、再開してみると意外に好調です。

いつものコースマップ
20180818_2.JPG


マップといえば、オーストラリアのタクシーを思い出した
目的地を言ったらスマホのグーグルMAPを片手に運転しているじゃないか!
地元のドライバーじゃないみたい。
タクシーの運転手はアラブ系かインド系の人か、出稼ぎに来ている外国人のようだ。
どうもメーターで走っていない。それに、かなり料金をボラれたみたいだぞ。
表向き親切だけど金銭に意地汚ない。
旅行者の足元を見るので、乗るときに「メーターはどこですか?」って聞いて、メーターを見ていることを宣言したほうがいいみたいです。(T-T)

明日は「津幡レガッタ」、この地区の大きな大会です
スタートに並ぶ係員用のボート(係員が艇尾を掴んでおき、スタートで離す全自動システム)
20180818_1.JPG

posted by エイ at 21:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年08月04日(Sat)

橋の下は休憩所

朝少しゆっくり出て7時を過ぎたら暑くて。
ほんと、危険な暑さですね。

湖南大橋の日陰で休憩です。
20180804_1.PNG

橋の下は風もよく通って、休息にはもってこいの場所です。

鯔も少し元気が復活したか。
いいジャンプを見せてくれました。

posted by エイ at 17:50 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月30日(Mon)

5日ぶり

台風の影響で気温が下がった東京から帰ると、金沢は暑かった。
4日間の出張も終わり、5日ぶりに漕ぎました。
河北潟は相変わらずいい湯加減で、アオコが広い範囲に広がっています。

最近は日の出がだいぶ遅くなって5時くらいなので、出艇も日の出に近くなりました。
天気が良く残り月が見えています。
20180730_1.PNG

写真だと分かりにくいですが、左肘の下に見える白山にはまだ大きな雪渓が確認出来ます。
あの雪渓まで登れば相当涼しい。
雪渓までは車で2時間+歩き4時間、合計6時間で到着できます。
20180730_2.PNG


posted by エイ at 08:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月28日(Sat)

うちのカヤック達(再改訂)

持ち船は7艇になった。
なんでこんなにあるの?
これは絶対に言い訳を用意しておくことが必要です。

まず最初に、自分の使うのが5艇ですからね、後の2艇はボランティア活動で使う体験用カヤックです。
それぞれ用途があって必要です。(ここ大事ですね)
一番目の紹介はステラーS18R、艇速を重視したツーリング用シーカヤック。
早朝シーカヤッキングとレースの中心的なカヤックとして使っています。
スピード重視のためやや細身ですが波の中でのコントロールは問題なく、2017年の荒れた琵琶湖縦断、宮古シーカヤックマラソンを危なげなく乗り切っています。

IMG_20170615_064537.jpg

サイズは全長540cm, 幅53.5cm , 重さ16Kg
ハルの形状はサーフスキーに似ています。
スモールサイズのラダーですが、海での旋回性能は優れています。

初期安定が悪いけど、二次安定が早めに効く感じ。
乗り慣れてくると全然問題ないってことが判ります。

元のシートは取っ払って、レース用シートに換えました。
バックレストも邪魔なので取っ払いました。(が、長距離では必要です)
これで何時間漕ぎ続けても尻が痛くなったりしません。(尻は鍛えましたから)
IMG_20170429_063107.jpg

シートを後ろへ下げたレースのポジションで転んだ場合はロールは難しいので、脱艇して再乗艇になります。
ツーリングで使うときはシートを前へ移動して膝で艇をホールドできる状態にします。
転んだらロールで上がります。

次はウッド艇の"ヒラマサ号"
141024-6.jpg141024-7.jpg

カヤックの師匠であるカヌーあいらんど渡邊さんの手により、能登島のカヌー工房で製作された。
全長5m、オールラウンドでコントロール性に優れたカヤックだと思います。
コックピットに座ると、バウのカーブが生き物のように有機的なカーブになっていて気に入っている。
スケグを装備しているが、よほどの荒れでない限り必要ない。
ツーリングでは頼りになる艇です。

次は BZ510
全長508cm , 幅58cm  重量18Kg  スケグ装備のツーリング用シーカヤック。
琵琶湖カヌーセンターオリジナル艇で、製造は造研の手による。
2018年の夏に中古で手に入れました。
ローボリュームであり、大きなロッカーと低いデッキで波と風に適応し、エスキモーロールがやりやすい。
しかもケブラーを使った軽い船体です。
掘り出し物の名艇だと思います。

前のオーナーがラダーを追加したのと、サイブレースを削り取っていました。(泣)
この船にそれはやめてほしかったけど、何とかします。
ラダーは撤去、サイブレースは取り付け工事中。
回り回って僕の元に来ることになったこの船との運命を感じます。


次はトレーニング専用に購入したスイフト。
持ち運びがすこぶる楽な教師カヤック的な位置づけ。
小さな軸ブレにも反応するので、フォームの修正にいい船だと思います。
IMGP1005.JPG
スイフトはバウを絞ってあるのでパドリングしやすいし、センターのブレも分かりやすい。
トレーニングに適していますね。

次はダウンリバーのレース艇"Sharp6"、ニュージーランドからやってきた。
隔壁を追加してシーカヤック仕様にしてある。
シートもバケットシートからレース用に交換済み。
141008-1.jpg

これは前の持ち主が撮った写真(ニュージーランドにいたころ)
s-1406228-2.jpg

ニュージーランドでは、マルチスポーツと呼ばれているこの種類のカヤックがたくさんいる。
それはCtoC (Coast to Coast) という、山岳のRUNと川下りレースを組み合わせたレース(トライアスロンみたいなもの)が盛んで、川下りに適したレース艇として使われているから。
141024-8.jpg

Sharp6は中級者以上向けのマルチスポーツで、港内や沿岸の海のレースでも良い成績を上げている。
全長595cmで幅が43cm、とても軽いです13〜14kgらしい。
これを個人輸入までして欲しかったのは、いくつか理由がある。
1.早朝カヌーの漕艇場では、速いシングルスカルにオカマ掘られそうで速い船が欲しかった。
2.マラソンレースで上位を占めるサーフスキーと互角に走ってみたい。
3.マルチスポーツという日本にないタイプの船で、とてもミステリアスだった。
スモールサイズのコーミングなので再乗艇は難しく、ロールできなければ沈脱してレスキューされる運命にある。
この船でのエスキモーロールが問題なくできれば、ダウンリバーでも海レースでも速い船と対等にレースできます。
サイブレース等のロール補助パーツを強化する予定。

ここからはボランティア活動用で、カヌー体験で乗ってもらう淡水(川・湖)用のカヤック
まず、フジタカヌーの"A-1"
141024-2.JPG

スラローム練習艇です。
重量が14kgくらいで持ち運びが楽!
141024-1.JPG
写真を見るとスケグが付いているのが分かります。
着脱可能なスケグで、これを着けると初心者でもぐるぐる回らず、楽にコントロールできます。
頑張ればスピードも出るし、スケグを外すとスラ艇のように良く回る。
親子カヌー体験で使ってます。
このカヤックは素直な良い子で、子どもを沈させたことは一度もありません。
(ちょっといい気になって遊んだ大人(男)は、2人ほど犠牲になっていますが...)

最後は2人艇のキーウィ3
141024-3.JPG

家族用に買ったが、うちの家族はアウトドアが好きじゃないので利用が少ない。
親子カヌー体験では、カヤックが無理なお子さんでも、親子で乗艇可能。
安定性が良く、初めての親子でも安心して乗ってもらえます。

カヤックは、納屋の横の狭いスペースにパイプでラックを組んで収納しています。
ラックには最大7艇まで収納可能、もうリミット状態です。
posted by エイ at 08:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月23日(Mon)

使い捨てカイロの賛否両論

使い捨てカイロって嫌いです。
今日大量に拾ったからではない。

20180723_1.PNG

使い捨てカイロが、百以上ある。
袋が破けて拡散する前に拾えて良かった。
20180723_2.PNG
載せきれず、サイドバック状態で曳きながら上陸地点へ向かいます。
大きなゴミは一旦陸上に揚げて、後日回収します。
荷揚げポイントまで1kmある、かなり水の抵抗があって重いこと。
ちょっと割増のトレーニングになりました。

続きですが、
寒いときはありがたいかもしれない。
でも使った後、必ずゴミになる。
それも大半は埋め立て場行き。
負の遺産を増やす方向のものを、大量に作って簡単に使い捨てて良いのか?
賛否両論あって良いと思います。

簡単に使い捨て可能なら徹底した再利用を、メーカーも負わなければならない。
便利だからと簡単に許す文化が、ちょっと日本の嫌なところです。

posted by エイ at 21:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月21日(Sat)

カヤッカーの暑さ対策いろいろ

朝の挨拶が、今日も暑いね。
家に帰って、今日も暑かったね。
そんな日が続いています。

でも不思議と「暑かったね」と言ったあと、なぜか気が楽になる。
「暑かった」を肩から降ろしたような。

冷やしたジンライムをオンザロックで、チビチビやりながら夕ご飯に突入。
今日の暑さはこの瞬間のためにあった!
と考えることもできる。

達人になると、暑い日の中に楽しみを見つけるんですね〜。

ナチャラの北村さんは普段ゆるキャラなのに、ポリネシアンみたいなシルエットになっているし。
吹き出しそうですが、上手くかわす達人ですね。
37192331_1875744969155912_1850137701978734592_n.jpg

モウゲンカイと言いながら連日漕いでる人も...
この暑さを、体力とステーキで乗り切る強者ですね。
37334339_1494673290634280_8993414720413237248_n.jpg

メルヘンチャペルさんも、毎日のように精を出してますね。
こちら一番涼しげです。
37052677_1288241704612238_6043031380747616256_n.jpg

以上、僕の知る狭い範囲の取材ですけどね、

一番楽しているのは僕です〜。
暑いといっても早朝はけっこう涼しい。
アウトドアは朝の7時には終わってますから。
年寄りは無理せず、かわすの一手です。
20180722_1.PNG
ちょっと水温が高めなこのごろ、また琵琶湖に行きたくなってきた。
琵琶湖で夏のレスキュートレーニング合宿、いいね。

posted by エイ at 20:35 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月18日(Wed)

お風呂みたいな河北潟

涼しい朝でしたが、湖面からの温熱を浴びながらの漕ぎでした。
お風呂の上に浮かんでいるよう。
連日の猛暑で河北潟の水温が上がって、何度だろう?とにかくお風呂みたいだ。
せっかく涼しい朝なのに。

夏至も過ぎて、これから少し涼しくなれば良いなあ。
暑いのもあと2,3週間だ、と勝手に思ってしまおう。
posted by エイ at 08:26 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月14日(Sat)

ワールドマスターズゲームズ2021関西 の紹介

スポーツの世界マスターズ大会。
活躍している日本人が報道されるのをチラッと見聞きしていました。

年齢別アマチュアスポーツの世界最高峰の大会です。
概ね30歳以上であれば誰でもエントリーできる。(年齢5歳毎にクラス分け)
3年後の2021年に、日本で開催されます。
それが「ワールドマスターズゲームズ2021関西」

開催期間は 2021年5月14日(金)〜5月30日(日)17日間

カヌー競技は、マラソン・スラローム・スプリント・ポロ・ドラゴンボートです。
カヌーマラソンの会場は、京丹後市・久美浜湾カヌー競技場となっています。
競技場は静水面ですね。
詳細はまだ分からないけど、艇種はやっぱ競技用の K1艇なんだろうな。

予想するに若いクラスほど競技経験者の出場も多いはず。
高齢になるほど水面から遠ざかるのではないか?
とすれば、一般人が表彰台に上がるチャンスはあるのではないか?
レクリエーションカヤックのみなさん、2年半あります。
今からK1の練習にトライしてWMG関西に出てみる?
おっとっと、みんなお年頃だよ〜。撃沈かも〜。で良ければ是非。

WMG_Kansai.PNG
posted by エイ at 05:40 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月08日(Sun)

星座遊び−面白い星座は?

七夕なのに雨続きで
夜空を見上げることもない日々が続きました。
河北潟の水面に北斗七星を書く遊び、七夕で一旦終わりにしました。

GPSの航跡に1kmのマーカーが残り、星座のように見える遊びです。
河北潟でこの形を作るのはなかなか難しかった。
今回は3番目の星の位置がイマイチで窮屈な感じになったけど、だんだん良くなってきました。
20180708_1.PNG

また来年、トライしてみよう。
カシオペア、はくちょう座は簡単そうだ、けど面白くない。
オリオン座も存在感あるけど、長方形だし三つ星は困る。
1kmのマーカーが星になるので、等間隔で繋がる星座じゃないと面白くないのです。
やはり北斗七星の形がいいですね。
posted by エイ at 09:31 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月07日(Sat)

梅雨

お休みの土曜日ですが、雨足が強くて早朝カヌーはお休み、明日には回復しそうです。
西日本で被害をもたらした強い雨は東へ移ってきたけど、まだこの先分かりませんね。

あまり書くことがないので最近の漕ぎでも載せてみようか。
以前よりトルソーを多めに回すようにしました。
お腹の脂肪を引き締めるのに貢献するかも。

染之助・染太郎じゃないけど、いつもよりたくさん回しています。


posted by エイ at 11:13 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年07月03日(Tue)

星座遊び

フェーンの吹いた日以来暑い日が続いています。(明日から涼しくなりそうですが)
先週は荒れる日が続いて、土曜日は漕艇場に打ち上げられた植物などの掃除。

日曜日はゴミのポイ捨てがあって大量に拾いまくっていました。
7048570372096_n.jpg

これ、僕の副業みたいなものです。
ゴミの内容はコンビニ弁当だいたい一週間分、たばこの吸い殻など。
おそらく地域社会に交わることなく一人暮らしをして、食事もほとんどコンビニで調達する孤独な人物像が浮かびます。
このような暮らし、寂しい人生ですね。
その心はもっと寂しいですね。

南で暴れている台風7号、予定では4日に石川県に近づきます。
いい位置に来てくれれば先日のフェーンの時以来の風練習ができるのですが、パワーありすぎだとまた困るので難しいですね。
20180702-1.PNG

今朝は、北斗七星を描く練習。
トレーニングしながら1Kmのマーカーでコース変更すると、星座のように見える遊びです。
もうちょっとスタート位置を変えないと、4番目の星の位置がうまく定まっていない。

20180703-1.PNG
posted by エイ at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー