2017年11月15日(Wed)

3Dプリンターの素材強度試験

フィラメント溶融型の3Dプリンターで機構部品を作るので、素材の強度を調べているところです。

溶融型3Dプリンターの素材は、ABSとPLAが主ですがPLAは耐熱性が無いため使いません。
ABSのフィラメントのみ使用します。
そのABSフィラメントもほとんどが中国産で、一部韓国や国産もありますが、メーカーによって価格や性質が異なる。
強度があって安定した品質のフィラメントを見つける必要があります。

今は、5社のフィラメントに絞って評価をしているところ。
テストピースを作って引っ張り強度、曲げ強度を比較します。
20171115-1.jpg
テストピースには引っぱる穴と曲げ強度測定のくびれがあり、ジグにセットして測定します。
後々でトラブルにならないよう、素材選びはとても大事なのです。

大抵のものは素材だけで強度は十分にありますが、コーティングによって強度を高めることもあります。
カヤックを作るFRPのように、エポキシを塗って強度が上がることが分かりましたが、ABS専用のものがあるので試してみます。

「作って壊す」の繰り返し。
posted by エイ at 07:54 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2017年11月12日(Sun)

日曜日してみる

17km河北潟の大回りコースを漕いで今年の早朝カタヤッキング終了。

さて、今日は何しようかと思案中。
僕にとって朝のカヤックはレクリエーションじゃなく健康の為の日課です。
だから、遊んだ気がしない。

久しぶりに映画でも見ようか、ブレードランナーやっているし。
あっ、今出ると上映に間に合うな。

といいつつ、こんな物を作っている最中。

作業場のバンドソーのダストホース・ジョイントです。
ホースと掃除機の径が合わないので、ジョイントを作ってます。
17112-1.PNG

映画は見に行けるんだろうか?
続きを読む
posted by エイ at 12:41 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年11月11日(Sat)

今年の、ほぼ漕ぎ納め

北日本は風が強かったようで、今朝なんか風沈しそうな風でした。
4kmで早々にビビって終了。
濡れたくないもので、ビビっちゃってます。

少し早めだけど天候悪い日が続くので、今年の早朝カタヤッキングは明日で漕ぎ納めすることにしました。

世界の漕ぎっこくらべ
「オラこんだけ漕いだど」は、6位の位置で終了。
17111-1.PNG

それにしても1位のLoriさん(女性)はスゴイです。
昨年もすごかった。
名前もスキネェー(Skinner)ですから。
posted by エイ at 23:11 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2017年11月09日(Thu)

ビワジュウ2017の総括

先月、報告した「ビワジュウの振り返り」の続編です。

野川編集長の「KAYAK~海を旅する本」にビワジュウ2017の報告が掲載されました。

最新号(Vol.58/2017年秋号)2017.11.1より発売
kyk58_cov3c.jpg

ビワジュウの報告は、【緊急コラム】命からがら報告  として掲載されています。
僕も "B" としてちょっとだけ登場。(^^;
昼休みの休憩時間に、食堂で食べながら読んでいます。

インシデントの事実報告と主催者・北村さんの弁、野川編集長の見解が書かれています。
今回の縦断チャレンジはツーリングではなく、個々のシーカヤッキングを連絡面でサポートするものであったので、最終的には参加メンバー個々が得た教訓と自戒が総括になるんだと思います。
野川編集長の見解にもありますが、ガイド付きのツーリングやレースではレスキュー体制が整っているが、個々が行うシーカヤックではそういったものを期待できない厳しい条件なのです。
個々がサポートなしで安全に漕ぎ切るためのさまざまな準備が必須であり、万一の事態に備えての通信手段を確保する(携帯電話の通信エリア外ならPLB衛星携帯)、それが前提でないと漕ぎだしてはいけないのです。

個人が持てる通信手段、今や手軽に手に入る時代になりました。
でも、せっかくの通信手段を用意しても緊急時に使えなければ意味がない。
置く場所を熟慮して、どんな苦境でも使えるようにする。
大事な時にバッテリー切れにならないようにする。
当たり前のことのようだけど、怠りなくやることが大切だと教えてくれたインシデントだと思います。

今回に限って言えば、参加者の全員が単独で漕ぐことの準備と覚悟ができていたかと言うと、疑念が残ります。
あるいは、個々が自分のシーカヤック力を知り、完走・リタイヤのあらゆるパターンを事前にイメージしておくことはできていたか?
そこの徹底が足りなかったことも反省点です。

迷える子羊に、安全に漕ぎ切る呪文を授けましょう。
「ぼくはチキン野郎です」「それで正解」「ぼくはチキン野郎です」「それが普通だよ」「ぼくはチキン野郎です」「それは幸運なことだ」

KAYAK~海を旅する本」、他にも良い記事がたくさんありますね。

−今号の目次−

【巻頭特集】
初秋の陸中海岸・北山崎とトドヶ崎

【特別寄稿】
「香川県沿岸全漕破」という遊び方……杉本雅昭

【緊急コラム】
命からがら報告……北村政幸

【インプレッション】
ナンダこりゃワールド!特別編/SKUK / Romany Surf RM

【連載】
コロコロ旅日記……井上昌宏
僕たちの課外授業・7時間目/SUP……編集部
危機管理コラム・もしも、天気のアテがはずれたら。……中谷哲也
カヤック乗りの海浜生物記・「沖の大夫」編……藤田健一郎
日本カイアックの研究・「高等教育とシーカヤック」……内田正洋

【コラム】
ココから学ぶカヤック魂!・渡辺京二著『黒船前夜 ロシア・アイヌ・日本の三国志』……平田文典

ナンダこりゃワールド!「シーフラッグ」
日本百名岬「7番目・トドヶ崎」


カヤック〜海を旅する本〜
希望小売価格:800円(税別)
発行:Freewheel inc.
責任編集:野川哲也(raindog)

posted by エイ at 18:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年11月06日(Mon)

2017能登島一周ツーリング(番外編)

能登島は大きい島なので、一巡りするだけでいろんなことに遭遇します。

初めて見る施設、漁業関係のものでしょうが牡蠣棚ではないです。

ツインブリッジ下の島はサギの楽園みたい、人が上陸できる場所も少なく、ほぼ動物だけが利用できる島。
巣があるのでしょう、サギが木の上にたくさんいました。
小魚集団のジャンプ。
七尾湾内は藻類が多く、小魚たちの隠れ家がいっぱい。

北湾の無人島群、引き潮で島が繋がって間を通れません。
八ヶ崎海水浴場、白い砂浜でミニサーフィン。
おじさん達の休息風景
20171105_10.PNG


松島海水浴場、あの松島を箱庭にしたようなミニ版の松島が風景を楽しませてくれます。
20171105_12.PNG

小さな島への通路下をくぐる。
20171105_11.PNG

松島の狭い出口を選択した店長
そこ通れるの?
20171105_13.PNG

じゃあ僕も
ゴリゴリって、当たっちゃった。
そうこうしている内に店長は遠くへ行ってしまう。
操船技術の差は、いかんともしがたいです。
20171105_14.PNG

航路標識です。
標識の内側には入らないルール。
20171105_15.PNG

日出島灯台下の桟橋、当然、くぐる。
20171105_16.PNG

南湾の島々、寺島を中心に嫁島、カラス島、コシキ島が集合している。
寺島の近くに立っていたロウソク岩は、地震や浸食で消えました。
20171105_17.PNG


posted by エイ at 22:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年11月05日(Sun)

2017能登島一周ツーリング

カヌーあいらんどさん毎年恒例の能登島一周が行われました。
10月の開催日が荒天で中止になっていたのが、メンバーのリクエストにより開催されました。
急遽行われたので参加人数が少なく、半周1人+1週2人の3人でスタート。

この時期に珍しく穏やかな一日でした。

20171105_1.PNG

船はオールラウンドのヒラマサ号です。
ツーリングなので、レース漕ぎは封印して平パドルで。
20171105_3.PNG

七尾西湾を北上し、能登島の北の橋「ツインブリッジ」に到着。
この橋が出来たおかげで、南の橋「能登島大橋」も無料化された。
20171105_6.PNG

通称「ET岩」
能登島一周のオプションツアーです、コースからはずれた位置にあるので、今回、気が向いたので寄ったようです。
どうです?このバランス。
能登半島地震でも崩れなかった奇岩。
20171105_5.PNG


南湾に浮かぶコシキ島。
かつて能登島シーカヤックマラソンの舞台でもありました。
大きな台風で半分の大きさになり、能登半島地震でさらに半分になりましたが、健在です。

20171105_2.PNG

てっぺんに松が生えています。
20171105_4.PNG

以上の写真は動画カメラから撮りだしたものです。
ゴール間近の能登島大橋では動画カメラが電池切れになったので、デジカメでぱちり。
店長さまお疲れ様でした。
IMGP1412.JPG

和倉スタートだったので、温泉付きのツーリングでした。
和倉温泉の総湯に浸かって、体を休めます。
長距離漕いだ後の温泉はまた格別にいいね。

7時間弱のツーリングで、尻が痛い。
普段乗っていないヒラマサ号、シートのクッションは良いのだが、慣れていないため、いきなり長時間はきつかった。
家に帰ってもまだ痛い。
普段は漕いだ日も晩酌などしないのですが、久しぶりのノンアルコールビール、これまた長距離の後でしみ入るように入りました。
posted by エイ at 21:46 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2017年11月02日(Thu)

空の色が綺麗だったので

写真だけですが、
空の色が綺麗だったので、載せました。

日の出前と日の出の写真です
今朝の気温は10℃
IMGP1398.JPG

IMGP1404.JPG
posted by エイ at 07:49 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー