2019年01月24日(Thu)

モバイルエルゴの構想

2日後に迫ったエルゴ大会で1分持たずにリタイヤしないように。
体を温めるアップの道具を考えました。

体が冷えた状態でいきなり頑張ると力を出せないどころか怪我する恐れもある。
そうだエルゴメーターを作れるのだから、コンパクトなモバイルエルゴを作って漕げば良いんだ。
負荷は適当で良いからコンパクトに...
・・
・・
・・
考え中
・・
・・
・・
・・
空想中
・・
・・
・・
・・
考え中
・・
・・
・・
・・
内容に乏しいブログをカサマシ中
・・
・・
・・
・・
もったいぶって中

おぼろげな形は浮かんだけど、ぱっと作れちゃう物ではなかった。
今回は日もないことなので。
2ピース、エアパドルシステム。

20190124-1.JPG

これを振って少しでも体を慣らす。
20190124-2.JPG

ゴムバンドを使えば、簡易モバイルエルゴに変身!

20190124-3.JPG

力のかかり方がちょっと違うんだけど、まあ体を温めるだけで良いので。
20190124-4.JPG

カバンに入るコンパクトな簡易モバイルエルゴが完成。
けっこういけるんちゃう?
posted by エイ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月21日(Mon)

エルゴ大会の準備

今月26日に行われるエルゴ選手権大会の本部から競技の詳細スケジュールが届きました。
1000mのマスターズ部門に出場します。
マシンが8台あるので、予選の上位8人で決勝レースが行われます。
自分のクラスは予選2組(10人)中の上位8名が決勝へ進む。
レクリエーションカヤック出身で1000mという短い距離で競った経験が無いので予選敗退は必至ですが。
どちらかと言えばエルゴの講習会の方がメインでの参加です。

予選敗退が確実でも、一応あがいてみることにしました。
1000mという距離はエルゴで漕いだら何分くらいか?
レーシングカヤックの設定だからマスターズだと4分台かな?
1時間、2時間のペースは何となく分かるけど4分に集中するのは難しそうだ。
シーズンオフ中なので自作エルゴでインターバル漕をして20分ほど汗をかいています。
強い負荷の漕ぎでは2分が精一杯だ。
4分間漕げるペースを見つけておかないとひどい目に遭いそうだ。

一度だけアスリートが使うエルゴを漕いだことがあるけど負荷を一番重くしてもそれほど重くならないエルゴでした。
自作エルゴは重くすると10mの向かい風並みに重くなるので、一番軽いセッティングにしてみよう。

20190121-1.PNG

4分という時間は短くて長い。
今日から大会直前までの4回は4分間の漕ぎペースを見つける練習です。
どんなペースなんだろう?
???です。

同時にアップの工夫も必要と感じています。
自作エルゴのインターバル漕では最初のインターバルより後半のインターバルの方がパフォマンスが上がる。
マラソンレースなら漕いでいる内に調子を掴めるのだけど、短距離だからスタート時に体ができあがっていないと力を出せない。
アップに10分くらい欲しいが、レース間隔が8分なのでセッティングも含めて僅かな時間しかマシンに触れないことになる。
マシンを使ったアップの時間はないのでどうやってアップしようか?
シャドウボクシングを真似てシャドウパドリング?
今回は自作エルゴを持ち込めない、ポータブルなモバイルエルゴでも発明してみる?
posted by エイ at 07:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月16日(Wed)

冬に暖まる食材

北陸は冬型が緩くて雪も少なく楽です。
北陸人なのでスキーをたしなみますが、ここ数年は1シーズンに3回くらいかな?
車で40分ほどのスキー場には新雪が少なく、雪質ガリガリでマイッチングです。

そんな暖冬ですが、もうじき昨年の大雪の時期にさしかかる。
そこで、寒い冬に暖まる食材を仕入れておこうという作戦。
鍋料理、正月に「すき焼き鍋」して以来やってない。
そもそもうちは鍋料理が少ない。
そこで、自分にも作れる鍋料理を見つけよう。
いかに鍋が良い物かを家庭内アピールするのだ。
ここで鍋が不味いと益々家庭から鍋が遠ざかるので、失敗は許されない。

「さんてつ屋」から出ているホルモン鍋セット、とても美味そうです。
2019-01-16 185938.jpg

3人前×3パックだから結構な量ですね。
具に豆腐や野菜類を足して煮込むとできあがり。
これなら、自分主導で鍋料理にありつくことができる。
1セット注文しました。
写真のように豆腐をいっぱい入れてみたいな。
posted by エイ at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2019年01月12日(Sat)

運動後のドリンクはどうしてる? − 豆乳ドリンクの新しいレシピを求めて −

運動の後には少しタンパク質を採った方が良いとされています。
運動で消費されたタンパクを補うためなんでしょうね。
豆乳を1杯飲んでいますが飲んだ方が良いのか、飲まなくても食事だけで足りているのか?本当のところは分からない。
まあ、自然食品で栄養バランス的に良さそうだし続けています。

プロテインなどのアスリート用は使いません。
なぜかというと、それほど激しい運動ではないから。
まずいし、高いし、面倒くさいし。

豆乳は、そのままではおいしくないので味付けをします。
一番使っているのはミロ、冷水にも溶けるので豆乳に投入してシェイクするだけ。
ココア風味で、飲みやすいです。
たまに抹茶ミルクやかき氷用のシロップも使うけど、もう少しバリエーションが欲しくて、試しています。

IMG_20180127_140110.jpg

味付けのフレーバーを選ぶポイントは、冷水に溶けること。
いろいろ試してみました。
液体甘味料は混ぜやすくて速攻で飲めるので、液体が良いな。

最初は「しょうが&ゆず」のパウダー。
シェイクしての溶け具合も味も良いですが、少しぶつぶつができます。
大豆の成分を固まらせる性質があるようです。
使えないこともない。(可)レベル。
10010004902831507474_1.jpg
次はレモネード、これも冷水に溶けるということで試してみました。
酸性だからか?ドロドロのスムージーみたいになりました。
好み次第ですが、僕はちょっと飲みにくいかな?

img61661502.jpg
柑橘系は弱酸性なので、タンパク質が凝固するんですね。
ということで、柑橘系は豆乳ドリンクには向いていない。

次に試したのはシロップです。
かき氷のシロップではなく、これはカクテル用のシロップ。
ちょっと高級感があり、味も洗練されているはず。

キャプテン マンゴー 600ml  Amazonで 694円
20190112-1.PNG
マンゴー味、うん、なかなか豆乳がおいしくなりました。
このキャプテンのシロップは他に、抹茶、巨峰、梅、マスカット、白桃など種類が豊富で一気にバリエーションを増やすことができた。
しかも濃縮液なのでスピーディーにドリンクができあがる。
豆乳ドリンクのレシピを増やすことができました。
お酒の好きな人は、ジンや泡盛に入れて炭酸で割ればカクテルができあがるよ!

使えなかったレモネードが、かなり大量に残ったがどうしよう(汗)?
そうだ!寒い日はホットレモネードで温まるってのはどうだろう。
posted by エイ at 09:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2019年01月05日(Sat)

寒い日のツーリングにウェットスーツはどうか?

1月2日の初漕ぎで、冬の防寒用としてのウェットスーツを試した。

このウェットスーツは秋に一度着たことがあるけど、着ただけで暖かく汗が出てきた。
それで冬のアンダーウェアとしての可能性があるのか、試してみました。
88479_BLK.jpg
初漕ぎの日の気温は3℃ほど、ウェアはウェットスーツの上に長袖のパドリングジャケット。
身にまとうのは2枚だけのシンプルな組み合わせです。
ウエットスーツのメリットとして、着て暖かい以外に冷たい水への落水時に急激に冷やされるショックが緩和されることと、水から上がった後の保温性も優れている点です。

結果は、防寒としての一定の効果あり、漕いでいる内はまあまあ暖かい。
長い休憩はちょっと寒くなりそう。
しかし20Kmという少し長めの距離を漕いで、首回りが擦れて痛い。
しかも、動きづらさがあるので疲れを感じやすい。

やはりウェットスーツはツーリングにはどちらかといえば向ていないのではないか?
肌触りの良い保温性のある化繊のアンダーと防水性の良いアウターが動きやすくていいんじゃないかと思いました。

ツーリングよりも、セルフレスキューのトレーニングなど水に入る時にウェットスーツを使った方が良いみたい。
もともと水に入る用途ですから、当然といえばそうですね。

posted by エイ at 12:55 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2019年01月02日(Wed)

2019 新春初漕ぎ − 和倉温泉 −

みなさま、明けましておめでとうございます。

今年も海が安全でありますように。
元旦は安全祈願のため、カヤックの道具を一つ持参して不動尊へ初詣に参ってきました。
1546322145897.jpg

2日が初漕ぎです。
カヌーアイランドの渡邊店長と七尾湾を漕いできました。
能登島大橋
DSC_0116.jpg

能登島に架かるもう一本の橋「ツインブリッジ」
DSC_0079.jpg

ETのような形をした奇岩がついに崩れたという情報があり、和倉温泉から10kmほどの先の小島まで行きました。
ついにET岩が崩れました。
この島は岩と柔らかい土砂でできており、奇岩になりやすい性質があったようです。
崩れるのも時の流れであり、長い年月を経て次の奇岩が生まれると思います。
DSC_0088.jpg

崩れる前の状態(2017年11月)
20171105_5.PNG

七尾西湾を進む渡邊さん
西湾の中央部は少し風波が出て、船が動揺します。
BZ510は上下にバウンドしながらも安定があり、波を楽しむことができました。
DSC_0096.jpg

和倉温泉なので、総湯で温まってから帰ります。
立派な構えですね。
DSC_0120.jpg

posted by エイ at 22:59 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年12月31日(Mon)

早朝カヌーの成果(2)−こんな体に誰がした編−

以前の記事で 早朝カヌーによる体調管理について書きましたが、第2弾としてカヤック漕力にフォーカスします。
 → 以前の記事 早朝カヌーの成果(1)
 → 以前の記事 チェンジ・オブ・ペース ズボンのベルトが緩くてついにカットすることに

振り返れば50代、たま〜にシーカヤックマラソンに参加していたけど、着順は後の方が多かった。
健康診断の度にコレステロールや高血圧が思わしくなくて、何かしなくてはと試行錯誤していた。
ついに60を目前にして運動不足を解消すべく早朝カタヤッキングを始める。
 → 以前の記事 生活習慣病予防シーカヤックの始まり

年間トータル距離の目安を1000Kmにして続けているが、年々スピードが上がり、63才の現在が生涯最速となった。
マラソンレースで速くなったのは副産物であり目的ではないが、そんな体になってしまった。
運動不足の解消が目的なので、目的がぶれないように注意しています。

レース艇のシートの方が体が動きやすいので、シートは交換してある。
最初の1年は尻が痺れて30分も漕げなかったのが、しだいに尻が鍛えられ、堅いシートで何時間漕いでも平気な体になった。

職業柄、技術の向上という点でどうしてもストイックになっちゃうのは仕方がないですね。
最近は、なるべく体幹の筋肉で漕ぐフォームを目指しています。
大きな筋肉を使えば時間あたりの運動量が大きくなり、運動の成果が出やすいので。

周囲のちょっと冷ややかな目もあります。
あこんちの旦那はまたカヌーにお出かけ、好きだね〜。てなかんじ?
早朝ランニングしているご近所さんやレガッタを漕いでいる人は分かっているので、褒めてくれる。
あきれ顔で見られても関係ない、理にかなっていることが継続をサポートしている。

旅は好きだし、遠くの自然豊かな海も楽しみたい。
レースでいい成績取れたら励みになるので、今年もカヤックを積んで遠くまで出かけましたね。

あまりスポーツが得意でもなく、アクティブでもなかった自分が、カヤックのことを考えない日が無いくらいの生活になっている。
他のこととバランスをとりながら楽しむのがスマートでカッコ良いオトナのカヤックなのだが。
自分は日課で漕いでいるので意識しないわけにいかず、没入気味になるのは仕方ない。

とまあ自問自答を繰り返しながら、来年も早朝カタヤッキングは続くのです。
あと何年続くのか?
続けている内は、アクティブシニアとして他のこともちゃんと出来ないとだめ、ってことですね。
来年は町内会の班長さん役が回ってくるので、こういう時にちゃんとやっておくことが大事なんでしょうね。

20171105_6.PNG



posted by エイ at 12:09 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー