2018年06月10日(Sun)

松崎町シーカヤックマラソン-2018(動画)

岩地温泉で行われた伊豆松崎町シーカヤックマラソンの動画を載せます。

今回がラスト大会ということで、20回の運営を続けてこられた関係者のみなさん、ありがとうございました。
今年は海況良く伊豆のダイナミックな景色を楽しみながらのシーカヤックレースです。

カメラもなるべく景色を撮りました。
岩地の美しい浜と、海の青い色、伊豆のダイナミックな海岸が印象的でした。

また、たくさんのカヤックが出場しているので、さまざまなカヤックを見ることが出来ます。
海に浮かぶカヤックは美しいですね。

伊豆・松崎町シーカヤックマラソン 2018(前半)


ビデオ解説
最初はスタート前、岩地の浜の様子。
ロングコース参加の145艇がスタート、混乱無く湾外に出ることができました。
湾の端にある大きな洞門の横をすり抜けるように出ていきます。

海況は全般的に穏やかでしたが、雲見付近は小波が出て少し漕ぎにくかったです。
サーフスキーは少しバランスに苦労していたようです。

千貫門の手前で折り返してきたトップとのすれ違い。
最初がタマムシ色のサーフスキーで、白いのが行ってまた白いの、そして赤いの。

千貫門では美しいOC-2カヌーのパドリングを眺めながら追いました。
しばらくOC-2、女性サーフスキーと同走になります。

伊豆・松崎町シーカヤックマラソン 2018(後半)


ビデオ解説
岩地の中間点を回航後の映像です。
赤いサーフスキーとすれ違いのあと、ついに女性のサーフスキーは僕を追い越して、そのまま置き去りにしていきました。
たいしたものですね!!

松崎港を回航してすぐ、女性のシルバー色ホーネットと、オレンジ色のホーネット3さんにすれ違いました。
艇速が落ちていたので、このお二人の猛追を受ければ抜かれていたかもしれませんが、前半の貯金で距離が開いてましたね。
ここまで力走してきたたくさんのカヤックとすれ違いました。

岩地のブルーの湾が見えると疲れも一瞬で癒されました。
小さな波を見つけて、岩地ブルーの中を最後の波乗りです。

お子さま2人でドリンクの配付係。
お姉さんの方から受け取ったが、小さい子の方が「ぼくが渡したかったのに」と言っていた。
「あ〜ごめんね〜」、君にとってゴールしたパドラーはみなヒーローかもしれないね。
posted by エイ at 11:47 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年06月05日(Tue)

岩地ブルー

岩地の海はきれいでした。

20180603-2.PNG

カヤックで転んでも気持ちがいい。
仲間を連れてレスキュートレーニングに来たいくらいです。

20180603-1.PNG

今回はヘルメットカメラのビデオはバッチリ撮れていました。
posted by エイ at 22:21 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年06月04日(Mon)

岩地へ行ってきたよ

松崎シーカヤックマラソンに参加してきました。
タイムの方は全然ダメでした。
多分、1時間38分くらいか?リザルトも確認せず返ってきた。
日頃の行いが悪かったんで、良い状態でいけなくて残念でしたが、良いこともいろいろありました。

カヤックエルゴのデモでは、ご意見もいただいて参考になりました。
やはり僕も思っているとおり、ストローク後半(スピードが上がったとき)に重たくなるような制御が必要です。
2号機に向けて改良に取り組みます。

イノウスタジオさんの試乗会で、ホーネットRXに試乗できました。
IMG_20180602_155739.jpg

図々しくも海上での再乗艇からトライ。
2度失敗して、3度目に乗れました。
慣れたら大丈夫、漕ぎはブレなく漕げていい感触でした。
体重62Kgの僕だと、少し浮きすぎかも知れないと思った。

今回はヘルメットカメラで、なるべく景色中心に撮ったつもりだけど、最後まで撮れているか自信がない。
サトジュンさん、写っていなかったらゴメンなさい。
時間ができたら編集してみます。

今年も清風園さんに泊めて頂きました。
海津さん、池内さんと同宿でした。
清風園さんのお風呂は湾内のカヤックを見下ろしながら浸かれて最高でした。
レース後にも入れて頂き、さっぱりして撤収することができました。

早めに帰りたかったので、表彰式前に会場を後にしました。
皆さん、また合いましょう。
posted by エイ at 08:06 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年06月01日(Fri)

伊豆の準備_2018年ラスト大会

明日から伊豆のシーカヤックマラソンに参加してきます。
朝5時に出れば、午後2時頃には着くでしょう。
お天気は良さそうだし、伊豆の自然の海岸線に出会えるのを楽しみにしています。
もちろん、レースも楽しみです。

20回目を迎え、今回で最後の大会になるそうです。
20回とは、よく続いたものですね。
始めた張本人と地元の熱意、支える人、参加者が揃って20回続けられたのだと思います。
この地域で、また新たなシーカヤックマラソンが続いてくれれば行く口実が出来る、と勝手に願っています。

カヤックエルゴのデモを行う予定ですが、仕事とか風邪ひいたとかで捗らず、1.5号機のまま持っていくことになりました。
黄緑色の屋根の小さなテントで、エルゴを置いて体験者をお待ちします。
私が不在でも、どなたでも自由にカヤックエルゴを漕いでみて下さい。

エルゴ使用上の注意
パドリング上級者は引き始めは柔らかく引くことに慣れていると思いますが、一般の人は引き始めからガツンガツンと力入れて漕ぐと体にもエルゴにもショックがかかります。
引き始めはショックがない程度にエルゴの回転に合わせて引くようにしましょう。

posted by エイ at 12:29 | Comment(0) | TrackBack(0) | シーカヤック

2018年05月29日(Tue)

風邪あけ

まだ喉と鼻水がイマイチですが直りつつあるので、景気づけに漕ガンバということで、一週間ぶりに漕ぎました。

IMGP1496.JPG

ラダーのオートセンターのバネを一段強いバネに交換しました。
ちょっと気になっていたふらつきがなくなりました。
S18Rは無風でも直進するためにラダーを降ろす必要があります。
シーカヤックにもいろいろあって面白いね。
IMGP1497.JPG
posted by エイ at 07:58 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2018年05月26日(Sat)

考えが遅いことの得

先週の気温乱高下で、風邪引いちゃいました。
一週間漕いでいないし、症状が辛かったし、爽やかな気持ちの良い季節の5月を返せ!!と言いたい。

ところで、小説家・五木寛之さんの文章に、何事も「良かった」で終わりたい。
という一節があります。
世の中も自分の周囲も、良いことばかりではない。
でも、何か良いこともあるはず。
それを見つけて「今日も....で良かった」と締めくくる。
それを心がけているそうです。

これは一種のはぐらかしとも言えるけど、上手なのかもしれない。
毎日を明るく過ごす知恵ですね。

この一週間で「良かった」を見つけるとすれば、風邪をひいて仕事の歩みが遅かったことか?
進みが遅い分、ゆっくり考えられた。
世の中、何事も早い解決が望まれますが、遅い方が良い場合だってある。
つまり解決は早くても、さらに良い答えにたどり着けない場合が多いということです。
あるいは、一度決めた方針を進めることに重点を置くあまり、本来の問題を解決することを見失う。

すぐに解決できそうもないことは、一度に解決しようとしない。
途中まで考えて、また別の方向から考え始めると、よい解決にぶつかることもあります。
遅い仕事の方が、良い結果になることはよく経験しています。

なので、
今週は風邪をひいて、仕事も趣味も何もかも進みが遅かったのは、多少なりとも多く考えることが出来て良かったかもしれない。
ということにしておこう。
ちょっと無理があるか?

IMG_20170615_064537.jpg
posted by エイ at 20:04 | Comment(0) | TrackBack(0) | つれづれ想

2018年05月20日(Sun)

グラグラ・プール・レスキュートレーニング - 2018

今日はプールでロールとレスキューのトレーニングをします。
基本はスクールで習うことですが、自分たちでも考えながらやってみようという試みで、クラブ員だけの自主トレーニングです。

昨日の余韻か?気温が上がらない。
午前中は座学と陸トレにした方が良さそうです。
テレビ、動画カメラ、パソコンを持ち込んでビデオを見ながらの座学と陸トレ。

国立能登青少年交流の家の温水プール、今年もお世話になります。
IMGP1489.JPG

ビデオ等で座学の後、陸上トレーニングで体の使い方を体験。
IMGP1491.JPG

温水といっても暖かいわけではありません。
冷たくない程度まで温度が上がっています。(22℃くらいか?)
IMGP1490.JPG

パドルフロートを使ったリ・エントリーロール。
CtoCロールを練習した人なら、確実で楽に上がれるセルフレスキューです。
お遊びじゃなくて真面目に、セルフレスキューのオプションとして。

疲れました。

2016年の グラグラ・プール・レスキュートレーニングです、僕の恥ずかしいロールがいろいろ写っています。
posted by エイ at 05:24 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック