2019年06月08日(Sat)

新しい楽器−エアロフォン−

北陸は早めの梅雨入りです。
雨雲は薄いので雷の心配は無い。

IMGP1693.JPG

雨足が強くなったけど、漕ぎ終わったカヤッカーにとってはシャワーみたいで嬉しかったりしますよね。

IMGP1694.JPG

まだブログには出ていなかった趣味が1個あります。
それは柄にもなく笛を吹くこと。
ライブ演奏用のアンプも持っていたりする。
最近は演奏していないのでブログに書く機会がなかったのだけど、
小学校のPTA時代にギターを弾く先生と2人でバンドを組んで、学校や町のイベントで演奏していた時期がありました。
かなりの子ども達、PTAが下手な演奏を聴かされる羽目になった。
にもかかわらず次なる犠牲者を求めて演奏活動していた日々。

小学生で鼓笛隊、中学ではブラスバンド部に所属していたので音楽との付き合いは長い。
中学ではユーフォニウムという金管楽器を担当し、地区のコンテストで優秀校になったこともあった。
人生で最も早くから始めた趣味でもあります。
卒業後は時々リコーダーを吹いたりして、一人楽しんでいたのです。

PTAでライブ演奏していた笛はヨシ笛といって琵琶湖の葦で作った手作りの笛です。
良い音色なんだけど、手作りで穴を開けているので微妙に音階がズレているのを演奏技術でカバーすることができない。
PTA時代が終わると笛を吹くことはなくなった。

それが先日のこと、ウィンドシンセサイザーという新しい楽器に出会ってしまったのです。
息で音を出す楽器です。
ローランド(日本のメーカー)のエアロフォンという製品。
Aerophone.JPG

先日なにげにぶらっと入ってみた楽器店で見かけた変な楽器がこれでした。
(どうして、なにげにぶらっと楽器店に入るんだろう??)
最初はオカリナを見ていた。
自然派カヤッカーとしてはオカリナが吹けたら良いんじゃない?とか思いながら。
オカリナも本格的な物はウン万円と高いのですね!
でも家で練習するには音が大きいし、曲目も限られるな〜とか思いながら店内をぶらつく。

変な楽器が目にとまった。
「ご自由にお試しください」と書いてある。
高いなあ、8万円する。
覗き込んでいると店員さんがきて「どうぞ鳴らしてみてください」と勧める。
吹き込む息の加減で音の強弱をコントロールする仕組みの楽器だそうです。
指使いはサックスなのでリコーダーが使える人なら大丈夫ということで吹いてみた。
良い音がする。
生の楽器に近い音からシンセの音まで128の音色が出る。
そしてヘッドフォンを着ければ音を出さずに練習できるのが電子楽器の良いところ。

良い音だけじゃダメで、良い演奏が出来るようにならなければ面白くない。
これが上手に使えるようになったらどんな演奏ができるのだろう?
プロの先生の動画を見せてもらったが、なかなか素晴らしい音楽になるんだな〜と感心。
店で見た3日後にはもう自宅で手にしていました。
これまた楽しめるものを見つけちゃった。

とりあえず気分転換の趣味として。
上手く弾けるようになるでしょうか?
posted by エイ at 08:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | 音楽