2021年10月15日(Fri)

ソフトウエア(ハードコントロール)

週の前半は雨の日模様でパッとしません。
後半は持ち直して漕げています。

カヤックトレーナーのソフトウェア開発です。
カヤックトレーナーの記事は久しぶり。
あまり書くようなものが無かったので。
勤め先は非常勤になったものの、忙しい状態が続いていたのでトレーナーを触れなかったのです。

さて、ソフトウェアはいきなりプログラムコードを書きません、ソフトウェアも設計に時間をかけます。
まだ初期段階で、設計をしながら小さなプログラムでハードの動作を確認しています。

設計に着手して感じたことは、「やることが多すぎる!」という実感。
おいおい、だいじょうぶか〜と思われるかもしれませんが、新しいハードのプログラミングはだいたいこんなものです。
1ヶ月ほどやったら慣れてくるでしょう。あせあせ(飛び散る汗)


秋の空〜

シーカヤックで海の波の中を漕ぐのは楽しいですが、日常で漕いでいるのは潟の平水面。
静かな平水面を切るように進み、その波を見ながら漕ぐのも良いものですね。

IMGP2113.JPG

スイフトでカメラを持てるようになった。
乗り慣れるとレーシング艇でもカメラ持つんだろうな。あせあせ(飛び散る汗)

IMGP2121.JPG

IMGP2124.JPG

posted by エイ at 07:59 | Comment(2) | TrackBack(0) | カヤックトレーナー

2021年10月10日(Sun)

裏工作?

いろいろと裏の工作を

バランストレーニング用の板を製作しているところです。

20211010_0055.jpg

長い丸棒を縦に切る。
難易度が高く手鋸だとまっすぐ切るのは難しいので、テーブルソーという道具を使って切ります。
木材を縦に切るとき、このテーブルソーを使えば精度良く工作できるのです。
何ができあがるのかというと、裏工作なのでまだ秘密です。あせあせ(飛び散る汗)

これもある意味裏工作か?
中華のレース艇のつづきの話で、その後アリババの業者から4日ぶりに返信が来て
中国のカヌー製造所ではVanquish3は古いモデルなのでもう作らなくて、Cinco Mと7 Mがあるとのこと。
20211010_0051.jpg
レーサー仕様で1450$、その他諸経費が梱包および積載料金:195$、港への内陸貨物:270$、海上貨物:無料(東京港)
合計でざっと22万円ほどです。

Cinco も 7 も、Neloのそれに似た形状という意味なのだろう。
全く同じなら意匠上の問題があるので気が進まない、ここは把握しておきたいので業者に確認中です。

しかし新艇まで手を出すつもりは無かったので、ちょっと高い買い物かな?
かつての、あのブログみたいになってきたよ。あせあせ(飛び散る汗)
つづく...

posted by エイ at 20:34 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年10月05日(Tue)

中華のレース艇

秋の空になってきました。
朝焼けの色を表現するならば、ピンクでもオレンジでもない、茜色ともいいきれない色です。
結局言い表せていませんが好きな色です。

IMGP2106.JPG

相変わらずSWIFTで漕いでいます。
そろそろレーシング艇に乗ってバランスを試してみたいのだけど、中古でも探そうかと思っていたら中華にもありました。
アリババで中華バンキッシュ?

K-101

Poland K1 Ares 85/390  

70/90

520

K-102

Poland K1 Ares 85/370

65/80

520

K-103

Portugal K1 Vanquish M

Till 75

520

K-104

Portugal K1 Vanquish ML

70/80

520

K-105

Recreational Jet

68/95

520

K-106

Recreational Burn

50/95

520

K-107

Portugal K1 Vanquish L

75/85

520

K-108

Poland K1

Recreational Marathon Swift

30-100

520

K-109

Super lancer

60-80

520

K-110

Portugal K1 Vanquish2 L

75/85

520

K-111

Portugal K1 Vanquish3 M

Till 70

520

K-112

Portugal K1 Vanquish3 ML

70-80

520


1艇送れるか問い合わせてみたが、話が進展せずダメっぽいです。
posted by エイ at 19:32 | Comment(2) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年09月26日(Sun)

リフロー炉

発注して1ヶ月近く経ったが、ようやく中国からリフロー炉が届いた。
これは電子回路の基板を製造する過程で、ハンダ付け作業を行う装置です。

20210926_1.jpg

小さなチップ部品は、今まで半田ゴテを使った手作業で行っていたが、これを使えば一気に製造できてしまう優れもの。
リードの出ていない面実装デバイスのハンダ付けには必需品です。
勤め先の会社にはもっと大がかりな装置があるが、これは自宅の卓上で使えるポータブルなリフロー炉です。
といっても20Kgあるんだけど。

2021-09-24 212050.JPG


S18Rをサーフでも遊べるように整備したいけど、以前からサイブレースを付けるのは難しいなあと思っている。
ラダーもトラブルが起きないようにしたいが、自動復帰用のスプリングを太いのに変えて外れないようにガッチリ止めてみようか。

日曜日のテレビ番組「奄美アドベンチャージャーニー」は、奄美の特徴がたくさん紹介されていて見応えがありました。
シーカヤックマラソンが開催されたら、滞在型でゆっくりと行ってみたいです。
posted by エイ at 10:46 | Comment(0) | TrackBack(0) | エレクトロニクス

2021年09月18日(Sat)

ゴロゴロ・マッサージ

台風14号の雨で朝練はお休み。

早朝カタヤッキングで漕いだ後、よく背中の筋肉が疲れていることがある。
背中の疲れが残るとチョット辛いので、いいマッサージ方法を見つけました。

少し痛いけど効きます。
テニスボールが2つくっついたようなイボ付きのローラー。
ソフトだけど硬めの素材でできています。

2021-09-17 082047.JPG

背中の下に置いてゴロゴロする。

2021-09-17 082353.JPG

体重を乗っけるとチョット痛い、体を移動して当てる場所を変える。
効果はしっかりあるので、短時間で終わるマッサージ。
しかし、顔が歪むほど痛いのをガマンして、あまり積極的になれない。
疲れが溜まったときだけ行う、強力マッサージであります。
もう少しソフトなゴロゴロが欲しいです。あせあせ(飛び散る汗)

posted by エイ at 05:39 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年09月16日(Thu)

Autumn paddling

日の出が遅くなり、出艇時刻に近くなってきた。
夏に雨が続いたこともあり、参加レースも無く消化不良の夏でしたが、これから冬までの3ヶ月は有意義に過ごしたいです。

IMGP2103.JPG


相変わらず、朝は練習艇のSWIFTで漕いでいます。
もうSWIFTのバランスに慣れちゃって、体を使うことに集中できるようになってきた。
一パドルごとにチェックしながら漕いでいます。
オンラインアカデミーでは下半身の力をパドルに伝えるテクニックを習っているのだけど、少しできるようになったかもしれない。
尾野藤先生による講義と質疑応答、自分の漕ぎ動画て改善点を指摘してもらったりしています。

s-2021-09-16 081901.jpg

筋力トレーニングはしていないので、艇速は相変わらず低速ですが疲れ方が改善されてきたようで。
これで筋力トレーニングもやれば艇速が上がるかもしれないけど、健康維持の朝の運動なのでそこまではやりません。
これからも朝の運動の範囲でトレーニングを続けていきたいと思います。

posted by エイ at 08:51 | Comment(0) | TrackBack(0) | 健康と早朝カヌー

2021年09月11日(Sat)

三色パン

中のあんこが小倉、白あん、ウグイスの三色になっているアンパン。
あんこ、チョコクリーム、クリームの三色の方がポピュラーか?
最近食べてないけど、けっこう好きでした。

今日は柴垣海岸で転がる練習。
再乗艇の感覚を確認したくてやってきました。
駐車場はありませんが、砂浜の砂地が硬く波打ち際に車を止めることができます。

20210911_1.jpg

しかし今日のメインは自分ではなく、サーフスキーを始めた仲間です。
手に入れたのはかなり上級者向けのサーフスキーみたいだ。
もう一人はSUPで参加。

シーカヤック、サーフスキー、SUP、それぞれ違う道具で集まった。

20210911_2.jpg

SUPはトリッキーな動きもして面白い乗り物だ。
初めてSUPに乗ってみました。
油断するとコケる。
体の前後移動が難しい。

20210911_3.jpg

サーフスキーも乗ってみた。
カーボノロジー・バルト、かなり細いです。
乗れるけど再乗艇は練習しないと、かなり難しいサーフスキーだ。
といってもサーフスキーに乗ったのは2回目ですけどね。
以前、イノウスタジオのホーネットRXに試乗したことがある。
ホーネットRXの方がバルトより少し安定がよく、再乗艇し易かった。

20210911_4.jpg

風は少し吹いていたので沖に出ると久しぶりにデッキを洗う波に遭遇、今年初めてです。

20210911_5.jpg

やはりシーカヤックはいい、波とお友達になれるみたいで。
こんな波の中で漂っているのもシーカヤックの得意とする分野でもあるし。
やはり三色パンよりは、ストレートな小倉アンパンかな?

posted by エイ at 20:06 | Comment(2) | TrackBack(0) | シーカヤック