2019年02月06日(Wed)

日本のカヌーをもっと面白くするには

競技カヌーをやって面白いかどうかは別として、自国の選手がオリンピックで勝てる競技は国民的に注目を浴びるし、ヒーロー、ヒロインの誕生に心躍りますよね。
日本のカヌー界の最近の動きについて、感じたことを書いてみました。
もちろん競技カヌー部外者としての立場ですが。

先日のエルゴ講習会では有名なフィン・ラーセンコーチがデンマークでのスポーツの育成についても教えて頂きました。
デンマークでは子ども達は何かのスポーツのクラブに所属します。
日本でも小さい規模の物はあるし、少年野球チームもそうですがスポーツ人口は少ないです。
朝7:00から9:30までスポーツクラブでトレーニングをするそうです。
子ども達の朝のスポーツ活動のために学校の始業時間が9:30になっているのです。
日本では考えられないことですね。

そういった仕組みによりスポーツに取り組む時間があり、専門のコーチに指導を受けられる中で強い選手が育ちます。
デンマークのルネ・ポールセン選手は世界選手権などでメダルをいくつも獲得したスター選手です。
少年の頃ラーセンコーチの教えるクラブでトレーニングして上達し、国代表の強化チームに入ったそうです。

日本は育成の仕組みが遅れています。
育成の仕組みが弱い以上、世界で勝つためには自分で何とかするしかない日本の現状。
卓球や体操の選手だった親に英才教育を受けた子ども達がオリンピック世代になって世界に飛躍しています。
最近では陸上短距離や水泳でも体格負けせずに活躍されています。

日本のカヌー界では昨年「カヌーホーム」という組織ができました。
既存の仕組みだけに頼ろうとせず、カヌーに携わる指導者たちが自らできることを始めようと社団法人として立ち上げました。
この一年の活動を見ていると、各地のカヌー部を見て回り日本の現状を把握することから始め、「エルゴ選手権」というエポック的な催しでカヌー界に一石を投じたと思います。
海外のエルゴメーカーからサポートチームを呼び、有名コーチを招き、費用も相当かかったと思いますが。
おそらく手弁当で始めて資金も少ないだろうに、良くこれだけのことができたと感心しました。
「カヌーホーム」にはこれからも頑張って欲しいと思います。

20190206-1.PNG
「カヌーホーム」の火を消さないために
結成してまもない「カヌーホーム」を資金面で応援することができます。
少ない金額でも良ければ支援したいと思った方は一緒に応援しませんか?
僅かなポケットマネーでも支援者が増えれば力になる。
「カヌーホーム」支援の窓口はこちらです。 https://www.canoehome.or.jp/

posted by エイ at 08:26 | Comment(2) | TrackBack(0) | つれづれ想

2019年02月02日(Sat)

エルゴの講習会

エルゴ選手権大会の翌日はエルゴの講習会でした。
場所はボート競技のメッカ、戸田漕艇場のある公園の事務棟です。
端から歩いて行くと大学の艇庫が立ち並び、その先に建物がありました。
ボートコースは思っていたより長い直線コースでした。

DSC_0101.jpg

今回の講演者はフィン・ラーセンというデンマークのクラブコーチで多くのトップ選手を育てた国際的にも有名な方です。
エルゴの使い方やトレーニング方法を教わるのかなと思っていたけど、お話の内容は.....
デンマークでの子どものスポーツ教育がどういう仕組みになっているかという話から始まり、
長いシーズンオフのトレーニング内容に関することが多かったと思います。
集まったスプリントカヌーの関係者にはとても参考になる話だったと思いますが、
一流のアスリートを目指すためにどうしたらよいかという話なので私にはほとんど「馬の耳に念仏」でした。

約半年のシーズンオフは漕がずにウェイトトレーニングとエルゴでのトレーニングになります。
ウェイトトレーニングはプッシュとプル何Kgを何回何セットとか、エルゴは高負荷/低負荷/休みをそれぞれ時間設定して何セット行うとか。
時期や年齢によってメニューも変わります。
特にエルゴはウェイトトレーニングとしても利用できるし選手の能力向上を把握しやすいのでトレーニングの中心的な存在のようです。

日本のスプリントカヌーを何ヶ所か見て回られて、選手の技術は充分教え込まれて問題ないそうです。
もっとウェイトトレーニングに力を入れた方が良いとアドバイスされていました。

ダン・スプリントさんからエルゴのトレーニング方法でちょっと変わった漕ぎ方を教わりました。
パドルを持って腰の位置で固定して脇を締め、腰の回転だけを行うトレーニング。
脇を締めて腕は体側に固定して全く動かしません。
これを30分やれと言われていました。(会場から笑いが)
自作エルゴを使って実際にやってみると、支える腕も疲れるし結構きつい運動でした。

普通に健康スポーツとして行う場合とは、全く別の世界の話でした。
なんとなく内容は分かったので、後で自分にも取り入れるところがあるかどうかビデオを見てみよう。
すべてビデオに撮ったので、県のカヌー協会にでも見てもらおうか?

感想としては、講習会の対象では無かった者がたまたま場違いな世界の講習会場に入ってしまった、みたいな感じ。
いつものトレーニングで、気がついたら講習の話と合点のいくことがあれば良いなと思います。

posted by エイ at 10:22 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月28日(Mon)

エルゴ大会の報告

「第1回 エルゴ選手権大会」に参加してきました。
カヌースプリントの若い指導者たちが中心になって立ち上げた「一般社団法人カヌーホーム」が主催した大会です。
書くことがいっぱいあって書き切れませんが取りあえず結果報告から。

大会の会場は埼玉県の「ララガーデン川口」というショッピングセンター内のイベントスペース。
観衆はショッピングセンターにお買い物に来ている人たち。
たまたま通りかかった人たちは、初めて見るスポーツに驚かれたことでしょう。

8台のマシンと大型モニターが並び、オープンな会場でレースが繰り広げられました。
種目は中学生からマスターズまでK-1, C-1 のスプリント。
傍らに体験用のマシンも置かれています。
ergostart20180126-2.JPG

モニターには各レーンの位置と艇速が表示されます。
ergostart20180126-3.JPG

私はK-1 1000mマスターズクラスに参加しました。
早めに来て自分のレース順を待っていたら8分間隔なのであっという間に順番が来て慌てて靴と上着を脱いでセッティング。
フットはそのまま、前の人と互換性ある足の長さでした。
パドルを引いてみると意外に重く、ロープを戻すバンジーも強い張りのようでした。

カーボンのパドルにはセンターに印がなく持ち手が偏ってしまった。
デンマーク人のスタッフから偏っているとジェスチャーで教えられる。
予選は2レースで各6名ずつ12名が参加した。
隣のレーンには2年前のマスターズ世界チャンピオンが居ました。
こんな人たちとレースができるのは光栄ですね、いよいよスタートです。

練習している負荷より重たくて1/3でパワー切れで苦労しましたが何とか1000m漕ぎきりました。
後で分かったけど負荷の重さは自分のパワーを発揮しやすいように調節しても良かったんです。
例え決勝に残ってもリタイヤしたいくらい疲れましたが、そんなおバカな心配する必要なく決勝の8人には残りませんでした。
しかし12人中9位で危ないところでした。

50618159_627646014366952_7992638523846950912_n.jpg

選手紹介でこの方が登場すると会場からどっと歓声が上がって、手を上げて答えていらっしゃいました。
スプリント界の有名人なんでしょうね。
ergostart20180126-1.JPG

恐るべきパワーの持ち主でした。
20190128-1.JPG

負荷の力と引く速度によって出力つまりエンジンの馬力が出ます、これをワット単位で表した物。
私の1000mの時は88WATTなのでどれだけすごいのか想像できます。
マシンに入力した体重とワット数に水の抵抗パラメーターを考慮して艇速が計算される仕組みのようです。

以前、エルゴのワット数表示については自作エルゴで検討した記事があります。
その時に予想した数値とほぼ同じような値が出ています。

予選落ちでしたが年齢別の表彰を受けました、ありがとうございます。
Ergo2019_Masters_1jpg.jpg

最後にジャンケン大会でスプリント艇のスプレースカートをいただきました。
ちょうど欲しかったので嬉しい。
posted by エイ at 17:57 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月24日(Thu)

モバイルエルゴの構想

2日後に迫ったエルゴ大会で1分持たずにリタイヤしないように。
体を温めるアップの道具を考えました。

体が冷えた状態でいきなり頑張ると力を出せないどころか怪我する恐れもある。
そうだエルゴメーターを作れるのだから、コンパクトなモバイルエルゴを作って漕げば良いんだ。
負荷は適当で良いからコンパクトに...
・・
・・
・・
考え中
・・
・・
・・
・・
空想中
・・
・・
・・
・・
考え中
・・
・・
・・
・・
内容に乏しいブログをカサマシ中
・・
・・
・・
・・
もったいぶって中

おぼろげな形は浮かんだけど、ぱっと作れちゃう物ではなかった。
今回は日もないことなので。
2ピース、エアパドルシステム。

20190124-1.JPG

これを振って少しでも体を慣らす。
20190124-2.JPG

ゴムバンドを使えば、簡易モバイルエルゴに変身!

20190124-3.JPG

力のかかり方がちょっと違うんだけど、まあ体を温めるだけで良いので。
20190124-4.JPG

カバンに入るコンパクトな簡易モバイルエルゴが完成。
けっこういけるんちゃう?
posted by エイ at 21:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月21日(Mon)

エルゴ大会の準備

今月26日に行われるエルゴ選手権大会の本部から競技の詳細スケジュールが届きました。
1000mのマスターズ部門に出場します。
マシンが8台あるので、予選の上位8人で決勝レースが行われます。
自分のクラスは予選2組(10人)中の上位8名が決勝へ進む。
レクリエーションカヤック出身で1000mという短い距離で競った経験が無いので予選敗退は必至ですが。
どちらかと言えばエルゴの講習会の方がメインでの参加です。

予選敗退が確実でも、一応あがいてみることにしました。
1000mという距離はエルゴで漕いだら何分くらいか?
レーシングカヤックの設定だからマスターズだと4分台かな?
1時間、2時間のペースは何となく分かるけど4分に集中するのは難しそうだ。
シーズンオフ中なので自作エルゴでインターバル漕をして20分ほど汗をかいています。
強い負荷の漕ぎでは2分が精一杯だ。
4分間漕げるペースを見つけておかないとひどい目に遭いそうだ。

一度だけアスリートが使うエルゴを漕いだことがあるけど負荷を一番重くしてもそれほど重くならないエルゴでした。
自作エルゴは重くすると10mの向かい風並みに重くなるので、一番軽いセッティングにしてみよう。

20190121-1.PNG

4分という時間は短くて長い。
今日から大会直前までの4回は4分間の漕ぎペースを見つける練習です。
どんなペースなんだろう?
???です。

同時にアップの工夫も必要と感じています。
自作エルゴのインターバル漕では最初のインターバルより後半のインターバルの方がパフォマンスが上がる。
マラソンレースなら漕いでいる内に調子を掴めるのだけど、短距離だからスタート時に体ができあがっていないと力を出せない。
アップに10分くらい欲しいが、レース間隔が8分なのでセッティングも含めて僅かな時間しかマシンに触れないことになる。
マシンを使ったアップの時間はないのでどうやってアップしようか?
シャドウボクシングを真似てシャドウパドリング?
今回は自作エルゴを持ち込めない、ポータブルなモバイルエルゴでも発明してみる?
posted by エイ at 07:57 | Comment(2) | TrackBack(0) | エルゴメーター

2019年01月16日(Wed)

冬に暖まる食材

北陸は冬型が緩くて雪も少なく楽です。
北陸人なのでスキーをたしなみますが、ここ数年は1シーズンに3回くらいかな?
車で40分ほどのスキー場には新雪が少なく、雪質ガリガリでマイッチングです。

そんな暖冬ですが、もうじき昨年の大雪の時期にさしかかる。
そこで、寒い冬に暖まる食材を仕入れておこうという作戦。
鍋料理、正月に「すき焼き鍋」して以来やってない。
そもそもうちは鍋料理が少ない。
そこで、自分にも作れる鍋料理を見つけよう。
いかに鍋が良い物かを家庭内アピールするのだ。
ここで鍋が不味いと益々家庭から鍋が遠ざかるので、失敗は許されない。

「さんてつ屋」から出ているホルモン鍋セット、とても美味そうです。
2019-01-16 185938.jpg

3人前×3パックだから結構な量ですね。
具に豆腐や野菜類を足して煮込むとできあがり。
これなら、自分主導で鍋料理にありつくことができる。
1セット注文しました。
写真のように豆腐をいっぱい入れてみたいな。
posted by エイ at 19:10 | Comment(0) | TrackBack(0) | カテゴリー無し

2019年01月12日(Sat)

運動後のドリンクはどうしてる? − 豆乳ドリンクの新しいレシピを求めて −

運動の後には少しタンパク質を採った方が良いとされています。
運動で消費されたタンパクを補うためなんでしょうね。
豆乳を1杯飲んでいますが飲んだ方が良いのか、飲まなくても食事だけで足りているのか?本当のところは分からない。
まあ、自然食品で栄養バランス的に良さそうだし続けています。

プロテインなどのアスリート用は使いません。
なぜかというと、それほど激しい運動ではないから。
まずいし、高いし、面倒くさいし。

豆乳は、そのままではおいしくないので味付けをします。
一番使っているのはミロ、冷水にも溶けるので豆乳に投入してシェイクするだけ。
ココア風味で、飲みやすいです。
たまに抹茶ミルクやかき氷用のシロップも使うけど、もう少しバリエーションが欲しくて、試しています。

IMG_20180127_140110.jpg

味付けのフレーバーを選ぶポイントは、冷水に溶けること。
いろいろ試してみました。
液体甘味料は混ぜやすくて速攻で飲めるので、液体が良いな。

最初は「しょうが&ゆず」のパウダー。
シェイクしての溶け具合も味も良いですが、少しぶつぶつができます。
大豆の成分を固まらせる性質があるようです。
使えないこともない。(可)レベル。
10010004902831507474_1.jpg
次はレモネード、これも冷水に溶けるということで試してみました。
酸性だからか?ドロドロのスムージーみたいになりました。
好み次第ですが、僕はちょっと飲みにくいかな?

img61661502.jpg
柑橘系は弱酸性なので、タンパク質が凝固するんですね。
ということで、柑橘系は豆乳ドリンクには向いていない。

次に試したのはシロップです。
かき氷のシロップではなく、これはカクテル用のシロップ。
ちょっと高級感があり、味も洗練されているはず。

キャプテン マンゴー 600ml  Amazonで 694円
20190112-1.PNG
マンゴー味、うん、なかなか豆乳がおいしくなりました。
このキャプテンのシロップは他に、抹茶、巨峰、梅、マスカット、白桃など種類が豊富で一気にバリエーションを増やすことができた。
しかも濃縮液なのでスピーディーにドリンクができあがる。
豆乳ドリンクのレシピを増やすことができました。
お酒の好きな人は、ジンや泡盛に入れて炭酸で割ればカクテルができあがるよ!

使えなかったレモネードが、かなり大量に残ったがどうしよう(汗)?
そうだ!寒い日はホットレモネードで温まるってのはどうだろう。
posted by エイ at 09:34 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー